専用チーム

ソフトウェア開発信頼できるパートナー

我々Newwave Solutions株式会社がVINASAのブロックチェーン分野におけるICT会社のトップ10顕彰を受賞しました。詳しい情報は最新ニュースをスクロールダウンして確認しましょう。

icon-portfolio Newwave Solutions
プロフィールをダウンロードする

弊社について

私たちは実績のあるITスペシャリスト集団です

豊富な経験とソフトウェア開発への責任感、そして情熱を組み合わせて、ソフトウェアを提供するだけでなく、パートナーの組織にポジティブな影響を残せるよう努めています。

もっと見る
Newwave Solutions is One of The Top 10 Software Development Companies in Vietnam
10+
年の実績
800+
件のプロジェクト成功
500+
社のお客様
300+
名のプロフェッショナルなチーム

サービス

最高のITソリューションを提供します

ITを常にスムーズに動かし続けるIT企業やMSPは、まさに水道管を修理する配管工のようなものです。 多くのIT企業は、自社とITの結びつきを途絶えさせないよう苦労しています。 私たちはこの業界の基準を引き上げ、サイバーセキュリティをけん引していきます。

ソフトウエア開発

もっと見る
お客様のビジネス構築を、ソフトウエア開発でサポートいたします。業界特有の知識で、計画・構築・拡大なえど、我々の技術でビジネスの重要な局面を改善します。

モバイルアプリ開発

もっと見る
アプリ開発にあたり、日々進化する技術開発環境の中から、Flutter、React Native、XamarinやNative iOS、Androidなど最適な開発環境を検討いたします。
At Newwave Solutions, we have 10+ years of experience providing infinite possibilities of Mobile app development services

ソフトウェア保守

もっと見る
御社のプログラムは時代遅れではないですか?古いものを継ぎはぎして使うより、新しく時代に合ったシステム開発をしましょう。

ゲーム開発

もっと見る
我々はE2Eゲーム開発のゲームデザインにおいてとても独創的な技術を持っています。我々と一緒にユーザーの要望をかなえるゲームを開発しましょう。

UI/UXデザイン

もっと見る
10年間UI/UXデザインに携わる中で、我々のUI/UXデザインチームは、プロトタイプや計画から、ピクセル単位で完璧なUIに至るまで、流行のUIはもちろん、多彩なUXを提供いたします。
Newwave Solutions' inventive group of UI/UX designers offers trending and versatile designs
我々はブランドとして品質には非常にこだわっています。我々のプログラム品質保証とテスト管理において、お客様をリスクからお守りします。必要最低限の調査や文章化はもちろん、QAの自動化・実行まで幅広く対応いたします。

新興技術

もっと見る
デジタル技術の進化を発見し続けるため実験開発(R&D)に投資を行います。

弊社を選ぶ理由

幅広い分野に貢献しています
Newwave Solutions Commits to On-Time Delivery

期限厳守

• すべての期限を厳守するためリソース管理を徹底します。
• 製品やシステムをすぐに利用できるターンキーサービス(設計、開発、QA、モバイル、Webアプリ、さらにはエンタープライズ製品)すべてに対応致します。

Newwave Solutions Commits to On-Time Delivery

期限厳守

• すべての期限を厳守するためリソース管理を徹底します。
• 製品やシステムをすぐに利用できるターンキーサービス(設計、開発、QA、モバイル、Webアプリ、さらにはエンタープライズ製品)すべてに対応致します。

Newwave Solutions Has Certified Resources with Experienced Team Leaders and Developers

認定リソース

• チームリーダーはすべて5年以上の経験有
• 70%以上の開発者が2年以上の経験有

Newwave Solutions Has Certified Resources with Experienced Team Leaders and Developers

認定リソース

• チームリーダーはすべて5年以上の経験有
• 70%以上の開発者が2年以上の経験有

Newwave Solutions offers Cost-effective Solutions (Only from 15 USD/hour)

費用対効果の高いソリューション

時給あたり2,500円~

時給あたり2,500円~

Newwave Solutions offers Cost-effective Solutions (Only from 15 USD/hour)

費用対効果の高いソリューション

時給あたり2,500円~

Newwave Solutions ensures flexibility in time zone with at least 4 hours of overlapping times

タイムゾーンに柔軟にご対応

• 最低2時間御社の国と営業時間を合わせます。
• 日本や香港などの海外パートナーと事業を行った経験。

Newwave Solutions ensures flexibility in time zone with at least 4 hours of overlapping times

タイムゾーンに柔軟にご対応

• 最低2時間御社の国と営業時間を合わせます。
• 日本や香港などの海外パートナーと事業を行った経験。

Newwave Solutions ensures confidentiality & security with legal contracts

機密性とセキュリティ

ISMS- ISO27001:2013認定ビジネスの機密性に関するセキュリティ基準

Newwave Solutions ensures confidentiality & security with legal contracts

機密性とセキュリティ

ISMS- ISO27001:2013認定ビジネスの機密性に関するセキュリティ基準

Newwave Solutions uses various types of online communication tools to ensure smooth communication

スムーズなコミュニケーション

• Email, Skype, Zoomなど様々なオンラインコミュニケーションプラットフォーム、Slack, Jiraなどのプロジェクトマネージメントツールを使用します。
• 日報や週報、リクエストベースで対応いたします。

Newwave Solutions uses various types of online communication tools to ensure smooth communication

スムーズなコミュニケーション

• Email, Skype, Zoomなど様々なオンラインコミュニケーションプラットフォーム、Slack, Jiraなどのプロジェクトマネージメントツールを使用します。
• 日報や週報、リクエストベースで対応いたします。

If you are looking for IT Solutions, please contact Newwave Solutions for more details and information on our services

ベストなITソリューションをお探しですか?

働き方

弊社では、組織的かつ効率的な方法で説得力のあるプログラムの改善法を構築するために、非常に高い改善技術を利用しています。

請負型 ラボ型
要件 定義済み セットしない
柔軟性 少ない 高い
顧客コントロール 少ない 十分
時間単価 メールでのお問合せ メールでのお問合せ
VIEW More VIEW MORE VIEW MORE

お客様の声

お客様の声をご参考にしてください

国内外の多数のお客様と協力できていることをとてもうれしく思います。 お客様のおかげで、私たちもプロとして成長することができました。

ニュース

最新ニュース
Newwave Solutions Brings Innovative IT Solutions to Japan's Largest IT Trade Show This Autumn 2022
September 20, 2022

Newwave Solutionsは2022年度下半期最大のJapan IT Week 【秋】に革新的なITソリューションをもたらす

ソフトウェア開発会社であるNewwave Solutionsは、2022年10月26日(水)から28日(金)まで幕張メッセで開催される「Japan IT Week【秋】」に出展します。 今回のJapan IT Week【秋】では、Newwave Solutionsは当社の最新の革新的なITソリューション(ソフトウェア開発、モバイル開発、ブロックチェーン開発など)を日本へ紹介する機会を得ることができます。 Japan IT Week 【秋】ー日本の下半期最大のIT展示会ー 2022年度Japan IT Week 秋 – 日本の下半期最大のIT展示会は、日本で最も人気のあるIT専門展です。ソフトウェアやアプリの開発・保守・運用のための製品・技術が一堂に出展する場所です。今年は10月26日から28日まで、幕張メッセで「2022 Japan IT Week 秋」が開催されます。 Japan IT Week 秋は、単なる広報イベントではなく、商談や集客のための展示会です。出展者数950社、来場者数55,000人を予定しています。今回の秋の展示会は、世界中で協力関係を築くための優れた販売プラットフォームと見なされています。 このイベントでは、Newwave Solutionsのようなオフショア開発会社は、幅広い潜在顧客に自社の優れたITソリューションや製品を紹介する絶好の機会となります。同時に、来場者は興味のある分野の良い製品・ITサービスに関する最新情報を得ることができます。「2022 Japan IT Week 秋」は、小規模なスタートアップから大企業まで、すべての企業に新たなコラボレーションの機会を提供します。 以下は展示会の概要です。 展示会名:Japan IT Week 秋 ソフトウェア&アプリ開発 展 会期:2022年10月26日(水)~28日(金) 会場:幕張メッセ 時間:10:00~18:00(最終日のみ17:00終了) 会社名:NEWWAVE SOLUTIONS JAPAN株式会社 展示会HP:https://www.japan-it-autumn.jp 「2022 Japan IT Week 秋」でNewwave Solutionsに期待すること 日本におけるデジタルサービスに対する需要は年々高まっています。一方で、多くの企業が社内の人材や予算不足により、デジタルトランスフォーメーションソリューションの導入に困難を感じています。 このような背景から、ソフトウェア開発会社としてNewwave Solutionsは日本のお客様に様々なITソリューションやソフトウェア開発を最良価格で提供させていただいております。オフショア開発のリーディングカンパニーとして、Newwave […]

View more
September 10, 2022

Newwave Solutionsが「2022年のベトナムICT企業トップ10」に選出されました!

2022年、ベトナムのICT企業トップ10賞は、IT業界の21分野で最も多くの推薦を受け、100社以上の優秀な企業を表彰しました。Newwave Solutionsも2022年のICT企業賞のベトナムICT企業トップ10として表彰されました。このベトナムのICT企業トップ10賞を受賞するための当社の過程についてご紹介します。 2022年ベトナムのICT企業トップ10とは ? ベトナムのICT(情報通信技術)企業トップ10は、ベトナムのトップのソフトウェア開発アウトソーシング企業を評価・認定するVINASAの貴重な賞です。2014年からベトナムソフトウェア・ITサービス協会(VINASA)が毎年開催しているこの賞は、ICT企業トップ10に入ったすべての受賞企業に対して、注目すべき認めとなるものです。この賞は、世界中のクライアントに優れたIT・ソフトウェア開発およびサービスを提供する能力を証明するものです。 今年は多くの新カテゴリーが登場し、Newwave SolutionsはブロックチェーンサービスにおいてベトナムのICT企業トップ10に選出されたことを誇りに思っています。 ベトナムにおけるブロックチェーン企業トップ10としての称号を得るために、当社の業績は、以下の7つの主要な基準で評価されました。       ファイナンス       人的資源       製品       技術力       管理能力       実績       業界固有の追加評価基準 組織委員会と 40 人以上のIT専門家によるすべての評価とテストに合格した後、Newwave Solutions は優れた業績により、ベトナムのトップ 10 の主要な IT サービスおよびオフショア開発企業のリストに見事にランクインされました。 2022年ベトナムICT企業トップ10に表彰されたことは、当社の足跡を強化し、世界のソフトウェア開発市場への影響を拡大する動機付けとなります。この新しい成果のおかげで、Newwave Solutionsはベトナムのソフトウェア開発企業トップ1を目指すことに自信を持っています。 Newwave Solutionsについて Newwave Solutionsでは、常にお客様のB2Bバリューチェーンにさらなる価値を提供することを心がけています。私たちは、お客様のビジネスのデジタルトランスフォーメーションに最適な技術対策を提供するため、常に方法やサービスを改善・向上させています。 私たちは、お客様が課題を克服して、より大きな価値を生み出せるように、お客様のビジネスの課題を解決するスマートなソフトウェア開発とITソリューションを提供します。ICT企業トップ10に選ばれた当社のチームは、長年の経験と情熱をもって、複雑なITプロジェクトをグローバルに展開しています。ベトナムに数百人のIT専門家と開発者を擁している当社は、あらゆるテクノロジー分野とBPSにおいて、大企業にも対応できる幅広い知識と能力を有しています。 最近、ブロックチェーンサービス、IoT&AIなどの新興技術向けの新しいソフトウェアソリューションとサービスを次々と登場させ、Newwave SolutionsはVinID、Microsoft、T-Skyなどの大企業から多くの好評を博しています。UI/UXデザインからモバイルアプリ開発まで、最高レベルのソフトウェア開発ソリューションとメンテナンスを提供しています。 選ばれる理由 […]

View more
August 25, 2022

オフショア開発とは?概要から注意点まで

オフショア開発は、コスト削減や効率化のために広く知られた手法です。このブログでは、具体的にオフショア開発がどのようにしてコスト削減や効率化を実現するのか、オフショア開発の定義など、オフショア開発について知っておくべきことをご紹介します。また、オフショア開発プロジェクトを成功に導くために注意すべきことについても解説します。 これを読めば、自社のビジネス課題を解決するために、オフショア開発は最適な選択肢なのかどうかを判断できるようになるでしょう。 1. オフショア開発とは オフショア開発とは、システム開発などの業務を海外企業、または海外の現地法人などに委託することです。 オフショア開発はもともと、日本企業、または日本に拠点を持つ外資系企業などの大手企業が委託元である場合が多かったですが、近年では、中小企業が委託元となるオフショア開発も増えています。 オフショア開発が増加している背景として、グローバル化やデジタル化によって日本でIT技術者が不足していることや人件費の高騰があります。 また、従来の海外進出は大規模な投資が必要で、大企業でなければ難しいという一面がありましたが、インターネットが発展したことによって障壁が低くなり、中小企業でもグローバル展開が現実的になり、多様な人材を確保する目的でもオフショア開発が注目されています。   2. オフショア開発のメリット・デメリット Daito – Newwave Solutionsが開発したアパート検索アプリ オフショア開発を検討する際は、費用削減などのメリットだけでなく、デメリットもおさえておく必要があります。 ●メリット ①コスト削減ができる オフショア開発の委託先国は、国内に比べて人件費が低いです。高い技術を持つIT人材を確保しても、コスト削減が見込めます。   ②IT人材不足を解消できる 「国内のIT人材不足が深刻化している」で解説したとおり、国内ではIT人材不足が深刻化しています。 IT人材の採用活動が難航する、IT人材の人件費が高騰するということが起きており、国内で新たな人材を確保するのが難しい状態です。 オフショア開発を利用すれば委託先国の優秀な人材と一緒に開発ができ、IT人材不足を解消できます。   ③海外に自社専属の開発チームを作れる 「オフショア開発2つの契約方法」で解説しましたが、ラボ契約では設定期間内は指定数のエンジニアを確保でき専属のチームが作れます。 海外に開発拠点を持つ足掛かりにでき、双方の同意さえあれば優秀な外国人エンジニアを自社の現地スタッフとして移籍させることも可能です。   ④業務の幅が広がる オフショア開発ではwebシステムやサービス開発、スマートフォンアプリ開発だけでなく、基盤系システムの開発やwebシステム業務などさまざまな案件の委託ができます。 自社のエンジニアでは対応できない領域でも、オフショア開発を活用すれば多彩な案件に対応でき業務の幅が広がります。   ⑤納期の短縮につながる オフショア開発を活用して優秀なIT人材を増やせば、一つの案件にかかる時間を短縮できます。その結果、受けられる案件の量が増やせて効率よく収益をあげられるようになります。 このようにオフショア開発を活用すると、IT業界が抱えている人材不足やコスト高騰が解消できます。 オフショア開発のメリットについてより詳しく知りたい場合は、下記の記事もご参考にしてみてください。 ●デメリット 一方で、オフショア開発にはデメリットもあります。オフショア開発は会話によるコミュニケーションが取りづらいことや、仕様書の翻訳や情報共有などに多くの手間がかかるデメリットがあります。また、考え方やビジネスマナーの違いなど、価値観や文化、仕事に対する姿勢なども違うため、様々なトラブルが発生したりするデメリットもあります。   3. オフショア開発でおすすめのシステム開発会社5社 技術的な要求が高まる中、あらゆるプロセスを指導し、最適なソリューションを提供してくれる信頼できる会社を選ぶことが肝要です。そこで、ベトナムのオフショア開発会社の中から、おすすめの会社をご紹介します。 ● Newwave Solutions(ニューウェーブ ソリューション)   開発拠点国 ベトナム 日本オフィス 〒113-0034 東京都文京区湯島1丁目11-8 対応領域  ソフトウェア開発サービス、ウェブサイト開発、ブロックチェーン、モバイルアプリ開発、UI/UXデザイン、QAテスト、ゲームデザイン […]

View more
August 24, 2022

モバイルアプリ開発とは?

統計によると、2016年から2020年にかけて、世界中のモバイルアプリの年間ダウンロード数は146億8000万から218億に増加しました。これからの現代社会の傾向を見る限り、モバイルアプリ事業はこれからも成長を続け、ビジネスにおけるコア事業となるでしょう。この記事では、モバイルアプリ開発の概要を説明します。ぜひモバイル市場の傾向をつかむ為の参考にされて下さい。 1. モバイルアプリ開発とは? モバイルアプリ開発とはスマートフォンやデジタルアシスタント(AI)用のソフトウェアの作成、最も一般的なのはAndroidやiOS向けのものです。ソフトウェアはデバイスにプリインストール、もしくはモバイルアプリストアからダウンロード、またはWebブラウザーからアクセスすることが出来ます。 米調査会社アップ・アニーの調査によると、2019年の全世界のモバイルアプリ市場は、ユーザーによる消費支出額と広告額との合計額が3,100億ドル(34兆円)に達したことが明らかになっています。 総務省による検証報告によれば、消費支出額の7割強を占め成熟段階を迎えているモバイルゲーム市場では、ダウンロード数の伸びこそ鈍化しているものの、課金など収益性に力点を置いたビジネスモデルへのシフトが進んでいることが分かります。ユーザーにとって利用価値の高いアプリは頻繁に使われるため、結果としてアプリ内の広告収益が増加し、さらにはアプリ内決済などの収益をも押し上げていくことになるのです。 また、現在は通信の高速化によって、株などの金融取引やエンタメ系の動画配信サービスに対する需要の伸びが著しくなっています。コンテンツの多様化傾向も目立つことから、モバイルアプリ市場は今後、収益性重視への質的転換を図りつつ、引き続き拡大していくことは間違いないでしょう。 2. モバイルアプリの開発方法 適切なアプリの開発方法は、アプリの性質や掛けられるコストによっても変わってきますので、事前に開発方針を立てておくことが大切です。ここでは、モバイルアプリの開発方法について解説します。 自社開発 自社でのアプリ開発の手段としては、ゼロから作っていくスクラッチとアプリ開発ツールの活用との2種類が考えられます。どのようなやり方なのかをメリット・デメリットと合わせて見ていきましょう。   「スクラッチ」では、既存のテンプレートなどは用いずにゼロからアプリを作り上げていきます。 スクラッチ方式を採るメリットは、自由度が高いということです。自社のマーケティング戦略を踏まえた入念な設計を経たうえで、必要と思われる機能を技術や予算が許す範囲内で、アプリ内に存分に反映させることが可能です。 特に、デザインの質の向上を目指したり、独自機能の設定によって競合他社との差別化を図ったりといった、ブランディングを追求したい時にふさわしいやり方です。 さらに、設計完了後に修正する必要が出た時にも、自社で手掛けていれば素早いい対応が期待できます。 一方、デメリットもあります。自由度の高さは、オリジナリティやクオリティの追求を目指すほど開発工数が多くなり、リサーチや開発作業に要する時間とコストの増大を招くでしょう。 また、そもそもアプリを独自に開発していけるだけの社内人材を確保できているのか、という問題もあります。スクラッチ開発にかかる工程は長丁場になります。計画・設計から実装・開発に至るフローを踏まえたスケジュール作成と、必要な人員や工数の割り出しには高度なプロジェクト管理スキルが必要です。そのため、すべてを滞りなくこなせる人材は希少と言っても過言ではありません。   アプリ開発ツールの活用 アプリ開発ツールは、テンプレートを基に機能を組み合わせながら開発していく方法です。 メリットは、クロスプラットフォーム機能や異なるアプリストアへの登録申請が簡単にできることにより、工期短縮とコスト削減の同時達成を目指すことができる点です。また、アプリが完成した後も、セキュリティパッチの配布やバージョンアップなどのアップデートを自前で行う必要はなく、開発ツール上での対応で事足りる点も魅力です。 こうした多くのメリットを持つ一方で、あらかじめ用意されているテンプレートを使うため、スクラッチと比較すると自由度の点で劣ることは否めません。他社との差別化を図ることはあまり期待できないので、独自性をそれほど求めないアプリの開発にふさわしいやり方です。   アプリ開発会社に外注 アプリ開発を自社で手掛けるのではなく、アプリ開発会社に外注する方法もあります。 外注すれば、スクラッチ同様の自由度の高い開発を、専門スキルを備えたアプリ開発のプロに任せることができます。開発会社により得意分野が異なるため、選定にあたっては充分な吟味が求められますが、うまく活用できれば完成度の高いアプリを短期間で開発することも期待できるでしょう。 ただし、プロに依頼する分コストは高くなります。また、外注であっても進捗管理といった外注管理のノウハウは求められます。 さらに、アプリ完成後のメンテナンスなど、サポート対応の確認や依頼などにも事前の入念な段取りが必要です。 アプリ開発の外注を検討されている方は、まずは次の記事でアプリ開発の流れをご確認ください。 3. モバイルアプリ開発 フレームワーク のおすすめ5選 モバイルアプリ開発のフレームワークは開発者がモバイルアプリを構築するのを支援するために作成されたアプリケーションです。何よりもモバイルアプリ開発のサポート、プロセスの改善、コストを削減するための基盤となる構造になっています。 3.1 React Native React NativeはFacebookに構築され、Javascriptベースのオープンソースです。React Nativeは クロスプラットフォーム アプリ 、つまり iOS Android両方のプラットフォーム に対応する アプリ 開発 に使用されます。約6年前に構築され、React Nativeは現在最も大きなサポートコミュニティがあるフレームワークの一つです。React Nativeで構築されたアプリは Skype、Instagram、Facebook、Airbnb、Amazon Prime […]

View more
August 10, 2022

システム開発とは? | ニューウェーブ ソリューション

システム開発の工程(流れ)や手法、費用を知りたい担当者もいるのではないでしょうか。今回は、業務を効率化を実現する「システム開発」のプロセスや開発事例、外注する場合に知っておきたいメリット・デメリットや選び方をご紹介します。 1. システム開発とは  システム開発とは、家電製品や通信機器などの電子機器を制御するための、さまざまなシステム開発を構築したり、各種企業の業務の仕組みをシステム化することです。 どの企業にも、「新しい事業に参画したい」「既存の業務を効率化してコストを削減したい」といった、ビジネス上の目標や課題があります。そうした課題を解決する「仕組み」を、コンピューターシステムを使って実現すること、それが「システム開発」です。 ウェブサイトやプログラムは、ビジネス上の課題を解決する「道具」にすぎません。ビジネスの課題を的確に抽出し、最適な「道具」を最小限のコストで作ること、それが「システム開発」です。 システム開発を担当する職種には、上流と呼ばれる概要設計・要件定義・基本設計を担当する「システムエンジニア」とそれ以降の詳細設計・プログラミング・テスト・導入支援などを担当する「プログラマー」の2種類があります。 2. システム開発の手法を5つ紹介 コストおよび開発期間の制約や、システムの規模によって開発手法も異なります。さらには、開発を依頼する側の習熟度や経験などによっても、最適な開発手法は違ってきます。 そのため、依頼する側でもシステムの開発手法にはどんなものがあるのか、一通りは理解しておく必要があります。ここで主なシステム開発の手法をご紹介します。ご自身のシステム開発にはどの開発手法をとればよいのか、これを参考にしてください。以下では、それぞれの開発手法について、簡単にご説明します。 手法1:ウォーターフォール 「ウォーターフォール」(waterfall、滝)は、上流の「要件定義」工程から下流の「テスト」工程まで、滝の上から水が落ちていくかのごとく、順序に従って工程を進めていく開発手法です。 以前から採用されていた開発手法で、各工程で進捗管理をしっかり行いながら進んでいくため、スケジュール管理やコスト管理がやりやすく、比較的大規模なシステムでも効率的に開発を進められます。 反面、開発途中での仕様変更には弱いというデメリットがあります。 システムの仕様を上流工程で決定してしまうため、途中の開発工程やテスト工程で、仕様を変更することが難しくなります。 運用部門へのヒアリングや、ビジネス目標の設定をしっかり行えるリソースが自社にある場合に適した開発手法です。 手法2:アジャイル 「アジャイル」(agile)とは、「すばやい」、「機敏な」という意味です。 ウォーターフォールでは、すべての仕様を設計してから開発にとりかかりますが、アジャイルでは最初にすべての仕様を決めず、大体の方向性だけを決めて開発を進めます。 またシステム全体を、機能ごとに幾つかの単位に分割して開発します。このため、仕様変更や不具合など、不測の事態にも素早く対応でき、全体への影響も少なく抑えることができます。 また、開発途中で現場のユーザーとコミュニケーションを取りながら進められるので、現場にとって「使える」システムを開発できます。 途中で仕様変更が発生することが想定されるプロジェクトに有効な開発手法です。 ただし、開発途中でシステムの方向性がずれるというリスクがあります。また、全体を幾つかに分割して開発を進めるので、全体の把握やスケジュールの管理が難しいというデメリットがあります。 ウェブサービスやアプリ開発など、ユーザーニーズへの柔軟な対応が求められるプロジェクトに適しています。 手法3:スパイラルモデル 「スパイラル」とは、「spiral」つまり「螺旋」からきています。アジャイルと同じく、システムを幾つかの単位に分けて開発を進めます。 それぞれの単位で要件定義、設計、開発、テスト、そして評価というサイクルを繰り返すことで、システム全体の完成度を螺旋のように上げていくところから、「スパイラル」と呼ばれます。 開発途中での仕様変更にも柔軟に対応できるというメリットは、アジャイルと同様です。 ウォーターフォールのように、各工程の計画性を重視して開発を進めていくので、品質重視の、ある程度大規模なプロジェクトに適しています。 手法4:プロトタイピング 「プロトタイピング」(Prototyping)とは、システム開発の早い段階で、プロトタイプ、つまり試作品を作成する開発手法です。 プロトタイプをシステムのユーザーと一緒にレビューしますので、早いうちに認識のズレが解消できます。 また、ユーザーの生の声を聞けることで、よりよいユーザー体験を実現できます。 ただ、プロトタイプを作成するコストと期間が必要になりますので、それがデメリットになる場合もあるでしょう。 新規事業や新製品開発など、ユーザー体験を重視するプロジェクトに向いています。 手法5:DevOps 「DevOps」は、「デブオプス」と読みます。開発担当者と運用者が連携して開発をする手法です。 「Dev」は「Development」、つまり開発チームを指し、「Ops」は「Operations」、「運用チーム」を指しています。比較的、最近登場した新しい開発手法です。 テストを終えたシステムを開発チームがリリースした後、システムの運用、保守など、システムの面倒をみるのが運用チームです。 開発チームと運用チームの役割は違いますが、システムを通じてビジネスの価値を高めるという目標は同じです。 そのため、DevOpsでは、システム開発の段階から開発チームと運用チームが協力し、緊密に連携していきます。これにより、リリースまでの期間短縮やユーザー満足度の向上、品質の向上など、さまざまなメリットが得られます。 もっと読む: Newwave Solutionsからのプログラミング言語とフレームワークの完全ガイド 3. システム開発に必要なコストとメンバー  システム開発にかかるコストについて、仮にソフトウェアの場合は、大部分が人件費です。システム開発の見積では、人件費は「人月」という単位で計算されます。 「人月」とは、1人のスタッフが1か月稼働する場合の工数です。例えば「10人月」ならば、1人が10か月か、10人が1か月稼働するという意味です。 当然この「人月」も、スタッフの役割やスキルによって、単価が異なります。そのためシステム開発のコストを把握するには、どのようなスタッフがプロジェクトに関わるのかを理解しておく必要があります。 システム開発には、主に次のようなスタッフが関わってきます。 プロジェクトマネージャー システムエンジニア プログラマー 4. […]

View more
August 2, 2022

ブロックチェーン技術:ブロックチェーンアプリは何に使われるのか?

ブロックチェーンは、トランザクション記録や資産追跡のプロセスを容易にする不変の共有台帳です。簡単に言うと、ブロックチェーンは記録の名称です。どんなトランザクションも公開で登録・確認されるため、ブロックチェーンアプリは十分な説明責任を果たすことができます。入力されると、誰もそこに書かれた情報を編集することはできません。ブロックチェーンアプリケーションでは、データは通常の中央データベースではなく、ネットワーク上で管理されるため、安定性が向上し、ハッキングされにくいという特徴が見られます。この記事では、ゲームなどのような一般的な分野から、バンキングのような新しい分野まで、様々な分野でのブロックチェーンアプリを紹介します。 1.バンキング 銀行業務において、ブロックチェーンアプリは、今日の銀行業界の仕組みを一新し、より透明で効率的、安全かつ費用対効果の高いものにする大きな可能性を持っています。ブロックチェーン技術は、明確な監査証跡を提供するため、不正を排除するのにも役立ちます。また、この技術には複数の冗長性もあるため、一度このネットワークにアップロードされた情報を変更することはほぼ不可能です。 その上、記録や照合といった会計におけるヒューマンエラーは、不正の主な原因の1つです。しかし、ブロックチェーンアプリには、変更できないトランザクションを自動記録する方法があるので、もう心配する必要はありません。これを利用することで、多くの手動プロセスが廃止され、ヒューマンエラーが減少し、効率が向上し、サイバー脅威の影響を軽減することができます。 最後になりましたが、融資は銀行業務に不可欠な要素です。企業にとっても小売業者にとっても、流動性、つまり必要な現金の支払能力を維持することは不可欠です。ブロックチェーンアプリを使えば、取引の即時決済が可能になるため、決済プロセスが徐々に容易になります。これは、二重支出や債務不履行などの問題を回避するのに役立ちます。 2.クリプト 前述の通り、ブロックチェーン技術はコンピュータネットワークのノード間で共有される分散型データベース又は台帳です。したがって、情報をデジタル形式で電子的に保存することができるのです。このため、ブロックチェーンアプリは暗号通貨システムでの役割が最もよく知られています。また、クリプトにおけるブロックチェーンアプリは、取引の安全かつ分散化された記録を維持する際に重宝されることでしょう。このすべてが忠実性とセキュリティデータを保証し、同時に第三者を必要としない高い信頼性を発展させます。 3. ヘルスケア オープンで安全性の高い機能のおかげで、ブロックチェーンアプリは様々な方法で医療業界に適用することができます。コスト削減から、患者が医療にアクセスする新しい方法の創出まで、この技術は、患者の機密データを安全に共有及びアクセスできないことで大きな被害を受けてきた医療業界の救世主となります。 ブロックチェーンアプリは、真の相互運用性のために最高のセキュリティ標準のみを維持しながら、カスタマイズ可能なオープン性を促進します。これにより、医療情報システムは、組織の境界内および境界を越えて連携し、すべての人のための効果的な医療の提供を促進することができるようになります。 ヘルスケアに関わる契約交渉がいかに複雑であるか、議論だけでなく、いかに時間がかかり、面倒なものであるかは、誰もが知っていることです。このブロックチェーンアプリは、このプロセスを簡略化する新しいシステムを構築することで、ユーザーが効率的で完全に安全な革新的な契約取り決めに参加できるようにします。 4. 教育 教育は新しい分野でのブロックチェーンアプリ活用の好例です。教育におけるブロックチェーン技術の利用はまだ初期段階にあり、この技術を採用している機関はほんの一握りに過ぎません。しかし、その可能性は、私たちにとって注目し、投資する価値があります。記録管理の面では、学修歴証明書の確認は多くの紙の書類とケースバイケースのチェックに時間がかかることがあります。 ブロックチェーンの活用は、このプロセスに関連するオーバーヘッドの多くを排除し、検証手順を合理化して、学校や州間の転校などに関して、教育者や管理者の時間を節約することができます。ブロックチェーンアプリを使用すれば、転校生を受け入れる教育機関は、数回の簡単なクリックで転校生の記録と履修したコースを確認することができます。同じ概念が、学校の雇用主との記録共有にも適用されます。 その上、ブロックチェーン技術は学生に記録の所有権を与え、学問的アイデンティティを管理することを可能にします。また、デジタル卒業証書にブロックチェーンを使用することで、雇用主にとっても雇用プロセスが容易になります。それに加えて、採用候補者の卒業証書の紙コピーの証明を発行機関に依頼する代わりに、雇用主はデジタル版へのリンクだけで済むのです。ブロックチェーンアプリに記録を保存することでセキュリティが強化されるため、応募者が学修歴証明書を偽造することが難しくなり、採用されたばかりの人が職場で成功するために必要な知識とスキルを持っていることを保証します。 5.スマートコントラクト 情報化時代において、スマートコントラクトにおけるブロックチェーン技術の活用は、あらゆるビジネストランザクションに新たな王道であると思われます。スマートコントラクトは、ブロックチェーンアプリに格納された単なるプログラムです。何よりも、スマートコントラクトは、買い手と売り手の間の契約条件が直接コード行に書き込まれ、自己実行されます。また、中央当局や法制度、外部の執行機関の許可を得ることなく、異なるまたは匿名の当事者間で信頼できるトランザクションや契約を行うことができます。 6.ロジスティクス 電子CMRとは、国際輸送を担当する物流業者に対して船会社が発行する電子文書です。受取事業者は、配送完了の証としてCMRにサインをします。ドライバーは、車載コンピューターや別売りのタブレット端末、スマートフォンなどで文書を簡単に持ち運ぶことができます。 紙ベースと電子版の最も重要な違いは、署名のプロセスです。CMRは手書きで署名するのに対し、e-CMRはPINやQRコードで署名するため、ビジネスパーソンは手書きで署名することになります。e-CMRではデータの安全性が向上し、アカウンタビリティが完全に透明化されます。 その上、ブロックチェーン技術を採用することで、メーカーが製品の最新情報を同時に把握することができます。このブロックチェーンアプリは、製品の追跡、トレーサビリティ、安全性が最適なレベルにあることを保証します。それゆえ、メーカーは製品の品質を保証できるようになり、お金の節約と説明責任を果たすこともできるようになります。 7.サプライチェーン 現代、サプライチェーンは、メーカー、サプライヤー、物流業者、小売業者などが連携して、世界中の消費者に製品を届けるグローバルなネットワークとなっています。現在のサプライチェーンは拡大を続ける一方で、より複雑で異質なものになりつつあります。一般的に、従来のサプライチェーンでは紙ベースのバラバラのデータシステムを使用しているため、情報のサイロ化に繋がり、製品の追跡には時間がかかります。トレーサビリティと透明性の欠如は、遅延、エラー、コスト増につながる業界全体の課題となっています。 新しいブロックチェーンアプリにより、サプライチェーン企業は生産の更新を単一の共有台帳に記録し、完全なデータの可視性と単一の真実のソースを提供することができます。トランザクションは常にタイムスタンプが押され、最新の状態になっているため、企業はいつでも製品の状態や場所を照会することができます。これにより、偽造品、コンプライアンス違反、遅延、廃棄物などの問題に対処することができます。 さらに、ブロックチェーンアプリとInternet of Thingsのようなスマートテクノロジーを組み合わせることで、サプライチェーンは生産、輸送、品質管理の状況の追跡を自動化することができます。また、企業は、製品の真正性や倫理的なサプライチェーンの実践を確認する方法として、追跡データを顧客と共有するように選択できます。 8.ゲーム ブロックチェーンゲームは、クリプトスペースの中で最新かつ最も人気のある流行になりつつあります。ゲームの世界に革命を起こし、プレイヤーがゲームに対してより多くコントロールできたり、プレイを通じてお金を稼ぐことができたりするなど、多くの新しい機会を提供するため、GameFiの参加者は急速に増加しています。 実際、ブロックチェーンとNFTのゲームは、従来のゲームにない様々な新しい機会を提供するので、ユーザーにとって魅力的なものとなっています。「Play-to-earn」ゲームなどの革命的な新しいコンセプトや、プレイヤーにより多くのコントロールを与えることで、クリプト愛好家やゲーマーにとって魅力的となっています。つまり、従来のゲームとは異なり、プレイヤーがゲームを通じて購入または獲得した資産は、他の誰にも削除されたり奪われたりすることはないのです。ゲームにおけるブロックチェーンアプリでは、一度資産を所有すると、それを奪うことはできません。基本的に、プレイヤーはお金を払って歴史的なゲームの記念品を所有することができます。 NFTの形で誰かがアセットを手にすると、それはその人のものとなり、デジタルウォレットに保管したり、他のゲームで使用したり、売却・取引したりすることが可能です。つまり、NFTアセットはゲームの寿命を超えても存在し、需要がある限り価値を維持することができるものです。 9.投票 数百年前まで、政府が部門別に分かれておらず、数人の著名な顔ぶれによってすべてが一元管理されていたため、投票は非常に簡単なものでした。しかし、多くの場合、投票システム、特に端末は、膨大な規制文に準拠することが求められ、非常に不器用なプロセスになっているのです。進行中のドラマである2020年のアメリカ合衆国大統領選挙で、組織的な有権者の不正行為があったと主張されたのをおそらく覚えているでしょう。 ブロックチェーンアプリだと、中央集権が必要ないで分散型台帳、分散型データベース、復元力のあるデータベースを提供でき、不変で監査可能であるため、このような事態は起きなかったでしょう。さらに、ネットワークから51%のコンセンサスを得た後でないとトランザクションが成功しないので、ブロックチェーンをハッキングすることはほぼ不可能である。したがって、ブロックチェーンアプリを使った投票システムは、電子投票システムの局所的な問題を解決することができたり、より効率的に利用できたりします。 まとめ ブロックチェーンアプリは、現代、より多くのビジネス分野でより身近になり、普及しています。スマートコントラクトにてこのトレンド技術でを最大限に活用できる企業は、コストのかかるデータ漏洩を回避できるだけでなく、中間業者なしで価値とデータの交換を容易にすることができます。 しかし、ブロックチェーンアプリの導入は緊急性が高いのか、本当にビジネスに役立つのか、導入コストがどれくらいかかるのか、といった疑問に答えることは簡単ではありません。そのような手間を省くために、Newwave Solutionsでは、第一線のITエキスパートがお客様のプロジェクトに無料でコンサルティングを行い、費用対効果の高いブロックチェーンアプリの開発をご提供します。 必要なのは、パブリック、プライベート、またはハイブリッドのブロックチェーンアプリを開発することを決めることだけです。そして、ゼロから独自のカスタムブロックチェーンアプリを考え出したり、既存のアプリをカスタマイズしたり、あるいは単に新しいものを開発したりするお手伝いをします。 Newwave Solutionsと一緒にあなたのビジネスのブロックチェーンアプリの開発を始めるには、今すぐご連絡ください。 続きを読む:ブロックチェーンベースのプラットフォームを構築するためのブロックチェーンコスト2022年

View more
July 13, 2022

ブロックチェーン開発を始めるための8つの簡単なステップ

GitHubによると、ブロックチェーンを活用したプロジェクトは2007年以降に急成長し、現在に至るまで止まる気配を見せていません。ほぼすべてのアプリケーションやシステムがブロックチェーンを利用することでデータを保護し、透明性をもたらしています。また、ブロックチェーンも時間の経過とともにあらゆる企業にとって魅力的になってきていることは言うまでもありません。そのため、この技術を使用して企業やプロジェクトに利益をもたらす方法をお探しの方に、ブロックチェーン活用ガイドについてご紹介します。 1. ニッチビジネスを特定する ブロックチェーンは多くの産業で活用されています。始める前に、あなたのニッチビジネスについて綿密な分析をする必要があります。さらに、ブロックチェーンを適用することで、従来の方法よりも問題を解決できるかどうかを知る必要があると考えています。 ブロックチェーン開発が得意で実績が高い3つの業界をご紹介します。     データの認証と検証(イミュータブルストレージ、デジタル署名、暗号化など)     発行やエスクローなど、資産のライフサイクルのスマート管理     スマートコントラクト 2.適切なコンセンサスメカニズムを見つける コンセンサスメカニズムには多くの種類がありますが、常に個々のニーズに応じて適切な方法を選択する必要があります。 以下は、そのコンセンサスメカニズムの一部です。     プルーフ・オブ・ステーク     ビザンチン・フォールト ・トレランス性     経過時間の証明(PoET)     派生したPBFT     デポジットベースのコンセンサス     連合ビザンチン合意(FBA)     フェデラルコンセンサス     ラウンドロビン     デリゲート・プルーフ・オブ・ステーク(DpoS)     冗長化されたビザンチン・フォールト ・トレランス性     簡略化されたビザンチンフォールトトレランス 3.最適なブロックチェーンプラットフォームを選択する 最近では、ほとんどのブロックチェーンプラットフォームがオープンソースであり、プロジェクトのあらゆる基準を満たすことができるようになりました。しかし、手頃な価格のブロックチェーン開発サービスを探している場合でも、信頼できるブロックチェーン企業を探している場合でも、プロジェクトに最も適したプラットフォームは、要件と解決したい問題によって異なります。例えば、銀行で債券の発行をテストするために、イーサリアムではなく、スマートコントラクトを搭載したQuorumベースのアプリが必要になります。 ブロックチェーンの構築は、成功に開発するために多くの時間(数ヶ月、あるいは数年)で研究が必要です。そのため、適切なブロックチェーンプラットフォームを特定するために、ビジネスニーズを正確に理解することは重要です。 […]

View more
June 22, 2022

ブロックチェーン技術と開発についての完全ガイド

本ガイドでは、ブロックチェーン技術・開発に関する詳細と、最適なブロックチェーンアウトソーシング開発サービスの選び方についてご紹介します。 ブロックチェーンは分散型の性質を持ち、現代においてアプリケーションを動かす主流の技術となっています。ブブロックチェーン技術に対する人々の信頼は、その人気と潜在的な固有の機能が成長するにつれて増し、その結果、世界中の多くの業界で広く採用されるようになりました。しかし、需要の高まりと実際のブロックチェーンの実装との間には断絶があり、ブロックチェーン開発に対する知識や理解の不足に起因するものです。 この記事では、ブロックチェーン開発の導入について技術の実装の経過状況を把握できるように徹底的にご説明します。 1. ブロックチェーンとは? ブロックチェーンは、取引、資産追跡、データおよびファイルの記録を支援するブロックと呼ばれる記録の不変のシーケンスです。ハッシュ値は、すべての情報を含むブロックを連携します。 ブロックチェーンは、暗号化を使用して取引を記録し、固定のデジタル元帳を使用して有形および無形の両方の資産を監視する分散型のピア・ツー・ピアコンピューターネットワークです。ブロックと呼ばれるこれらの取引は、その後、ネットワークに接続された各サーバーまたはノードに記録・複製・保存されます。 ブロックチェーンは、一箇所に記録を保存する従来のデータベースとは異なり、基本的には様々な人が管理する分散型データベースです。つまり、DLT (分散型台帳技術) によって、ネットワーク上の各ノードに台帳のコピーが渡されます(誰でも自分の機器をノードとしてネットワークに接続して参加可能)。ある台帳情報に不一致がある場合には、他の参加者記録のコピー版と比較することで、判断できます。これにより、ブロックチェーン内に記録される情報は、完全に改ざんされなくなる仕組みになっています。ブロックチェーンのリアルタイムの変更により、すべてのユーザーに信頼できる唯一の情報源が作成され、すべての詳細が正確で信頼できるものになります。 ブロックチェーン開発は、金銭や不動産などの有形資産、著作権などの非物質資産を問わず、取引を安全に記録し、ネットワーク内の資産を監視する分散型台帳技術(DLT)を構築するプロセスです。ブロックチェーンアプリケーションをゼロから作成して実装するには、多くの作業と研究が必要です。開発プロセスの第一歩は、ニーズを満たす正しいブロックチェーンプロトコルとプログラミング言語を見つけて選択することとなります。ブロックチェーンアプリケーションを構築する際に考慮すべき最も重要な要素を纏めています。 これは、情報を迅速、正確、安全に共有できるため、多くの企業で役立ちます。 注文、アカウント、決済、製作、またはその他のデータを監視している場合でも、ブロックチェーンネットワークは、許可されたネットワークメンバーに透過的な配信とストレージを提供します。 2. ブロックチェーンプログラミング言語 ブロックチェーンアプリケーションを開発する場合、考慮すべきプログラミング言語がいくつかあります。C ++、Python、Go、Java等のクラシックなプログラミング言語から始めることも、Simplicity(簡潔性)やSolidity(堅牢性)等のより複雑なブロックチェーンに特化した言語へ進むことも可能です。 Simplicity(簡潔性):ブロックチェーン上のスマートコントラクトを構築する際に採用されます。静的解析を活用したシンプルな言語であり、Ethereum Virtual Machine(EVM)やBitcoin Scriptなどの暗号通貨の基本言語からのステップアップと考えることができます。 Solidity(堅牢性):静的型付けされたブロックチェーンプログラミング言語であり、主にEVMベースのスマートコントラクトを作成するために使用されます。この言語を使うと、自己制御型のビジネスロジックをスマートコントラクトに簡単に実装することができ、否認不可能で権威ある取引記録を残すことができます。      ブロックチェーンプログラミング言語についてもっと読む  3. なぜブロックチェーンは「破壊的技術」なのか? ビットコインを支える画期的な技術であるブロックチェーンは、普及が遅れています。ブロックチェーン技術は、ここ数十年で最も革命的な技術の一つとして評価されて、集中型サーバーベースのインターネットアーキテクチャから暗号透過型ネットワークへの移行の中心に位置するものです。ブロックチェーンは非常に大きな可能性を秘めています。 ブロックチェーン技術によって信頼が醸成される 基本的には、「2つの当事者間の取引を効率的かつ検証可能で恒久的な方法で記録することができるオープンな分散型台帳」です。中央集権型サーバの代わりに、情報のブロックがブロックチェーン上の分散型ピアツーピアネットワークに保存されます。データの各ブロックは誰も利用でき、後続のすべてのブロックに影響を与えず、ネットワークコラボレーションなしで遡及的に変更することはできません。現実には、信頼を生み出すブロックチェーンテクノロジーの最も素晴らしい特徴は、透明性と分散化であり、情報やお金の所有権を確認するためのペーパーレスアプローチを提供します。 第三者の仲介者は暗号技術によって置き換えられます。インターネットで送金するとどうなるか考えたことがありますか?簡単な手順のように見えますが、実は時間がかかるもので、双方の会計士や簿記係が、送金が正しく行われたことを保証するために、様々な書類を保管しています。ユーザーにとっては、長い待ち時間とトランザクションコスト、そしてヒューマンエラーの可能性を意味します。 しかし、ブロックチェーンテクノロジーには、仲介者の必要性を完全に排除することができます。ブロックチェーンテクノロジーが使用されれば、ピアツーピアのコンセンサスアルゴリズムをトランザクションを公開的に記録・検証するので、手作業による銀行の検証が不要になります。これにより、金融取引のコスト、遅延、全体的な複雑さを削減することができます。 別の言い方をすれば、ブロックチェーンは「第三者である仲介者を信頼の管理者として置き換え、すべてのプレーヤーに対して複雑なアルゴリズムを実行してシステムの完全性を検証する」ということです。当事者が互いに直接資産を譲渡し、情報の所有権や著作権を迅速に確認する場合、ブロックチェーンを使用することで諸経費を削減することができます。 グローバルな導入  ブロックチェーンは、信頼を管理するための新しいアプローチを提供し、組織の透明性、分散化、効率性、安全性を高めるのに役立つ可能性があります。IDCによると、2018年に世界で21億ドルがブロックチェーン技術に費やされました。Netscribeによると、ブロックチェーン領域は2022年まで毎年42.8%成長すると予想されています。 バークレイズなどの大手銀行は、ビットコインを支えるテクノロジーであるブロックチェーンを統合し、業務の高速化、効率化、安全性の向上に努めています。このテクノロジーは、トランザクションの透過的で分散化された永続的なドキュメントが可能になるため、特にサプライチェーン管理に役立ちます。 保険契約のデータ認証から、ピアツーピアのライドシェアアプリの分散版構築、内部で相互作用して不具合を解消しソフトウェアを更新できるIoTガジェットの分散型ネットワークなど、このテクノロジーの可能性は無限大です。より大きな規模では、ドバイが政府のセキュリティと効率性を高めるために、2020年までにすべての書類をブロックチェーン上に置くことを計画しています。 ビジネスオペレーションの自動化  どの企業も業務の効率化に努めて、それが収益の増加につながります。組織のプロセスにブロックチェーンを導入することで、以下のような様々なメリットがあります。 クラウドストレージがより使いやすく、透明性が高く、安全であるため、ユーザーが必要な情報に瞬時にアクセスすることが可能になります。 ネットワーク上に保存される、迅速で安全な金融トランザクションによって、将来のトランザクションを迅速化することができます。さらに、ネットワーク上に保存されたデータは、確認のためにいつでも正確かつ容易にアクセスすることができます。2つの当事者間の契約の締結と管理を自動化するスマートコントラクトが実装可能になります。 組織のパフォーマンスを向上させるには、ビジネスオペレーションを最適化する必要があります。ブロックチェーンは透明性をもたらし、中央集権の必要性を排除することができるため、企業がプロセスを変更して効率性を高めることができます。 4.ビジネスにおけるブロックチェーン活用の長所と短所 4.1. ブロックチェーンの長所  ブロックチェーンは、金融サービス、サプライチェーン、政府、ヘルスケア、小売業など、様々な業界でビジネスモデルを変えるために利用されています。ブロックチェーンがビジネス上にもたらす多くのメリットは、以下の通りです。 透明性 ブロックチェーンの利用により、トランザクションの履歴がより可視化されます。ブロックチェーンは分散型台帳であるため、ネットワークの全メンバーが最新版の台帳にアクセスすることができます。台帳はネットワークのコンセンサスによって検証されるため、全員が同意するという意味です。 一つのレコードが変更されると、将来のすべてのレコードが変更されることになります。その結果として、ブロックチェーンに保存されたデータは、より安全で、よりレベルの高い透明性で、アクセスを許可された人だけが見ることができます。 追跡可能性 複雑なサプライチェーンで交換される商品を管理している組織では、商品の出所を追跡することがいかに困難であるかはご存じでしょう。ある場所から別の場所への商品供給をブロックチェーンに記録すると、商品がどこから来たのか、途中の各停留所を追跡できる包括的な監査証跡を得ることができます。 ブロックチェーンの記録は、商品の真正性を確認し、不正行為から保護するために使用することができます。 スピードの向上 従来の方法は、「紙ベース」「時間がかかり」「第三者による真正性検証に失敗しやすい」といった問題がありました。業務を自動化・効率化することで、迅速かつ安全にトランザクションを完了することができます。ネットワークメンバーで共有するデジタル台帳で記録管理できるため、複数の台帳を管理する必要がありません。ネットワークに参加している全員が常に同じ情報にアクセスできるため、迅速な解決が可能になります。 コスト削減 殆どの企業では、コスト削減を優先しています。ブロックチェーンでは、ネットワークメンバー全員がコンセンサスによってすべてを確認するため、信頼を構築するための仲介者や第三者を必要としません。トランザクションを完了するために、誰もが不変のバージョンにアクセスできるため、文書を評価する必要がなくなります。 4.2ブロックチェーンの短所 […]

View more
June 22, 2022

Turning a Real Estate Software into a Powerful Toolkit to Connect the Real Estate Community

Newwave Solution’s client was incredibly impressed with our knowledge of the real estate software market and our team’s effort to get them where they expected. Our client was involved throughout the project to enhance the project creatively and make sure it was in alignment with their business objectives. 1. Introduction of Propcom Real Estate Software […]

View more
June 8, 2022

伝統的なソフトウェア開発手法とアジャイル開発手法はどちらがプロジェクトの成果を高めるのか?

伝統的なソフトウェア開発手法とアジャイルソフトウェア開発手法の違いは何でしょうか?また、あなたのプロジェクトにはどちらを選ぶべきでしょうか?この記事では、伝統的なソフトウェア開発手法とアジャイルソフトウェア開発手法の比較に基づいて、ソフトウェア開発プロジェクトに適したアプローチの選択方法を説明します。 この10年間で、アジャイルソフトウェア開発手法が伝統的なソフトウェア開発手法を引き継いできました。いくつかのフェーズを経て着実に下流に流れていく逐次開発である伝統的な手法と比較して、アジャイルプロジェクト管理は非常に効率的で実用的、かつ柔軟なアプローチであることが証明されています。常に変化している市場において、ソフトウェア開発手法の選択は、ビジネスの性質とプロジェクトの目的に基づいて行われるべきです。  アジャイルソフトウェア開発アプローチがあなたのプロジェクトに適しているかどうか、伝統的なソフトウェア開発とアジャイルソフトウェア開発の違いが何か、疑問がある場合は、Newwave Solutionsはあなたのためにこの特別なガイドを作成しました。では、はじめましょう。 1. 伝統的なソフトウェア開発の概要  伝統的なソフトウェア開発は、いくつかのフェーズを経て着実に下流に流れていく逐次開発であり、小さなセキュリティや機能が必要なシンプルなソフトウェアを設計・開発する際によく利用されます。伝統的なソフトウェア開発の方法論は、ソフトウェア開発ライフサイクルの事前に整理されたフェーズ・ステージに基づいています。ソフトウェア開発ライフサイクルは分析、設計、実装 、テスト、メンテナンスです。各フェーズでは、徹底的なレビュープロセスを経た特定の成果物や詳細な文書があります。この方法は、プロジェクトオーナーが自分たちの要求を正確に把握しており、プロジェクト開発中にスコープが大きく変更されることがないと自信を持って言えるような、正確な要件を持つプロジェクトに適しています。しかし、継続的な開発と変更が必要なプロジェクトでは、伝統的な開発手法ではプロジェクトの目標を達成できない可能性があります。伝統的なソフトウェア開発手法では、プロジェクトの最終的な成果に影響を与える後期のフェーズで変更することなく、最初のフェーズで要件をすべて指定しなければなりません。この手法の欠点はコスト、チームの努力、時間です。  2. アジャイルソフトウェア開発の概要  アジャイルソフトウェア開発とは、柔軟性と安全性を重視した複雑なソフトウェアを設計するために使用される、顧客に対して優しいアプローチです。アジャイルソフトウェア開発では、プロジェクト開始、スプリント計画、デモの3つのフェーズを通して、ユーザーはビジネスの状況や顧客要求の変化に応じて修正を加える機会があります。アジャイルソフトウェア開発では、ビジネスニーズが満たされているかどうかを判断するためにソリューションモジュールを評価することで、開発者とユーザーの相互理解を深め、品質を確保します。  このアプローチでは、プロジェクトを複数のモジュールに分割し、定期的に提供することができます。アジャイルは、コストと時間の効率を高めるために、開発に漸進的かつ反復的なアプローチを提案します。  アジャイルソフトウェア開発は、正確で顧客に対して優しいアプローチである 3. なぜアジャイルは伝統的なソフトウェア開発手法より好まれるのか? 開発者やプロジェクトマネージャーは様々な理由でアジャイル手法を好みます。 柔軟性と透明性の向上 アジャイルソフトウェア開発方法論は、プロセス中に変更を加える場合、伝統的な手法よりも柔軟性があります。開発者は実験する余地があり、計画と異なる新しいことを試すことができます。アジャイル開発手法の最も優れている点は、厳格な構造やトップダウンアプローチに従うのではなく、プロジェクトの結果に焦点を当てることです。その結果、プロジェクトのスケジュールを中断することなく、すべての変更に関係なく、プロジェクトが円滑に進められます。 アジャイルソフトウェア開発方法論は、プロジェクトオーナーや意思決定者がプロジェクトの開始、計画、レビューからテストまですべてのフェーズに関わることができるため、より透明性の高い開発手法です。一方、伝統的な開発手法では、開発者がプロジェクトの手綱を握るため、開発者が他の人と異なる理解をする場合、プロジェクトが失敗に終わります。また、アジャイルアプローチでは、最終的な成果を上げるために、チームメンバー全員がプロジェクトの最初から最後まで積極的に貢献する必要があります。  オーナーシップとアカウンタビリティ 伝統的なプロジェクト管理では、開発者が意思決定者であり、顧客が開発プロセスに参加しません。所有権は顧客に帰属しますが、アカウンタビリティは開発者に帰属します。そのため、所有権とアカウンタビリティの間にギャップが生じ、プロジェクトの成果に影響を与えることになります。具体的には、プロジェクトの初期段階から、すべての工程が明確に定義され、見積もり期間と予算の範囲内で計画されます。したがって、事前に設定された目的に影響を与えるような大きな変更は、スキップされるのです。   一方、アジャイルアプローチでは、プロジェクトに関わるすべてのメンバーが所有権を共有し、見積もり期間内にスプリントを完了させるために積極的な役割を果たします。また、プロジェクトの品質を向上させるために、メンバー全員が常にフィードバックをすることが奨励され、最終的な目標は高品質の製品やサービスを提供するために、顧客がイテレーションごとに検証を行い、顧客の要求に応えることです。 4. 正しいアプローチの選び方  ここで重要なのは、すべてのプロジェクトに「万能」な手法は存在しない、ということです。ある方法を実施するかどうかは、プロジェクトの目的、規模、リソースなど多くの要因に依存します。プロジェクトマネージャーは、適切な手法を選択するために、プロジェクトの関連するステークホルダーと相談する必要があります。プロジェクトの要件、プロジェクトに関わる技術、リスクや脅威、時間や予算などを分析します。 プロジェクトの要件が不明確であったり、変更される傾向がある場合、アジャイル手法が理想的であると言えます。伝統的な手法が最初から明確に定義され、よく理解されているプロジェクト要件に適合します。 新しいテクノロジーやツールが適用されていない場合、コスト削減のためには伝統的なプロジェクトマネジメント手法が適しています。一方、アジャイルソフトウェア開発手法では、最新テクノロジーを試すためのより多くのスペースを確保できます。 プロジェクトが望ましくないリスクや脅威にさらされやすい場合、伝統的な方法論で進めるのは得策ではありません。アジャイルアプローチは、プロジェクトチームがリスクマネジメントと本質的な修正を実施して最終的なプロジェクトの成果の最適化を可能にします。  伝統的なアプローチは、大規模で複雑なチームや必要な予算が増えるようなプロジェクトに最も適していますが、アジャイルチームはそれほど労力を必要としません。 5. まとめ ここまでで、なぜ開発者がアジャイルプロジェクト管理手法を好むのか、十分に理解して頂けたと思います。開発者と顧客を本質的なプロセスに巻き込むと、品質、生産性、より良いビジネス価値、低コスト、そして市場投入までの時間の短縮という点で、やりがいがあります。プロジェクト開始の手助けが必要な場合、Newwave Solutionsはアジャイルソフトウェア開発アプローチの熟練したチームを持っています。なぜ待つのでしょうか?今すぐお問い合わせください!

View more
June 8, 2022

ソフトウェア開発ライフサイクルにおけるV-モデルのメリットとデメリット

ソフトウェア開発ライフサイクルにおけるV-モデルは、従来のウォーターフォール型ソフトウェア開発モデルの単純な変形であり、大規模プロジェクトの開発によく用いられ、プロセスの実行のシーケンシャルパスに従う。 ソフトウェア開発ライフサイクルを選択することで、お客様の都合に合わせた柔軟な対応が可能になります。「ソフトウェア開発ライフサイクルモデル」に由来するソフトウェア開発ライフサイクルのフェーズに準拠しながら、円滑な運用を確保し、特定の課題を克服するアプローチは数多く存在します。最も人気のあるアプローチの1つは、大規模で複雑なプロジェクトに適したV-モデルです。このガイドでは、ソフトウェア開発ライフサイクルにおけるV-モデルのプロセス、メリット、デメリットなど、基本的な知識をすべてご紹介します。では、さっそく始めましょう。 1. ソフトウェア開発ライフサイクルとは? 開発者は、ゼロからソフトウェアを設計するため、計画、設計、実装、テストなど、ソフトウェア開発ライフサイクルと呼ばれる特定の必須ステップに従わなければなりません。一般的に、ソフトウェア開発ライフサイクルプロセスは、計画→分析→設計→実装→統合テスト→メンテナンスの6つのステップで構成されます。 開発者は、各段階の機能を複数の方法で実装することができますが、基本的なプロセスフェーズは変わらず、高品質なソフトウェアを効率的に作成できるようにすることを共通の目標としています。技術的には、適切なソフトウェア開発ライフサイクルモデルを選択するように、必要な専門知識のレベル、ビジネス要件、スケジュール、予算などの依存要因を十分に検討する必要があります。 ソフトウェア開発ライフサイクルのフェーズとステップに適切に従えば、顧客中心のソフトウェアを作成するためにカバーする必要があるすべての側面が確保され、その結果は例外的であることが保証されます。ソフトウェア開発ライフサイクルで作成されたドキュメントは、開発者が何を作らなければならないか、顧客の要求は何か、適切なガイドラインを提供するものです。コストと時間の効率を改善し、従業員の適切な役割を定義することでチーム間の調整を強化し、職場の透明性を向上させ、プロジェクトの展開時のリスクの可能性を最小限に抑えます。 2. ソフトウェア開発ライフサイクルにおけるV-モデル V-モデルとは、ソフトウェア開発のライフサイクルモデルの一種で、プロセスをV-モデルの順序で実行し、その各段階に対応するテストを実行するものです。前の段階が完了してから、次の段階が始まるため、「検証・妥当性確認モデル」とも呼ばれています。V-モデルは最もコストと時間がかかるモデルの一つですが、コードやアーキテクチャのエラーを早期に検出することで、優れた品質管理を提供できます。伝統的なウォーターフォールモデルと同様、すべての要件は最初に設定され、変更することができません。 以下は、V-モデルの各フェーズになります。 検証フェーズ:製品開発段階において、指定された要件が満たされているかどうかを静的解析手法で評価するプロセスです。  バリデーションフェーズ:開発完了後に、そのソフトウェアがお客様の期待や要求を満たしているかどうかを、動的解析の手法を用いて評価するプロセスです。それらはV字モデルのコーディングフェーズによって結合されます。 設計フェーズ(システム設計含む):完全なハードウェアと通信のセットアップのことです。 アーキテクチャ設計:内部モジュールと外部環境間のデータ転送と通信、およびモジュール設計は、事前設定された要件の分析に従い、要件と期待を理解するための顧客との詳細な通信を含みます。 テストフェーズ(単体テスト含む):コードまたはユニットレベルでのバグを排除します。 統合テスト:モジュール間の通信を検証する。 システムテスト:機能、相互依存性、および通信を備えた完全なアプリケーションを確保する。 受入テスト:納品されたシステムがユーザーの要求を満たし、実世界で使用できる状態であることを検証する。 V-モデルのテストの原則は、階層的な視点、各要件で識別されなければならないデータ・プロセスの整合性、要件と対応するテスト活動の相関関係を示すクロスリファレンス、および配備後のアプリケーションを維持するための文書化に基づきます。 3. ソフトウェア開発ライフサイクルにおけるV-モデルのメリット・デメリット V-モデルの実装には、多くの場合、豊富な技術リソースが必要です。しかし、それは多くのメリットをもたらします。V-モデルは、フェーズを一つずつ実行していく規律性の高いものであり、プロジェクトの進行状況を正確に学習、使用、および管理するのは簡単です。ライフサイクルの早い段階で検証・確認活動を行えば、開発者がバグなどのシステムエラーを修正し、利用可能な期間よりも短い時間でソフトウェアを構築できるため、エラーのない良質な製品を構築できる確率が高まります。V-モデルは、かなりユーザーフレンドリーでわかりやすく、小規模な開発者にソフトウェア開発の強固な基盤を提供します。ソフトウェアをコーディングする前に設計、計画、開発などの試行作業が行われるため、忙しいチームの時間を大幅に節約しながら、プロジェクトの成功率は保証されます。V-モデルの設計フレームワークは非常に洗練されているため、ソフトウェア開発プロセス中に抜け穴、一方向または下向きのデータフローがありません。 また、V-モデルには、リスクと不確実性が高いこと、複雑でオブジェクト指向のプロジェクトに適していないこと、同時イベントを処理できないこと、最初に要件が不明確なフェーズやプロジェクトの反復をサポートしていないことなど、特定のデメリットがあります。その上、V-モデルは他の設計環境やモデルと比較して、利用や実行の際に硬直的である。また、設計の柔軟性に欠け、新しい開発者が慣れるまで時間がかかります。アーキテクチャは簡単に理解できますが、オブジェクト指向のプロジェクトにおける高度に複雑な計算をサポートされていません。V-モデルは、実装段階でソフトウェアの初期プロトタイプを作成しないため、正確で堅実、かつ健全な実行設計を必要とする複雑なソフトウェアや専門的なソフトウェアの開発には不向きです。最後に、一括更新機能は、特にソフトウェア開発プロセスの途中でエラーが発生した場合に、リスクを増大させる最悪の欠点です。  4. まとめ このガイドでは、ソフトウェア開発ライフサイクルモデルにおけるV-モデルに関連する重要な側面をすべて網羅し、最小限の期間で高品質のソフトウェア製品を開発するための一助となれば幸いです。ソフトウェア開発ライフサイクルにおける V-モデルの主な利点は、その標準的な機能とリスクのない手順です。ただし、最終決定を行う前に、関連するすべての要因を徹底的に分析してください。 Newwave Solutionsは、ソフトウェア開発ライフサイクルのV-モデルに従ってさまざまなプロジェクトを実施しており、プロジェクトの成功を保証する専門知識を提供しています。驚くべきソフトウェアを製造するために、弊社にお気軽にお問い合わせください。

View more
June 8, 2022

ソフトウェア開発における反復型~あなたのプロジェクトに適したものか?

SDLC反復型は、ソフトウェア開発プロジェクトにおいて、単純なプロセスと機能から始まり、システムの完成に向けてより複雑で幅広い機能へ段階的に移行していくユニークな実装を指します。「インクリメンタル型開発」という言葉は、しばしば「反復開発」と同じ意味で自由に使われていますが、「反復開発」とは、新しい反復の設計と実装中に行われる漸進的な変更を表す言葉です。 ソフトウェアを開発するための最も簡単な手法の1つで、あらかじめ決められたコアソフトウェア要件に加えて、プロジェクトの実際の期間での機能の変更や強化に対して、一定の柔軟性を与えます。このガイドでは、反復型の特徴、プロジェクトでの適用、およびそのメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。 1. 反復型開発とは? 反復型開発は、1950年代から最新のWebアプリケーションや高性能ゲームクライアントから米国国防総省のソフトウェア取得基準に至るまで、幅広いソフトウェアアプリケーションで使用されています。この手法は、過去の伝統的なウォーターフォール開発を大きく進化させたもので、計画→設計→実装→テストの全体プロセスをより小さな「イテレーション」に分割されます。開発段階を一歩一歩厳格に進めるウォーターフォール開発とは異なり、反復型開発は、機能を一つずつ追加し、各反復の終わりに動作できる製品を作成し、各反復の終わりに全体的な機能を増加させる手法です。  2. 反復型開発の特徴 計画段階では、プロジェクトオーナーと開発者が協力して、仕様書の作成、ソフトウェアやハードウェアの要件設定、サイクル内の次の段階への準備などを行います。 ¥ 計画段階が終了すると同時に、次の段階で必要となる業務ロジックやデータベースモデルなどを総合的に要求分析し、適切なものを選択します。同時に、プロジェクトの要件に合わせて利用するプログラミング言語、データレイヤー、サービスなど、設計面での技術的な要件も作成します。その後、実際の実装・コーディング作業に入ります。  コーディングが完了するとすぐに、一連のテストと評価の手順を経て、バグや問題点を特定します。その後、プロジェクトチーム全体と関連するステークホルダーが、プロジェクトの品質、特に品質をさらに向上させるために何を変更すべきかを検討します。  次に、反復型開発全体の重要点となるのが、直近で構築された反復と、評価プロセスからのすべてのフィードバックを開発者に送り、開発プロセスを上から順に繰り返し、サイクルが完了するたびにソフトウェアを徐々に改善し反復していくというものです。次の反復では、前回よりも少なくともわずかでも良くなるような機能強化が確認され、実装されます。 ソフトウェア開発における反復型 3. 反復型開発のメリット 反復型には、固有のバージョン、迅速なターンアラウンド、適応性など、多くのメリットがあります。  反復型は、次の反復が前の反復と比較して段階的に改善されることを保証することによって、ソフトウェアのバージョン管理(リリース段階とも呼ばれる)を容易にします。新しい反復がシステムを破壊した場合、開発者は簡単かつ迅速に前の反復にロールバックでき、損失を最小限に抑えることができます。これは、システムのメンテナンスに特に有利です。 確かに反復型の各段階は、ソフトウェア開発に多大な時間を要するという点でウォーターフォール開発に似ていますが、反復型では、各段階をより小さな時間枠に効果的に分割することが可能です。したがって、最初の反復を終わると、次の反復期間が数時間、あるいは数日にまで切り詰められ、その後の反復はより速くなります。 反復型のもう一つの主要なメリットは、プロジェクトオーナーと顧客の両方からの絶えず変化する要件への適応性です。コード構造や設計に対する小さな変更も基本的な変更も、最小限の時間枠と妥当なコストで行うことができます。これは、短い時間内で前の反復に戻すことが容易だからです。 反復型は、小規模でアジャイルなチームやプロジェクトに適しています。特に、時間的制約のある最新技術を含むプロジェクトでは、すべての関係者が参加し、計画・設計から実装・テストまで、完全な「反復プロセス」を即座に実行することが可能です。 4. 反復型開発のデメリット メリットとともに、デメリットもいくつかあります。 反復型では、コーディングや実装を開始する前の初期計画を作成する必要があるため、設計や基盤となるシステムに予期せぬ問題がプロジェクトの後半に発生する可能性があります。解決することは可能ですが、プロジェクトの期間や費用に影響を与える可能性があります。  すべての関係者が参加することは、プロジェクトの品質を向上させるかもしれませんが、新しい反復が始まるたびに、必要な変更を適切に評価するために、ユーザーからのテストやフィードバックが必要になる可能性が高いため、プレッシャーや不運な義務なども増加します。さらに、多くの関係者がプロジェクトに深く関わることで、望ましくない機能が発生する可能性もあります。この場合、ユーザーは各反復の変更を体験し、次のバージョンに追加すべき機能に対して常に新しい要求を出す傾向があります。 まとめ 反復型開発のプロジェクトは、非常にアジャイルでターンアラウンドが早いため、プロジェクトオーナーは、効果的に監視できる優れた管理ツールを必要とします。このようなプロセスを支援するパートナーを求めているお客様にNewwave Solutionsはいつでもサポートができます。高効率なソフトウェアの構築を始めるために、お気軽にお問い合わせください。

View more
June 5, 2022

Newwave Solutionsが選ぶソフトウェア開発フレームワークのトップランキング

この進化しているビジネス環境において、企業が新しい潜在顧客にアプローチするための最良の方法である、目立つオンライン外観を作ることは必須です。そのためには、ウエブサイトやソフトウェア、ウエブアプリケーションなど、適切なデジタルツールは欠かせません。ただし、それらを最初から作成すると、時間とリソースがかなり消費されます。そこで、ソフトウェア開発フレームワークが、企業の技術変革プロジェクトを支援するために使用されます。企業の技術革新プロジェクトを支援するソフトウェア開発フレームワークの出番となるのです。 ここでは、ソフトウェア開発フレームワークとは何かという説明と、最も人気のあるソフトウェア開発フレームワーク一覧とそのメリットとデメリットを紹介し、ソフトウェア開発を手間のかからないものにします。すべてのプロジェクトに適合するフレームワークはありませんが、それらの特性を理解することは、ビジネスに適したものを選択するのに役立ちます。始めましょう! 1.フレームワークとは何か、なぜ重要なのか? 具体的なフレームワークとその特徴を説明する前に、まずフレームワークとは何か、なぜ重要なのか、そしてその分類を理解しましょう。 フレームワークは、補助プログラム、コード、ライブラリー、およびプログラミング言語で構成されるソフトウェアシステムの独立したブロックであり、さまざまなコンポーネントを相互に関連付けて、大きなプロジェクトのさまざまなコンポーネントの開発と統合を容易にします。フレームワークは開発者を無駄なコーディングから解放し、ウェブサイト、ウェブアプリケーションプログラミングインターフェース、ソフトウェア、その他のリソースの開発のために、データストレージ、異なるプラットフォームでスムーズに動作できるセキュリティ機能など、一連の標準機能を備え、既に書かれたコードによって、コーディングとプロジェクト開発の進行を加速させることができるようにします。 フレームワークの利点は、開発とデプロイのスピードアップ、標準化されたコーディング手法と構造による迅速で容易な開発とメンテナンスプロセスなど、非常に多岐にわたります。エラーやバグを回避することで、開発者はデータ収集や構成などにより多くの時間を費やすことができます。 2.ソフトウェア開発フレームワークには何種類あるか? 技術的には、ソフトウェア開発のフレームワークにフロントエンドフレームワークとバックエンドフレームワークの2種類があります。フロントエンドフレームワークは、ユーザーが操作する視覚的な要素に焦点を当てるのに対し、バックエンドフレームワークは、バックグラウンドでの円滑な動作・機能を確保することに焦点を当てます。 両者の主な違いは以下の通りです。 3.ソフトウェア開発フレームワークタイプトップの詳細 3.1. React.js React.jsは、本格的なフレームワークではなく、JSインターフェースを記述するためのオープンソースのJavaScriptライブラリーであり、完全なコンポーネントベースのアーキテクチャがあり、SEOに対応し、分解が容易で、大規模なデータセットをレンダリングできる複雑なUIを構築するなど、最高のウエブフレームワークのすべての重要な機能を備えています。            React.jsは、HTMLベースのコードをページレイアウトに早く解釈することで、コードレンダリングを素早く可能にし、ウェブやアプリケーションのダイナミクスと応答性を向上させ、特にコードが変更されると、インターフェースが自動的に更新されるようにします。React.jsは複数のプログラミング言語をサポートしており、ハイブリッドモバイル開発(iOSとAndroidの両方)に便利な既存のコードに複数の新機能を統合できます。ウエブページに関して、React.jsは、コンテンツとキーワードを認識するインデックスボット向けの一連のツールを持つことによって、ページ上の複数のキーワードを最適化することができます。ただし、それは完璧ではありません。React.jsは依存関係が多いため、ナビゲーションしにくく、多くの容量を消費してしまいます。そのため、開発では、システムの効率を上げるために、追加のコンポーネントやコードコレクションをインストールする必要があります。 3.2. Angular Angularは、Googleがサポートする最も人気のあるJavaScriptベースのウエブフレームワークの1つです。Angularは、MVCアーキテクチャ、データ処理&管理、およびビルトインモジュールをサポートしています。このオープンソースのフレームワークは無料で利用でき、開発者はツールやプラグインをフレームワークにアップロードすることができます。また、Chrome、Firefox、Edge、Android、iOSなど複数のプラットフォームに対応しています。AngularはHTMLを使用してユーザーインターフェースを向上させ、モジュールでの機能を分割して複雑な機能を管理するのに適しています。また、豊富なインターネットアプリケーションの体験を作り出し、ブラウザでデスクトップ機能を提供します。ただし、HTMLを中心としたAngularの開発では、コントローラーの観点からコードを作成する開発者にとっては困難になります。 また、開発者はAngularを使用したモバイルバージョンのバグを報告しています。 3.3. Vue.js Vue.jsは、ウエブサイトやアプリケーションのスピード、柔軟性、インタラクティブなインターフェースを向上させるために使用されるフロントエンドフレームワークです。Vue.jsのコア機能は、他のプロジェクトのライブラリー、アドオン、およびAPIとの統合によって向上させることができるデータリアクティブツールをベースに開発されています。Vue.jsは、単一ファイルのコンポーネント、直感的なウィザードを備えたCLIプロジェクトジェネレータ、およびコードベースの可読性、機能性、スケーラビリティを高める多くのプラグインを備えています。Vue.jsを使用するもう一つの利点は、よく整理される明確なドキュメントで、他のフレームワークはほとんどこの標準に対応することができません。Vue.jsの人気を低下させる欠点は、学習が困難であることとコミュニティが小さいことです。リソースが少ないことは人気のあるアプリケーションに対する大きな欠点です。 3.4. Node.js Node.jsは、V8エンジンをベースにしたJavaScriptフレームワークで、フロントエンドとバックエンドのに使用することができます。このオープンソースのフレームワークは、Linux、Mac OS、Windowsなどで動作することができます。このフレームワークの主な利点は、システム全体を同じプログラミング言語で開発できるため、パフォーマンスが向上することです。これは、Node.jsの開発が、バイトコードをマシンコードにコンパイルするジャストインタイムコンパイラで進行するためです。ただし、Node.jsには、CPUに負荷をかけるパフォーマンスと長い開発時間という弱点があります。シングルスレッド言語には、CPU負荷の高いタスクに対応できません。また、バックエンドに単一のプログラミング言語を使用し、バックエンドの処理に合わせてプログラミング言語を調整すると、雑多な作業が発生し、コーディングにかかる時間が長くなることが多いです。 3.5. Ruby on Rails Ruby on Railsは、動的なバックエンドタイプのソフトウェア開発フレームワークの1つであり、データベース駆動型アプリケーションの構成に必要なすべてのもので構成されているため、高速アプリケーション、eコマースプロジェクト、およびMVP開発に最適です。Airbnb、Shopify、Huluは、Ruby on Railsフレームワークを使用しているウエブサイトです。このフレームワークの主な利点は時間効率で、巨大で活発なコミュニティによる豊富なツール、ライブラリー、リソースを備えていることです。ただし、柔軟性と進化性が欠けています。 さらに、大規模なプロジェクトを扱うため、フレームワークの起動時間が長く、パフォーマンスに影響を与えます。 3.6. Django Djangoは、ソフトウェア開発フレームワークの最も信頼性の高いバックエンドタイプの1つであり、構成に関する規約と DRY パターンにより、ウエブアプリケーションのセキュリティ、スピード、スケーラビリティ、柔軟性を向上させます。このフレームワークは、厳しい納期や難しい要件が要求されるプロジェクトに最適です。Pinterest、YouTube、Spotify、Instagramは、Djangoを使用している企業です。Djangoを選ぶべき理由は、信じられないほど速くプロジェクトを構築し、規模を広げること、オープンソースのフレームワークの中で最高のドキュメント群を持つこと、コンテンツ管理、機械学習から複雑なデータ分析に至るまで複雑なタスクを処理できること、などです。Django を選ぶかどうか検討する必要がある理由は、小規模なプロジェクトに向かない複雑な機能があること、規約がないため、進行が遅くなる場合があることです。 4. まとめ どのプログラミング言語を使用するかの決定は、開発者の能力、企業のリソース、スピード、セキュリティ、スケーラビリティなどの要件など、さまざまな要因によって異なります。開発プロセスの初期段階では、最終決定を出す前に、プロジェクトのさまざまなフレームワークの長所と短所を検討することが重要です。 各フレームワークの適切性を分析するために、一連の基準と優先順位を書き留めておく必要があります。 どこから始めれば良いか分からず、デジタル変革プロジェクト向けの費用対効果の高いオーダーメイドのソリューションを開発する信頼できるパートナーを探している場合、Newwave Solutionsチームはいつでも最適なアプローチを選択できるように支援しています。 今すぐお問い合わせください!

View more
September 10, 2022

Newwave Solutionsが「2022年のベトナムICT企業トップ10」に選出されました!

2022年、ベトナムのICT企業トップ10賞は、IT業界の21分野で最も多くの推薦を受け、100社以上の優秀な企業を表彰しました。Newwave Solutionsも2022年のICT企業賞のベトナムICT企業トップ10として表彰されました。このベトナムのICT企業トップ10賞を受賞するための当社の過程についてご紹介します。 2022年ベトナムのICT企業トップ10とは ? ベトナムのICT(情報通信技術)企業トップ10は、ベトナムのトップのソフトウェア開発アウトソーシング企業を評価・認定するVINASAの貴重な賞です。2014年からベトナムソフトウェア・ITサービス協会(VINASA)が毎年開催しているこの賞は、ICT企業トップ10に入ったすべての受賞企業に対して、注目すべき認めとなるものです。この賞は、世界中のクライアントに優れたIT・ソフトウェア開発およびサービスを提供する能力を証明するものです。 今年は多くの新カテゴリーが登場し、Newwave SolutionsはブロックチェーンサービスにおいてベトナムのICT企業トップ10に選出されたことを誇りに思っています。 ベトナムにおけるブロックチェーン企業トップ10としての称号を得るために、当社の業績は、以下の7つの主要な基準で評価されました。       ファイナンス       人的資源       製品       技術力       管理能力       実績       業界固有の追加評価基準 組織委員会と 40 人以上のIT専門家によるすべての評価とテストに合格した後、Newwave Solutions は優れた業績により、ベトナムのトップ 10 の主要な IT サービスおよびオフショア開発企業のリストに見事にランクインされました。 2022年ベトナムICT企業トップ10に表彰されたことは、当社の足跡を強化し、世界のソフトウェア開発市場への影響を拡大する動機付けとなります。この新しい成果のおかげで、Newwave Solutionsはベトナムのソフトウェア開発企業トップ1を目指すことに自信を持っています。 Newwave Solutionsについて Newwave Solutionsでは、常にお客様のB2Bバリューチェーンにさらなる価値を提供することを心がけています。私たちは、お客様のビジネスのデジタルトランスフォーメーションに最適な技術対策を提供するため、常に方法やサービスを改善・向上させています。 私たちは、お客様が課題を克服して、より大きな価値を生み出せるように、お客様のビジネスの課題を解決するスマートなソフトウェア開発とITソリューションを提供します。ICT企業トップ10に選ばれた当社のチームは、長年の経験と情熱をもって、複雑なITプロジェクトをグローバルに展開しています。ベトナムに数百人のIT専門家と開発者を擁している当社は、あらゆるテクノロジー分野とBPSにおいて、大企業にも対応できる幅広い知識と能力を有しています。 最近、ブロックチェーンサービス、IoT&AIなどの新興技術向けの新しいソフトウェアソリューションとサービスを次々と登場させ、Newwave SolutionsはVinID、Microsoft、T-Skyなどの大企業から多くの好評を博しています。UI/UXデザインからモバイルアプリ開発まで、最高レベルのソフトウェア開発ソリューションとメンテナンスを提供しています。 選ばれる理由 […]

View more
August 25, 2022

オフショア開発とは?概要から注意点まで

オフショア開発は、コスト削減や効率化のために広く知られた手法です。このブログでは、具体的にオフショア開発がどのようにしてコスト削減や効率化を実現するのか、オフショア開発の定義など、オフショア開発について知っておくべきことをご紹介します。また、オフショア開発プロジェクトを成功に導くために注意すべきことについても解説します。 これを読めば、自社のビジネス課題を解決するために、オフショア開発は最適な選択肢なのかどうかを判断できるようになるでしょう。 1. オフショア開発とは オフショア開発とは、システム開発などの業務を海外企業、または海外の現地法人などに委託することです。 オフショア開発はもともと、日本企業、または日本に拠点を持つ外資系企業などの大手企業が委託元である場合が多かったですが、近年では、中小企業が委託元となるオフショア開発も増えています。 オフショア開発が増加している背景として、グローバル化やデジタル化によって日本でIT技術者が不足していることや人件費の高騰があります。 また、従来の海外進出は大規模な投資が必要で、大企業でなければ難しいという一面がありましたが、インターネットが発展したことによって障壁が低くなり、中小企業でもグローバル展開が現実的になり、多様な人材を確保する目的でもオフショア開発が注目されています。   2. オフショア開発のメリット・デメリット Daito – Newwave Solutionsが開発したアパート検索アプリ オフショア開発を検討する際は、費用削減などのメリットだけでなく、デメリットもおさえておく必要があります。 ●メリット ①コスト削減ができる オフショア開発の委託先国は、国内に比べて人件費が低いです。高い技術を持つIT人材を確保しても、コスト削減が見込めます。   ②IT人材不足を解消できる 「国内のIT人材不足が深刻化している」で解説したとおり、国内ではIT人材不足が深刻化しています。 IT人材の採用活動が難航する、IT人材の人件費が高騰するということが起きており、国内で新たな人材を確保するのが難しい状態です。 オフショア開発を利用すれば委託先国の優秀な人材と一緒に開発ができ、IT人材不足を解消できます。   ③海外に自社専属の開発チームを作れる 「オフショア開発2つの契約方法」で解説しましたが、ラボ契約では設定期間内は指定数のエンジニアを確保でき専属のチームが作れます。 海外に開発拠点を持つ足掛かりにでき、双方の同意さえあれば優秀な外国人エンジニアを自社の現地スタッフとして移籍させることも可能です。   ④業務の幅が広がる オフショア開発ではwebシステムやサービス開発、スマートフォンアプリ開発だけでなく、基盤系システムの開発やwebシステム業務などさまざまな案件の委託ができます。 自社のエンジニアでは対応できない領域でも、オフショア開発を活用すれば多彩な案件に対応でき業務の幅が広がります。   ⑤納期の短縮につながる オフショア開発を活用して優秀なIT人材を増やせば、一つの案件にかかる時間を短縮できます。その結果、受けられる案件の量が増やせて効率よく収益をあげられるようになります。 このようにオフショア開発を活用すると、IT業界が抱えている人材不足やコスト高騰が解消できます。 オフショア開発のメリットについてより詳しく知りたい場合は、下記の記事もご参考にしてみてください。 ●デメリット 一方で、オフショア開発にはデメリットもあります。オフショア開発は会話によるコミュニケーションが取りづらいことや、仕様書の翻訳や情報共有などに多くの手間がかかるデメリットがあります。また、考え方やビジネスマナーの違いなど、価値観や文化、仕事に対する姿勢なども違うため、様々なトラブルが発生したりするデメリットもあります。   3. オフショア開発でおすすめのシステム開発会社5社 技術的な要求が高まる中、あらゆるプロセスを指導し、最適なソリューションを提供してくれる信頼できる会社を選ぶことが肝要です。そこで、ベトナムのオフショア開発会社の中から、おすすめの会社をご紹介します。 ● Newwave Solutions(ニューウェーブ ソリューション)   開発拠点国 ベトナム 日本オフィス 〒113-0034 東京都文京区湯島1丁目11-8 対応領域  ソフトウェア開発サービス、ウェブサイト開発、ブロックチェーン、モバイルアプリ開発、UI/UXデザイン、QAテスト、ゲームデザイン […]

View more
August 24, 2022

モバイルアプリ開発とは?

統計によると、2016年から2020年にかけて、世界中のモバイルアプリの年間ダウンロード数は146億8000万から218億に増加しました。これからの現代社会の傾向を見る限り、モバイルアプリ事業はこれからも成長を続け、ビジネスにおけるコア事業となるでしょう。この記事では、モバイルアプリ開発の概要を説明します。ぜひモバイル市場の傾向をつかむ為の参考にされて下さい。 1. モバイルアプリ開発とは? モバイルアプリ開発とはスマートフォンやデジタルアシスタント(AI)用のソフトウェアの作成、最も一般的なのはAndroidやiOS向けのものです。ソフトウェアはデバイスにプリインストール、もしくはモバイルアプリストアからダウンロード、またはWebブラウザーからアクセスすることが出来ます。 米調査会社アップ・アニーの調査によると、2019年の全世界のモバイルアプリ市場は、ユーザーによる消費支出額と広告額との合計額が3,100億ドル(34兆円)に達したことが明らかになっています。 総務省による検証報告によれば、消費支出額の7割強を占め成熟段階を迎えているモバイルゲーム市場では、ダウンロード数の伸びこそ鈍化しているものの、課金など収益性に力点を置いたビジネスモデルへのシフトが進んでいることが分かります。ユーザーにとって利用価値の高いアプリは頻繁に使われるため、結果としてアプリ内の広告収益が増加し、さらにはアプリ内決済などの収益をも押し上げていくことになるのです。 また、現在は通信の高速化によって、株などの金融取引やエンタメ系の動画配信サービスに対する需要の伸びが著しくなっています。コンテンツの多様化傾向も目立つことから、モバイルアプリ市場は今後、収益性重視への質的転換を図りつつ、引き続き拡大していくことは間違いないでしょう。 2. モバイルアプリの開発方法 適切なアプリの開発方法は、アプリの性質や掛けられるコストによっても変わってきますので、事前に開発方針を立てておくことが大切です。ここでは、モバイルアプリの開発方法について解説します。 自社開発 自社でのアプリ開発の手段としては、ゼロから作っていくスクラッチとアプリ開発ツールの活用との2種類が考えられます。どのようなやり方なのかをメリット・デメリットと合わせて見ていきましょう。   「スクラッチ」では、既存のテンプレートなどは用いずにゼロからアプリを作り上げていきます。 スクラッチ方式を採るメリットは、自由度が高いということです。自社のマーケティング戦略を踏まえた入念な設計を経たうえで、必要と思われる機能を技術や予算が許す範囲内で、アプリ内に存分に反映させることが可能です。 特に、デザインの質の向上を目指したり、独自機能の設定によって競合他社との差別化を図ったりといった、ブランディングを追求したい時にふさわしいやり方です。 さらに、設計完了後に修正する必要が出た時にも、自社で手掛けていれば素早いい対応が期待できます。 一方、デメリットもあります。自由度の高さは、オリジナリティやクオリティの追求を目指すほど開発工数が多くなり、リサーチや開発作業に要する時間とコストの増大を招くでしょう。 また、そもそもアプリを独自に開発していけるだけの社内人材を確保できているのか、という問題もあります。スクラッチ開発にかかる工程は長丁場になります。計画・設計から実装・開発に至るフローを踏まえたスケジュール作成と、必要な人員や工数の割り出しには高度なプロジェクト管理スキルが必要です。そのため、すべてを滞りなくこなせる人材は希少と言っても過言ではありません。   アプリ開発ツールの活用 アプリ開発ツールは、テンプレートを基に機能を組み合わせながら開発していく方法です。 メリットは、クロスプラットフォーム機能や異なるアプリストアへの登録申請が簡単にできることにより、工期短縮とコスト削減の同時達成を目指すことができる点です。また、アプリが完成した後も、セキュリティパッチの配布やバージョンアップなどのアップデートを自前で行う必要はなく、開発ツール上での対応で事足りる点も魅力です。 こうした多くのメリットを持つ一方で、あらかじめ用意されているテンプレートを使うため、スクラッチと比較すると自由度の点で劣ることは否めません。他社との差別化を図ることはあまり期待できないので、独自性をそれほど求めないアプリの開発にふさわしいやり方です。   アプリ開発会社に外注 アプリ開発を自社で手掛けるのではなく、アプリ開発会社に外注する方法もあります。 外注すれば、スクラッチ同様の自由度の高い開発を、専門スキルを備えたアプリ開発のプロに任せることができます。開発会社により得意分野が異なるため、選定にあたっては充分な吟味が求められますが、うまく活用できれば完成度の高いアプリを短期間で開発することも期待できるでしょう。 ただし、プロに依頼する分コストは高くなります。また、外注であっても進捗管理といった外注管理のノウハウは求められます。 さらに、アプリ完成後のメンテナンスなど、サポート対応の確認や依頼などにも事前の入念な段取りが必要です。 アプリ開発の外注を検討されている方は、まずは次の記事でアプリ開発の流れをご確認ください。 3. モバイルアプリ開発 フレームワーク のおすすめ5選 モバイルアプリ開発のフレームワークは開発者がモバイルアプリを構築するのを支援するために作成されたアプリケーションです。何よりもモバイルアプリ開発のサポート、プロセスの改善、コストを削減するための基盤となる構造になっています。 3.1 React Native React NativeはFacebookに構築され、Javascriptベースのオープンソースです。React Nativeは クロスプラットフォーム アプリ 、つまり iOS Android両方のプラットフォーム に対応する アプリ 開発 に使用されます。約6年前に構築され、React Nativeは現在最も大きなサポートコミュニティがあるフレームワークの一つです。React Nativeで構築されたアプリは Skype、Instagram、Facebook、Airbnb、Amazon Prime […]

View more
August 10, 2022

システム開発とは? | ニューウェーブ ソリューション

システム開発の工程(流れ)や手法、費用を知りたい担当者もいるのではないでしょうか。今回は、業務を効率化を実現する「システム開発」のプロセスや開発事例、外注する場合に知っておきたいメリット・デメリットや選び方をご紹介します。 1. システム開発とは  システム開発とは、家電製品や通信機器などの電子機器を制御するための、さまざまなシステム開発を構築したり、各種企業の業務の仕組みをシステム化することです。 どの企業にも、「新しい事業に参画したい」「既存の業務を効率化してコストを削減したい」といった、ビジネス上の目標や課題があります。そうした課題を解決する「仕組み」を、コンピューターシステムを使って実現すること、それが「システム開発」です。 ウェブサイトやプログラムは、ビジネス上の課題を解決する「道具」にすぎません。ビジネスの課題を的確に抽出し、最適な「道具」を最小限のコストで作ること、それが「システム開発」です。 システム開発を担当する職種には、上流と呼ばれる概要設計・要件定義・基本設計を担当する「システムエンジニア」とそれ以降の詳細設計・プログラミング・テスト・導入支援などを担当する「プログラマー」の2種類があります。 2. システム開発の手法を5つ紹介 コストおよび開発期間の制約や、システムの規模によって開発手法も異なります。さらには、開発を依頼する側の習熟度や経験などによっても、最適な開発手法は違ってきます。 そのため、依頼する側でもシステムの開発手法にはどんなものがあるのか、一通りは理解しておく必要があります。ここで主なシステム開発の手法をご紹介します。ご自身のシステム開発にはどの開発手法をとればよいのか、これを参考にしてください。以下では、それぞれの開発手法について、簡単にご説明します。 手法1:ウォーターフォール 「ウォーターフォール」(waterfall、滝)は、上流の「要件定義」工程から下流の「テスト」工程まで、滝の上から水が落ちていくかのごとく、順序に従って工程を進めていく開発手法です。 以前から採用されていた開発手法で、各工程で進捗管理をしっかり行いながら進んでいくため、スケジュール管理やコスト管理がやりやすく、比較的大規模なシステムでも効率的に開発を進められます。 反面、開発途中での仕様変更には弱いというデメリットがあります。 システムの仕様を上流工程で決定してしまうため、途中の開発工程やテスト工程で、仕様を変更することが難しくなります。 運用部門へのヒアリングや、ビジネス目標の設定をしっかり行えるリソースが自社にある場合に適した開発手法です。 手法2:アジャイル 「アジャイル」(agile)とは、「すばやい」、「機敏な」という意味です。 ウォーターフォールでは、すべての仕様を設計してから開発にとりかかりますが、アジャイルでは最初にすべての仕様を決めず、大体の方向性だけを決めて開発を進めます。 またシステム全体を、機能ごとに幾つかの単位に分割して開発します。このため、仕様変更や不具合など、不測の事態にも素早く対応でき、全体への影響も少なく抑えることができます。 また、開発途中で現場のユーザーとコミュニケーションを取りながら進められるので、現場にとって「使える」システムを開発できます。 途中で仕様変更が発生することが想定されるプロジェクトに有効な開発手法です。 ただし、開発途中でシステムの方向性がずれるというリスクがあります。また、全体を幾つかに分割して開発を進めるので、全体の把握やスケジュールの管理が難しいというデメリットがあります。 ウェブサービスやアプリ開発など、ユーザーニーズへの柔軟な対応が求められるプロジェクトに適しています。 手法3:スパイラルモデル 「スパイラル」とは、「spiral」つまり「螺旋」からきています。アジャイルと同じく、システムを幾つかの単位に分けて開発を進めます。 それぞれの単位で要件定義、設計、開発、テスト、そして評価というサイクルを繰り返すことで、システム全体の完成度を螺旋のように上げていくところから、「スパイラル」と呼ばれます。 開発途中での仕様変更にも柔軟に対応できるというメリットは、アジャイルと同様です。 ウォーターフォールのように、各工程の計画性を重視して開発を進めていくので、品質重視の、ある程度大規模なプロジェクトに適しています。 手法4:プロトタイピング 「プロトタイピング」(Prototyping)とは、システム開発の早い段階で、プロトタイプ、つまり試作品を作成する開発手法です。 プロトタイプをシステムのユーザーと一緒にレビューしますので、早いうちに認識のズレが解消できます。 また、ユーザーの生の声を聞けることで、よりよいユーザー体験を実現できます。 ただ、プロトタイプを作成するコストと期間が必要になりますので、それがデメリットになる場合もあるでしょう。 新規事業や新製品開発など、ユーザー体験を重視するプロジェクトに向いています。 手法5:DevOps 「DevOps」は、「デブオプス」と読みます。開発担当者と運用者が連携して開発をする手法です。 「Dev」は「Development」、つまり開発チームを指し、「Ops」は「Operations」、「運用チーム」を指しています。比較的、最近登場した新しい開発手法です。 テストを終えたシステムを開発チームがリリースした後、システムの運用、保守など、システムの面倒をみるのが運用チームです。 開発チームと運用チームの役割は違いますが、システムを通じてビジネスの価値を高めるという目標は同じです。 そのため、DevOpsでは、システム開発の段階から開発チームと運用チームが協力し、緊密に連携していきます。これにより、リリースまでの期間短縮やユーザー満足度の向上、品質の向上など、さまざまなメリットが得られます。 もっと読む: Newwave Solutionsからのプログラミング言語とフレームワークの完全ガイド 3. システム開発に必要なコストとメンバー  システム開発にかかるコストについて、仮にソフトウェアの場合は、大部分が人件費です。システム開発の見積では、人件費は「人月」という単位で計算されます。 「人月」とは、1人のスタッフが1か月稼働する場合の工数です。例えば「10人月」ならば、1人が10か月か、10人が1か月稼働するという意味です。 当然この「人月」も、スタッフの役割やスキルによって、単価が異なります。そのためシステム開発のコストを把握するには、どのようなスタッフがプロジェクトに関わるのかを理解しておく必要があります。 システム開発には、主に次のようなスタッフが関わってきます。 プロジェクトマネージャー システムエンジニア プログラマー 4. […]

View more
August 2, 2022

ブロックチェーン技術:ブロックチェーンアプリは何に使われるのか?

ブロックチェーンは、トランザクション記録や資産追跡のプロセスを容易にする不変の共有台帳です。簡単に言うと、ブロックチェーンは記録の名称です。どんなトランザクションも公開で登録・確認されるため、ブロックチェーンアプリは十分な説明責任を果たすことができます。入力されると、誰もそこに書かれた情報を編集することはできません。ブロックチェーンアプリケーションでは、データは通常の中央データベースではなく、ネットワーク上で管理されるため、安定性が向上し、ハッキングされにくいという特徴が見られます。この記事では、ゲームなどのような一般的な分野から、バンキングのような新しい分野まで、様々な分野でのブロックチェーンアプリを紹介します。 1.バンキング 銀行業務において、ブロックチェーンアプリは、今日の銀行業界の仕組みを一新し、より透明で効率的、安全かつ費用対効果の高いものにする大きな可能性を持っています。ブロックチェーン技術は、明確な監査証跡を提供するため、不正を排除するのにも役立ちます。また、この技術には複数の冗長性もあるため、一度このネットワークにアップロードされた情報を変更することはほぼ不可能です。 その上、記録や照合といった会計におけるヒューマンエラーは、不正の主な原因の1つです。しかし、ブロックチェーンアプリには、変更できないトランザクションを自動記録する方法があるので、もう心配する必要はありません。これを利用することで、多くの手動プロセスが廃止され、ヒューマンエラーが減少し、効率が向上し、サイバー脅威の影響を軽減することができます。 最後になりましたが、融資は銀行業務に不可欠な要素です。企業にとっても小売業者にとっても、流動性、つまり必要な現金の支払能力を維持することは不可欠です。ブロックチェーンアプリを使えば、取引の即時決済が可能になるため、決済プロセスが徐々に容易になります。これは、二重支出や債務不履行などの問題を回避するのに役立ちます。 2.クリプト 前述の通り、ブロックチェーン技術はコンピュータネットワークのノード間で共有される分散型データベース又は台帳です。したがって、情報をデジタル形式で電子的に保存することができるのです。このため、ブロックチェーンアプリは暗号通貨システムでの役割が最もよく知られています。また、クリプトにおけるブロックチェーンアプリは、取引の安全かつ分散化された記録を維持する際に重宝されることでしょう。このすべてが忠実性とセキュリティデータを保証し、同時に第三者を必要としない高い信頼性を発展させます。 3. ヘルスケア オープンで安全性の高い機能のおかげで、ブロックチェーンアプリは様々な方法で医療業界に適用することができます。コスト削減から、患者が医療にアクセスする新しい方法の創出まで、この技術は、患者の機密データを安全に共有及びアクセスできないことで大きな被害を受けてきた医療業界の救世主となります。 ブロックチェーンアプリは、真の相互運用性のために最高のセキュリティ標準のみを維持しながら、カスタマイズ可能なオープン性を促進します。これにより、医療情報システムは、組織の境界内および境界を越えて連携し、すべての人のための効果的な医療の提供を促進することができるようになります。 ヘルスケアに関わる契約交渉がいかに複雑であるか、議論だけでなく、いかに時間がかかり、面倒なものであるかは、誰もが知っていることです。このブロックチェーンアプリは、このプロセスを簡略化する新しいシステムを構築することで、ユーザーが効率的で完全に安全な革新的な契約取り決めに参加できるようにします。 4. 教育 教育は新しい分野でのブロックチェーンアプリ活用の好例です。教育におけるブロックチェーン技術の利用はまだ初期段階にあり、この技術を採用している機関はほんの一握りに過ぎません。しかし、その可能性は、私たちにとって注目し、投資する価値があります。記録管理の面では、学修歴証明書の確認は多くの紙の書類とケースバイケースのチェックに時間がかかることがあります。 ブロックチェーンの活用は、このプロセスに関連するオーバーヘッドの多くを排除し、検証手順を合理化して、学校や州間の転校などに関して、教育者や管理者の時間を節約することができます。ブロックチェーンアプリを使用すれば、転校生を受け入れる教育機関は、数回の簡単なクリックで転校生の記録と履修したコースを確認することができます。同じ概念が、学校の雇用主との記録共有にも適用されます。 その上、ブロックチェーン技術は学生に記録の所有権を与え、学問的アイデンティティを管理することを可能にします。また、デジタル卒業証書にブロックチェーンを使用することで、雇用主にとっても雇用プロセスが容易になります。それに加えて、採用候補者の卒業証書の紙コピーの証明を発行機関に依頼する代わりに、雇用主はデジタル版へのリンクだけで済むのです。ブロックチェーンアプリに記録を保存することでセキュリティが強化されるため、応募者が学修歴証明書を偽造することが難しくなり、採用されたばかりの人が職場で成功するために必要な知識とスキルを持っていることを保証します。 5.スマートコントラクト 情報化時代において、スマートコントラクトにおけるブロックチェーン技術の活用は、あらゆるビジネストランザクションに新たな王道であると思われます。スマートコントラクトは、ブロックチェーンアプリに格納された単なるプログラムです。何よりも、スマートコントラクトは、買い手と売り手の間の契約条件が直接コード行に書き込まれ、自己実行されます。また、中央当局や法制度、外部の執行機関の許可を得ることなく、異なるまたは匿名の当事者間で信頼できるトランザクションや契約を行うことができます。 6.ロジスティクス 電子CMRとは、国際輸送を担当する物流業者に対して船会社が発行する電子文書です。受取事業者は、配送完了の証としてCMRにサインをします。ドライバーは、車載コンピューターや別売りのタブレット端末、スマートフォンなどで文書を簡単に持ち運ぶことができます。 紙ベースと電子版の最も重要な違いは、署名のプロセスです。CMRは手書きで署名するのに対し、e-CMRはPINやQRコードで署名するため、ビジネスパーソンは手書きで署名することになります。e-CMRではデータの安全性が向上し、アカウンタビリティが完全に透明化されます。 その上、ブロックチェーン技術を採用することで、メーカーが製品の最新情報を同時に把握することができます。このブロックチェーンアプリは、製品の追跡、トレーサビリティ、安全性が最適なレベルにあることを保証します。それゆえ、メーカーは製品の品質を保証できるようになり、お金の節約と説明責任を果たすこともできるようになります。 7.サプライチェーン 現代、サプライチェーンは、メーカー、サプライヤー、物流業者、小売業者などが連携して、世界中の消費者に製品を届けるグローバルなネットワークとなっています。現在のサプライチェーンは拡大を続ける一方で、より複雑で異質なものになりつつあります。一般的に、従来のサプライチェーンでは紙ベースのバラバラのデータシステムを使用しているため、情報のサイロ化に繋がり、製品の追跡には時間がかかります。トレーサビリティと透明性の欠如は、遅延、エラー、コスト増につながる業界全体の課題となっています。 新しいブロックチェーンアプリにより、サプライチェーン企業は生産の更新を単一の共有台帳に記録し、完全なデータの可視性と単一の真実のソースを提供することができます。トランザクションは常にタイムスタンプが押され、最新の状態になっているため、企業はいつでも製品の状態や場所を照会することができます。これにより、偽造品、コンプライアンス違反、遅延、廃棄物などの問題に対処することができます。 さらに、ブロックチェーンアプリとInternet of Thingsのようなスマートテクノロジーを組み合わせることで、サプライチェーンは生産、輸送、品質管理の状況の追跡を自動化することができます。また、企業は、製品の真正性や倫理的なサプライチェーンの実践を確認する方法として、追跡データを顧客と共有するように選択できます。 8.ゲーム ブロックチェーンゲームは、クリプトスペースの中で最新かつ最も人気のある流行になりつつあります。ゲームの世界に革命を起こし、プレイヤーがゲームに対してより多くコントロールできたり、プレイを通じてお金を稼ぐことができたりするなど、多くの新しい機会を提供するため、GameFiの参加者は急速に増加しています。 実際、ブロックチェーンとNFTのゲームは、従来のゲームにない様々な新しい機会を提供するので、ユーザーにとって魅力的なものとなっています。「Play-to-earn」ゲームなどの革命的な新しいコンセプトや、プレイヤーにより多くのコントロールを与えることで、クリプト愛好家やゲーマーにとって魅力的となっています。つまり、従来のゲームとは異なり、プレイヤーがゲームを通じて購入または獲得した資産は、他の誰にも削除されたり奪われたりすることはないのです。ゲームにおけるブロックチェーンアプリでは、一度資産を所有すると、それを奪うことはできません。基本的に、プレイヤーはお金を払って歴史的なゲームの記念品を所有することができます。 NFTの形で誰かがアセットを手にすると、それはその人のものとなり、デジタルウォレットに保管したり、他のゲームで使用したり、売却・取引したりすることが可能です。つまり、NFTアセットはゲームの寿命を超えても存在し、需要がある限り価値を維持することができるものです。 9.投票 数百年前まで、政府が部門別に分かれておらず、数人の著名な顔ぶれによってすべてが一元管理されていたため、投票は非常に簡単なものでした。しかし、多くの場合、投票システム、特に端末は、膨大な規制文に準拠することが求められ、非常に不器用なプロセスになっているのです。進行中のドラマである2020年のアメリカ合衆国大統領選挙で、組織的な有権者の不正行為があったと主張されたのをおそらく覚えているでしょう。 ブロックチェーンアプリだと、中央集権が必要ないで分散型台帳、分散型データベース、復元力のあるデータベースを提供でき、不変で監査可能であるため、このような事態は起きなかったでしょう。さらに、ネットワークから51%のコンセンサスを得た後でないとトランザクションが成功しないので、ブロックチェーンをハッキングすることはほぼ不可能である。したがって、ブロックチェーンアプリを使った投票システムは、電子投票システムの局所的な問題を解決することができたり、より効率的に利用できたりします。 まとめ ブロックチェーンアプリは、現代、より多くのビジネス分野でより身近になり、普及しています。スマートコントラクトにてこのトレンド技術でを最大限に活用できる企業は、コストのかかるデータ漏洩を回避できるだけでなく、中間業者なしで価値とデータの交換を容易にすることができます。 しかし、ブロックチェーンアプリの導入は緊急性が高いのか、本当にビジネスに役立つのか、導入コストがどれくらいかかるのか、といった疑問に答えることは簡単ではありません。そのような手間を省くために、Newwave Solutionsでは、第一線のITエキスパートがお客様のプロジェクトに無料でコンサルティングを行い、費用対効果の高いブロックチェーンアプリの開発をご提供します。 必要なのは、パブリック、プライベート、またはハイブリッドのブロックチェーンアプリを開発することを決めることだけです。そして、ゼロから独自のカスタムブロックチェーンアプリを考え出したり、既存のアプリをカスタマイズしたり、あるいは単に新しいものを開発したりするお手伝いをします。 Newwave Solutionsと一緒にあなたのビジネスのブロックチェーンアプリの開発を始めるには、今すぐご連絡ください。 続きを読む:ブロックチェーンベースのプラットフォームを構築するためのブロックチェーンコスト2022年

View more
July 13, 2022

ブロックチェーン開発を始めるための8つの簡単なステップ

GitHubによると、ブロックチェーンを活用したプロジェクトは2007年以降に急成長し、現在に至るまで止まる気配を見せていません。ほぼすべてのアプリケーションやシステムがブロックチェーンを利用することでデータを保護し、透明性をもたらしています。また、ブロックチェーンも時間の経過とともにあらゆる企業にとって魅力的になってきていることは言うまでもありません。そのため、この技術を使用して企業やプロジェクトに利益をもたらす方法をお探しの方に、ブロックチェーン活用ガイドについてご紹介します。 1. ニッチビジネスを特定する ブロックチェーンは多くの産業で活用されています。始める前に、あなたのニッチビジネスについて綿密な分析をする必要があります。さらに、ブロックチェーンを適用することで、従来の方法よりも問題を解決できるかどうかを知る必要があると考えています。 ブロックチェーン開発が得意で実績が高い3つの業界をご紹介します。     データの認証と検証(イミュータブルストレージ、デジタル署名、暗号化など)     発行やエスクローなど、資産のライフサイクルのスマート管理     スマートコントラクト 2.適切なコンセンサスメカニズムを見つける コンセンサスメカニズムには多くの種類がありますが、常に個々のニーズに応じて適切な方法を選択する必要があります。 以下は、そのコンセンサスメカニズムの一部です。     プルーフ・オブ・ステーク     ビザンチン・フォールト ・トレランス性     経過時間の証明(PoET)     派生したPBFT     デポジットベースのコンセンサス     連合ビザンチン合意(FBA)     フェデラルコンセンサス     ラウンドロビン     デリゲート・プルーフ・オブ・ステーク(DpoS)     冗長化されたビザンチン・フォールト ・トレランス性     簡略化されたビザンチンフォールトトレランス 3.最適なブロックチェーンプラットフォームを選択する 最近では、ほとんどのブロックチェーンプラットフォームがオープンソースであり、プロジェクトのあらゆる基準を満たすことができるようになりました。しかし、手頃な価格のブロックチェーン開発サービスを探している場合でも、信頼できるブロックチェーン企業を探している場合でも、プロジェクトに最も適したプラットフォームは、要件と解決したい問題によって異なります。例えば、銀行で債券の発行をテストするために、イーサリアムではなく、スマートコントラクトを搭載したQuorumベースのアプリが必要になります。 ブロックチェーンの構築は、成功に開発するために多くの時間(数ヶ月、あるいは数年)で研究が必要です。そのため、適切なブロックチェーンプラットフォームを特定するために、ビジネスニーズを正確に理解することは重要です。 […]

View more
June 22, 2022

ブロックチェーン技術と開発についての完全ガイド

本ガイドでは、ブロックチェーン技術・開発に関する詳細と、最適なブロックチェーンアウトソーシング開発サービスの選び方についてご紹介します。 ブロックチェーンは分散型の性質を持ち、現代においてアプリケーションを動かす主流の技術となっています。ブブロックチェーン技術に対する人々の信頼は、その人気と潜在的な固有の機能が成長するにつれて増し、その結果、世界中の多くの業界で広く採用されるようになりました。しかし、需要の高まりと実際のブロックチェーンの実装との間には断絶があり、ブロックチェーン開発に対する知識や理解の不足に起因するものです。 この記事では、ブロックチェーン開発の導入について技術の実装の経過状況を把握できるように徹底的にご説明します。 1. ブロックチェーンとは? ブロックチェーンは、取引、資産追跡、データおよびファイルの記録を支援するブロックと呼ばれる記録の不変のシーケンスです。ハッシュ値は、すべての情報を含むブロックを連携します。 ブロックチェーンは、暗号化を使用して取引を記録し、固定のデジタル元帳を使用して有形および無形の両方の資産を監視する分散型のピア・ツー・ピアコンピューターネットワークです。ブロックと呼ばれるこれらの取引は、その後、ネットワークに接続された各サーバーまたはノードに記録・複製・保存されます。 ブロックチェーンは、一箇所に記録を保存する従来のデータベースとは異なり、基本的には様々な人が管理する分散型データベースです。つまり、DLT (分散型台帳技術) によって、ネットワーク上の各ノードに台帳のコピーが渡されます(誰でも自分の機器をノードとしてネットワークに接続して参加可能)。ある台帳情報に不一致がある場合には、他の参加者記録のコピー版と比較することで、判断できます。これにより、ブロックチェーン内に記録される情報は、完全に改ざんされなくなる仕組みになっています。ブロックチェーンのリアルタイムの変更により、すべてのユーザーに信頼できる唯一の情報源が作成され、すべての詳細が正確で信頼できるものになります。 ブロックチェーン開発は、金銭や不動産などの有形資産、著作権などの非物質資産を問わず、取引を安全に記録し、ネットワーク内の資産を監視する分散型台帳技術(DLT)を構築するプロセスです。ブロックチェーンアプリケーションをゼロから作成して実装するには、多くの作業と研究が必要です。開発プロセスの第一歩は、ニーズを満たす正しいブロックチェーンプロトコルとプログラミング言語を見つけて選択することとなります。ブロックチェーンアプリケーションを構築する際に考慮すべき最も重要な要素を纏めています。 これは、情報を迅速、正確、安全に共有できるため、多くの企業で役立ちます。 注文、アカウント、決済、製作、またはその他のデータを監視している場合でも、ブロックチェーンネットワークは、許可されたネットワークメンバーに透過的な配信とストレージを提供します。 2. ブロックチェーンプログラミング言語 ブロックチェーンアプリケーションを開発する場合、考慮すべきプログラミング言語がいくつかあります。C ++、Python、Go、Java等のクラシックなプログラミング言語から始めることも、Simplicity(簡潔性)やSolidity(堅牢性)等のより複雑なブロックチェーンに特化した言語へ進むことも可能です。 Simplicity(簡潔性):ブロックチェーン上のスマートコントラクトを構築する際に採用されます。静的解析を活用したシンプルな言語であり、Ethereum Virtual Machine(EVM)やBitcoin Scriptなどの暗号通貨の基本言語からのステップアップと考えることができます。 Solidity(堅牢性):静的型付けされたブロックチェーンプログラミング言語であり、主にEVMベースのスマートコントラクトを作成するために使用されます。この言語を使うと、自己制御型のビジネスロジックをスマートコントラクトに簡単に実装することができ、否認不可能で権威ある取引記録を残すことができます。      ブロックチェーンプログラミング言語についてもっと読む  3. なぜブロックチェーンは「破壊的技術」なのか? ビットコインを支える画期的な技術であるブロックチェーンは、普及が遅れています。ブロックチェーン技術は、ここ数十年で最も革命的な技術の一つとして評価されて、集中型サーバーベースのインターネットアーキテクチャから暗号透過型ネットワークへの移行の中心に位置するものです。ブロックチェーンは非常に大きな可能性を秘めています。 ブロックチェーン技術によって信頼が醸成される 基本的には、「2つの当事者間の取引を効率的かつ検証可能で恒久的な方法で記録することができるオープンな分散型台帳」です。中央集権型サーバの代わりに、情報のブロックがブロックチェーン上の分散型ピアツーピアネットワークに保存されます。データの各ブロックは誰も利用でき、後続のすべてのブロックに影響を与えず、ネットワークコラボレーションなしで遡及的に変更することはできません。現実には、信頼を生み出すブロックチェーンテクノロジーの最も素晴らしい特徴は、透明性と分散化であり、情報やお金の所有権を確認するためのペーパーレスアプローチを提供します。 第三者の仲介者は暗号技術によって置き換えられます。インターネットで送金するとどうなるか考えたことがありますか?簡単な手順のように見えますが、実は時間がかかるもので、双方の会計士や簿記係が、送金が正しく行われたことを保証するために、様々な書類を保管しています。ユーザーにとっては、長い待ち時間とトランザクションコスト、そしてヒューマンエラーの可能性を意味します。 しかし、ブロックチェーンテクノロジーには、仲介者の必要性を完全に排除することができます。ブロックチェーンテクノロジーが使用されれば、ピアツーピアのコンセンサスアルゴリズムをトランザクションを公開的に記録・検証するので、手作業による銀行の検証が不要になります。これにより、金融取引のコスト、遅延、全体的な複雑さを削減することができます。 別の言い方をすれば、ブロックチェーンは「第三者である仲介者を信頼の管理者として置き換え、すべてのプレーヤーに対して複雑なアルゴリズムを実行してシステムの完全性を検証する」ということです。当事者が互いに直接資産を譲渡し、情報の所有権や著作権を迅速に確認する場合、ブロックチェーンを使用することで諸経費を削減することができます。 グローバルな導入  ブロックチェーンは、信頼を管理するための新しいアプローチを提供し、組織の透明性、分散化、効率性、安全性を高めるのに役立つ可能性があります。IDCによると、2018年に世界で21億ドルがブロックチェーン技術に費やされました。Netscribeによると、ブロックチェーン領域は2022年まで毎年42.8%成長すると予想されています。 バークレイズなどの大手銀行は、ビットコインを支えるテクノロジーであるブロックチェーンを統合し、業務の高速化、効率化、安全性の向上に努めています。このテクノロジーは、トランザクションの透過的で分散化された永続的なドキュメントが可能になるため、特にサプライチェーン管理に役立ちます。 保険契約のデータ認証から、ピアツーピアのライドシェアアプリの分散版構築、内部で相互作用して不具合を解消しソフトウェアを更新できるIoTガジェットの分散型ネットワークなど、このテクノロジーの可能性は無限大です。より大きな規模では、ドバイが政府のセキュリティと効率性を高めるために、2020年までにすべての書類をブロックチェーン上に置くことを計画しています。 ビジネスオペレーションの自動化  どの企業も業務の効率化に努めて、それが収益の増加につながります。組織のプロセスにブロックチェーンを導入することで、以下のような様々なメリットがあります。 クラウドストレージがより使いやすく、透明性が高く、安全であるため、ユーザーが必要な情報に瞬時にアクセスすることが可能になります。 ネットワーク上に保存される、迅速で安全な金融トランザクションによって、将来のトランザクションを迅速化することができます。さらに、ネットワーク上に保存されたデータは、確認のためにいつでも正確かつ容易にアクセスすることができます。2つの当事者間の契約の締結と管理を自動化するスマートコントラクトが実装可能になります。 組織のパフォーマンスを向上させるには、ビジネスオペレーションを最適化する必要があります。ブロックチェーンは透明性をもたらし、中央集権の必要性を排除することができるため、企業がプロセスを変更して効率性を高めることができます。 4.ビジネスにおけるブロックチェーン活用の長所と短所 4.1. ブロックチェーンの長所  ブロックチェーンは、金融サービス、サプライチェーン、政府、ヘルスケア、小売業など、様々な業界でビジネスモデルを変えるために利用されています。ブロックチェーンがビジネス上にもたらす多くのメリットは、以下の通りです。 透明性 ブロックチェーンの利用により、トランザクションの履歴がより可視化されます。ブロックチェーンは分散型台帳であるため、ネットワークの全メンバーが最新版の台帳にアクセスすることができます。台帳はネットワークのコンセンサスによって検証されるため、全員が同意するという意味です。 一つのレコードが変更されると、将来のすべてのレコードが変更されることになります。その結果として、ブロックチェーンに保存されたデータは、より安全で、よりレベルの高い透明性で、アクセスを許可された人だけが見ることができます。 追跡可能性 複雑なサプライチェーンで交換される商品を管理している組織では、商品の出所を追跡することがいかに困難であるかはご存じでしょう。ある場所から別の場所への商品供給をブロックチェーンに記録すると、商品がどこから来たのか、途中の各停留所を追跡できる包括的な監査証跡を得ることができます。 ブロックチェーンの記録は、商品の真正性を確認し、不正行為から保護するために使用することができます。 スピードの向上 従来の方法は、「紙ベース」「時間がかかり」「第三者による真正性検証に失敗しやすい」といった問題がありました。業務を自動化・効率化することで、迅速かつ安全にトランザクションを完了することができます。ネットワークメンバーで共有するデジタル台帳で記録管理できるため、複数の台帳を管理する必要がありません。ネットワークに参加している全員が常に同じ情報にアクセスできるため、迅速な解決が可能になります。 コスト削減 殆どの企業では、コスト削減を優先しています。ブロックチェーンでは、ネットワークメンバー全員がコンセンサスによってすべてを確認するため、信頼を構築するための仲介者や第三者を必要としません。トランザクションを完了するために、誰もが不変のバージョンにアクセスできるため、文書を評価する必要がなくなります。 4.2ブロックチェーンの短所 […]

View more
June 22, 2022

Turning a Real Estate Software into a Powerful Toolkit to Connect the Real Estate Community

Newwave Solution’s client was incredibly impressed with our knowledge of the real estate software market and our team’s effort to get them where they expected. Our client was involved throughout the project to enhance the project creatively and make sure it was in alignment with their business objectives. 1. Introduction of Propcom Real Estate Software […]

View more
June 8, 2022

伝統的なソフトウェア開発手法とアジャイル開発手法はどちらがプロジェクトの成果を高めるのか?

伝統的なソフトウェア開発手法とアジャイルソフトウェア開発手法の違いは何でしょうか?また、あなたのプロジェクトにはどちらを選ぶべきでしょうか?この記事では、伝統的なソフトウェア開発手法とアジャイルソフトウェア開発手法の比較に基づいて、ソフトウェア開発プロジェクトに適したアプローチの選択方法を説明します。 この10年間で、アジャイルソフトウェア開発手法が伝統的なソフトウェア開発手法を引き継いできました。いくつかのフェーズを経て着実に下流に流れていく逐次開発である伝統的な手法と比較して、アジャイルプロジェクト管理は非常に効率的で実用的、かつ柔軟なアプローチであることが証明されています。常に変化している市場において、ソフトウェア開発手法の選択は、ビジネスの性質とプロジェクトの目的に基づいて行われるべきです。  アジャイルソフトウェア開発アプローチがあなたのプロジェクトに適しているかどうか、伝統的なソフトウェア開発とアジャイルソフトウェア開発の違いが何か、疑問がある場合は、Newwave Solutionsはあなたのためにこの特別なガイドを作成しました。では、はじめましょう。 1. 伝統的なソフトウェア開発の概要  伝統的なソフトウェア開発は、いくつかのフェーズを経て着実に下流に流れていく逐次開発であり、小さなセキュリティや機能が必要なシンプルなソフトウェアを設計・開発する際によく利用されます。伝統的なソフトウェア開発の方法論は、ソフトウェア開発ライフサイクルの事前に整理されたフェーズ・ステージに基づいています。ソフトウェア開発ライフサイクルは分析、設計、実装 、テスト、メンテナンスです。各フェーズでは、徹底的なレビュープロセスを経た特定の成果物や詳細な文書があります。この方法は、プロジェクトオーナーが自分たちの要求を正確に把握しており、プロジェクト開発中にスコープが大きく変更されることがないと自信を持って言えるような、正確な要件を持つプロジェクトに適しています。しかし、継続的な開発と変更が必要なプロジェクトでは、伝統的な開発手法ではプロジェクトの目標を達成できない可能性があります。伝統的なソフトウェア開発手法では、プロジェクトの最終的な成果に影響を与える後期のフェーズで変更することなく、最初のフェーズで要件をすべて指定しなければなりません。この手法の欠点はコスト、チームの努力、時間です。  2. アジャイルソフトウェア開発の概要  アジャイルソフトウェア開発とは、柔軟性と安全性を重視した複雑なソフトウェアを設計するために使用される、顧客に対して優しいアプローチです。アジャイルソフトウェア開発では、プロジェクト開始、スプリント計画、デモの3つのフェーズを通して、ユーザーはビジネスの状況や顧客要求の変化に応じて修正を加える機会があります。アジャイルソフトウェア開発では、ビジネスニーズが満たされているかどうかを判断するためにソリューションモジュールを評価することで、開発者とユーザーの相互理解を深め、品質を確保します。  このアプローチでは、プロジェクトを複数のモジュールに分割し、定期的に提供することができます。アジャイルは、コストと時間の効率を高めるために、開発に漸進的かつ反復的なアプローチを提案します。  アジャイルソフトウェア開発は、正確で顧客に対して優しいアプローチである 3. なぜアジャイルは伝統的なソフトウェア開発手法より好まれるのか? 開発者やプロジェクトマネージャーは様々な理由でアジャイル手法を好みます。 柔軟性と透明性の向上 アジャイルソフトウェア開発方法論は、プロセス中に変更を加える場合、伝統的な手法よりも柔軟性があります。開発者は実験する余地があり、計画と異なる新しいことを試すことができます。アジャイル開発手法の最も優れている点は、厳格な構造やトップダウンアプローチに従うのではなく、プロジェクトの結果に焦点を当てることです。その結果、プロジェクトのスケジュールを中断することなく、すべての変更に関係なく、プロジェクトが円滑に進められます。 アジャイルソフトウェア開発方法論は、プロジェクトオーナーや意思決定者がプロジェクトの開始、計画、レビューからテストまですべてのフェーズに関わることができるため、より透明性の高い開発手法です。一方、伝統的な開発手法では、開発者がプロジェクトの手綱を握るため、開発者が他の人と異なる理解をする場合、プロジェクトが失敗に終わります。また、アジャイルアプローチでは、最終的な成果を上げるために、チームメンバー全員がプロジェクトの最初から最後まで積極的に貢献する必要があります。  オーナーシップとアカウンタビリティ 伝統的なプロジェクト管理では、開発者が意思決定者であり、顧客が開発プロセスに参加しません。所有権は顧客に帰属しますが、アカウンタビリティは開発者に帰属します。そのため、所有権とアカウンタビリティの間にギャップが生じ、プロジェクトの成果に影響を与えることになります。具体的には、プロジェクトの初期段階から、すべての工程が明確に定義され、見積もり期間と予算の範囲内で計画されます。したがって、事前に設定された目的に影響を与えるような大きな変更は、スキップされるのです。   一方、アジャイルアプローチでは、プロジェクトに関わるすべてのメンバーが所有権を共有し、見積もり期間内にスプリントを完了させるために積極的な役割を果たします。また、プロジェクトの品質を向上させるために、メンバー全員が常にフィードバックをすることが奨励され、最終的な目標は高品質の製品やサービスを提供するために、顧客がイテレーションごとに検証を行い、顧客の要求に応えることです。 4. 正しいアプローチの選び方  ここで重要なのは、すべてのプロジェクトに「万能」な手法は存在しない、ということです。ある方法を実施するかどうかは、プロジェクトの目的、規模、リソースなど多くの要因に依存します。プロジェクトマネージャーは、適切な手法を選択するために、プロジェクトの関連するステークホルダーと相談する必要があります。プロジェクトの要件、プロジェクトに関わる技術、リスクや脅威、時間や予算などを分析します。 プロジェクトの要件が不明確であったり、変更される傾向がある場合、アジャイル手法が理想的であると言えます。伝統的な手法が最初から明確に定義され、よく理解されているプロジェクト要件に適合します。 新しいテクノロジーやツールが適用されていない場合、コスト削減のためには伝統的なプロジェクトマネジメント手法が適しています。一方、アジャイルソフトウェア開発手法では、最新テクノロジーを試すためのより多くのスペースを確保できます。 プロジェクトが望ましくないリスクや脅威にさらされやすい場合、伝統的な方法論で進めるのは得策ではありません。アジャイルアプローチは、プロジェクトチームがリスクマネジメントと本質的な修正を実施して最終的なプロジェクトの成果の最適化を可能にします。  伝統的なアプローチは、大規模で複雑なチームや必要な予算が増えるようなプロジェクトに最も適していますが、アジャイルチームはそれほど労力を必要としません。 5. まとめ ここまでで、なぜ開発者がアジャイルプロジェクト管理手法を好むのか、十分に理解して頂けたと思います。開発者と顧客を本質的なプロセスに巻き込むと、品質、生産性、より良いビジネス価値、低コスト、そして市場投入までの時間の短縮という点で、やりがいがあります。プロジェクト開始の手助けが必要な場合、Newwave Solutionsはアジャイルソフトウェア開発アプローチの熟練したチームを持っています。なぜ待つのでしょうか?今すぐお問い合わせください!

View more
June 8, 2022

ソフトウェア開発ライフサイクルにおけるV-モデルのメリットとデメリット

ソフトウェア開発ライフサイクルにおけるV-モデルは、従来のウォーターフォール型ソフトウェア開発モデルの単純な変形であり、大規模プロジェクトの開発によく用いられ、プロセスの実行のシーケンシャルパスに従う。 ソフトウェア開発ライフサイクルを選択することで、お客様の都合に合わせた柔軟な対応が可能になります。「ソフトウェア開発ライフサイクルモデル」に由来するソフトウェア開発ライフサイクルのフェーズに準拠しながら、円滑な運用を確保し、特定の課題を克服するアプローチは数多く存在します。最も人気のあるアプローチの1つは、大規模で複雑なプロジェクトに適したV-モデルです。このガイドでは、ソフトウェア開発ライフサイクルにおけるV-モデルのプロセス、メリット、デメリットなど、基本的な知識をすべてご紹介します。では、さっそく始めましょう。 1. ソフトウェア開発ライフサイクルとは? 開発者は、ゼロからソフトウェアを設計するため、計画、設計、実装、テストなど、ソフトウェア開発ライフサイクルと呼ばれる特定の必須ステップに従わなければなりません。一般的に、ソフトウェア開発ライフサイクルプロセスは、計画→分析→設計→実装→統合テスト→メンテナンスの6つのステップで構成されます。 開発者は、各段階の機能を複数の方法で実装することができますが、基本的なプロセスフェーズは変わらず、高品質なソフトウェアを効率的に作成できるようにすることを共通の目標としています。技術的には、適切なソフトウェア開発ライフサイクルモデルを選択するように、必要な専門知識のレベル、ビジネス要件、スケジュール、予算などの依存要因を十分に検討する必要があります。 ソフトウェア開発ライフサイクルのフェーズとステップに適切に従えば、顧客中心のソフトウェアを作成するためにカバーする必要があるすべての側面が確保され、その結果は例外的であることが保証されます。ソフトウェア開発ライフサイクルで作成されたドキュメントは、開発者が何を作らなければならないか、顧客の要求は何か、適切なガイドラインを提供するものです。コストと時間の効率を改善し、従業員の適切な役割を定義することでチーム間の調整を強化し、職場の透明性を向上させ、プロジェクトの展開時のリスクの可能性を最小限に抑えます。 2. ソフトウェア開発ライフサイクルにおけるV-モデル V-モデルとは、ソフトウェア開発のライフサイクルモデルの一種で、プロセスをV-モデルの順序で実行し、その各段階に対応するテストを実行するものです。前の段階が完了してから、次の段階が始まるため、「検証・妥当性確認モデル」とも呼ばれています。V-モデルは最もコストと時間がかかるモデルの一つですが、コードやアーキテクチャのエラーを早期に検出することで、優れた品質管理を提供できます。伝統的なウォーターフォールモデルと同様、すべての要件は最初に設定され、変更することができません。 以下は、V-モデルの各フェーズになります。 検証フェーズ:製品開発段階において、指定された要件が満たされているかどうかを静的解析手法で評価するプロセスです。  バリデーションフェーズ:開発完了後に、そのソフトウェアがお客様の期待や要求を満たしているかどうかを、動的解析の手法を用いて評価するプロセスです。それらはV字モデルのコーディングフェーズによって結合されます。 設計フェーズ(システム設計含む):完全なハードウェアと通信のセットアップのことです。 アーキテクチャ設計:内部モジュールと外部環境間のデータ転送と通信、およびモジュール設計は、事前設定された要件の分析に従い、要件と期待を理解するための顧客との詳細な通信を含みます。 テストフェーズ(単体テスト含む):コードまたはユニットレベルでのバグを排除します。 統合テスト:モジュール間の通信を検証する。 システムテスト:機能、相互依存性、および通信を備えた完全なアプリケーションを確保する。 受入テスト:納品されたシステムがユーザーの要求を満たし、実世界で使用できる状態であることを検証する。 V-モデルのテストの原則は、階層的な視点、各要件で識別されなければならないデータ・プロセスの整合性、要件と対応するテスト活動の相関関係を示すクロスリファレンス、および配備後のアプリケーションを維持するための文書化に基づきます。 3. ソフトウェア開発ライフサイクルにおけるV-モデルのメリット・デメリット V-モデルの実装には、多くの場合、豊富な技術リソースが必要です。しかし、それは多くのメリットをもたらします。V-モデルは、フェーズを一つずつ実行していく規律性の高いものであり、プロジェクトの進行状況を正確に学習、使用、および管理するのは簡単です。ライフサイクルの早い段階で検証・確認活動を行えば、開発者がバグなどのシステムエラーを修正し、利用可能な期間よりも短い時間でソフトウェアを構築できるため、エラーのない良質な製品を構築できる確率が高まります。V-モデルは、かなりユーザーフレンドリーでわかりやすく、小規模な開発者にソフトウェア開発の強固な基盤を提供します。ソフトウェアをコーディングする前に設計、計画、開発などの試行作業が行われるため、忙しいチームの時間を大幅に節約しながら、プロジェクトの成功率は保証されます。V-モデルの設計フレームワークは非常に洗練されているため、ソフトウェア開発プロセス中に抜け穴、一方向または下向きのデータフローがありません。 また、V-モデルには、リスクと不確実性が高いこと、複雑でオブジェクト指向のプロジェクトに適していないこと、同時イベントを処理できないこと、最初に要件が不明確なフェーズやプロジェクトの反復をサポートしていないことなど、特定のデメリットがあります。その上、V-モデルは他の設計環境やモデルと比較して、利用や実行の際に硬直的である。また、設計の柔軟性に欠け、新しい開発者が慣れるまで時間がかかります。アーキテクチャは簡単に理解できますが、オブジェクト指向のプロジェクトにおける高度に複雑な計算をサポートされていません。V-モデルは、実装段階でソフトウェアの初期プロトタイプを作成しないため、正確で堅実、かつ健全な実行設計を必要とする複雑なソフトウェアや専門的なソフトウェアの開発には不向きです。最後に、一括更新機能は、特にソフトウェア開発プロセスの途中でエラーが発生した場合に、リスクを増大させる最悪の欠点です。  4. まとめ このガイドでは、ソフトウェア開発ライフサイクルモデルにおけるV-モデルに関連する重要な側面をすべて網羅し、最小限の期間で高品質のソフトウェア製品を開発するための一助となれば幸いです。ソフトウェア開発ライフサイクルにおける V-モデルの主な利点は、その標準的な機能とリスクのない手順です。ただし、最終決定を行う前に、関連するすべての要因を徹底的に分析してください。 Newwave Solutionsは、ソフトウェア開発ライフサイクルのV-モデルに従ってさまざまなプロジェクトを実施しており、プロジェクトの成功を保証する専門知識を提供しています。驚くべきソフトウェアを製造するために、弊社にお気軽にお問い合わせください。

View more
June 8, 2022

ソフトウェア開発における反復型~あなたのプロジェクトに適したものか?

SDLC反復型は、ソフトウェア開発プロジェクトにおいて、単純なプロセスと機能から始まり、システムの完成に向けてより複雑で幅広い機能へ段階的に移行していくユニークな実装を指します。「インクリメンタル型開発」という言葉は、しばしば「反復開発」と同じ意味で自由に使われていますが、「反復開発」とは、新しい反復の設計と実装中に行われる漸進的な変更を表す言葉です。 ソフトウェアを開発するための最も簡単な手法の1つで、あらかじめ決められたコアソフトウェア要件に加えて、プロジェクトの実際の期間での機能の変更や強化に対して、一定の柔軟性を与えます。このガイドでは、反復型の特徴、プロジェクトでの適用、およびそのメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。 1. 反復型開発とは? 反復型開発は、1950年代から最新のWebアプリケーションや高性能ゲームクライアントから米国国防総省のソフトウェア取得基準に至るまで、幅広いソフトウェアアプリケーションで使用されています。この手法は、過去の伝統的なウォーターフォール開発を大きく進化させたもので、計画→設計→実装→テストの全体プロセスをより小さな「イテレーション」に分割されます。開発段階を一歩一歩厳格に進めるウォーターフォール開発とは異なり、反復型開発は、機能を一つずつ追加し、各反復の終わりに動作できる製品を作成し、各反復の終わりに全体的な機能を増加させる手法です。  2. 反復型開発の特徴 計画段階では、プロジェクトオーナーと開発者が協力して、仕様書の作成、ソフトウェアやハードウェアの要件設定、サイクル内の次の段階への準備などを行います。 ¥ 計画段階が終了すると同時に、次の段階で必要となる業務ロジックやデータベースモデルなどを総合的に要求分析し、適切なものを選択します。同時に、プロジェクトの要件に合わせて利用するプログラミング言語、データレイヤー、サービスなど、設計面での技術的な要件も作成します。その後、実際の実装・コーディング作業に入ります。  コーディングが完了するとすぐに、一連のテストと評価の手順を経て、バグや問題点を特定します。その後、プロジェクトチーム全体と関連するステークホルダーが、プロジェクトの品質、特に品質をさらに向上させるために何を変更すべきかを検討します。  次に、反復型開発全体の重要点となるのが、直近で構築された反復と、評価プロセスからのすべてのフィードバックを開発者に送り、開発プロセスを上から順に繰り返し、サイクルが完了するたびにソフトウェアを徐々に改善し反復していくというものです。次の反復では、前回よりも少なくともわずかでも良くなるような機能強化が確認され、実装されます。 ソフトウェア開発における反復型 3. 反復型開発のメリット 反復型には、固有のバージョン、迅速なターンアラウンド、適応性など、多くのメリットがあります。  反復型は、次の反復が前の反復と比較して段階的に改善されることを保証することによって、ソフトウェアのバージョン管理(リリース段階とも呼ばれる)を容易にします。新しい反復がシステムを破壊した場合、開発者は簡単かつ迅速に前の反復にロールバックでき、損失を最小限に抑えることができます。これは、システムのメンテナンスに特に有利です。 確かに反復型の各段階は、ソフトウェア開発に多大な時間を要するという点でウォーターフォール開発に似ていますが、反復型では、各段階をより小さな時間枠に効果的に分割することが可能です。したがって、最初の反復を終わると、次の反復期間が数時間、あるいは数日にまで切り詰められ、その後の反復はより速くなります。 反復型のもう一つの主要なメリットは、プロジェクトオーナーと顧客の両方からの絶えず変化する要件への適応性です。コード構造や設計に対する小さな変更も基本的な変更も、最小限の時間枠と妥当なコストで行うことができます。これは、短い時間内で前の反復に戻すことが容易だからです。 反復型は、小規模でアジャイルなチームやプロジェクトに適しています。特に、時間的制約のある最新技術を含むプロジェクトでは、すべての関係者が参加し、計画・設計から実装・テストまで、完全な「反復プロセス」を即座に実行することが可能です。 4. 反復型開発のデメリット メリットとともに、デメリットもいくつかあります。 反復型では、コーディングや実装を開始する前の初期計画を作成する必要があるため、設計や基盤となるシステムに予期せぬ問題がプロジェクトの後半に発生する可能性があります。解決することは可能ですが、プロジェクトの期間や費用に影響を与える可能性があります。  すべての関係者が参加することは、プロジェクトの品質を向上させるかもしれませんが、新しい反復が始まるたびに、必要な変更を適切に評価するために、ユーザーからのテストやフィードバックが必要になる可能性が高いため、プレッシャーや不運な義務なども増加します。さらに、多くの関係者がプロジェクトに深く関わることで、望ましくない機能が発生する可能性もあります。この場合、ユーザーは各反復の変更を体験し、次のバージョンに追加すべき機能に対して常に新しい要求を出す傾向があります。 まとめ 反復型開発のプロジェクトは、非常にアジャイルでターンアラウンドが早いため、プロジェクトオーナーは、効果的に監視できる優れた管理ツールを必要とします。このようなプロセスを支援するパートナーを求めているお客様にNewwave Solutionsはいつでもサポートができます。高効率なソフトウェアの構築を始めるために、お気軽にお問い合わせください。

View more
June 5, 2022

Newwave Solutionsが選ぶソフトウェア開発フレームワークのトップランキング

この進化しているビジネス環境において、企業が新しい潜在顧客にアプローチするための最良の方法である、目立つオンライン外観を作ることは必須です。そのためには、ウエブサイトやソフトウェア、ウエブアプリケーションなど、適切なデジタルツールは欠かせません。ただし、それらを最初から作成すると、時間とリソースがかなり消費されます。そこで、ソフトウェア開発フレームワークが、企業の技術変革プロジェクトを支援するために使用されます。企業の技術革新プロジェクトを支援するソフトウェア開発フレームワークの出番となるのです。 ここでは、ソフトウェア開発フレームワークとは何かという説明と、最も人気のあるソフトウェア開発フレームワーク一覧とそのメリットとデメリットを紹介し、ソフトウェア開発を手間のかからないものにします。すべてのプロジェクトに適合するフレームワークはありませんが、それらの特性を理解することは、ビジネスに適したものを選択するのに役立ちます。始めましょう! 1.フレームワークとは何か、なぜ重要なのか? 具体的なフレームワークとその特徴を説明する前に、まずフレームワークとは何か、なぜ重要なのか、そしてその分類を理解しましょう。 フレームワークは、補助プログラム、コード、ライブラリー、およびプログラミング言語で構成されるソフトウェアシステムの独立したブロックであり、さまざまなコンポーネントを相互に関連付けて、大きなプロジェクトのさまざまなコンポーネントの開発と統合を容易にします。フレームワークは開発者を無駄なコーディングから解放し、ウェブサイト、ウェブアプリケーションプログラミングインターフェース、ソフトウェア、その他のリソースの開発のために、データストレージ、異なるプラットフォームでスムーズに動作できるセキュリティ機能など、一連の標準機能を備え、既に書かれたコードによって、コーディングとプロジェクト開発の進行を加速させることができるようにします。 フレームワークの利点は、開発とデプロイのスピードアップ、標準化されたコーディング手法と構造による迅速で容易な開発とメンテナンスプロセスなど、非常に多岐にわたります。エラーやバグを回避することで、開発者はデータ収集や構成などにより多くの時間を費やすことができます。 2.ソフトウェア開発フレームワークには何種類あるか? 技術的には、ソフトウェア開発のフレームワークにフロントエンドフレームワークとバックエンドフレームワークの2種類があります。フロントエンドフレームワークは、ユーザーが操作する視覚的な要素に焦点を当てるのに対し、バックエンドフレームワークは、バックグラウンドでの円滑な動作・機能を確保することに焦点を当てます。 両者の主な違いは以下の通りです。 3.ソフトウェア開発フレームワークタイプトップの詳細 3.1. React.js React.jsは、本格的なフレームワークではなく、JSインターフェースを記述するためのオープンソースのJavaScriptライブラリーであり、完全なコンポーネントベースのアーキテクチャがあり、SEOに対応し、分解が容易で、大規模なデータセットをレンダリングできる複雑なUIを構築するなど、最高のウエブフレームワークのすべての重要な機能を備えています。            React.jsは、HTMLベースのコードをページレイアウトに早く解釈することで、コードレンダリングを素早く可能にし、ウェブやアプリケーションのダイナミクスと応答性を向上させ、特にコードが変更されると、インターフェースが自動的に更新されるようにします。React.jsは複数のプログラミング言語をサポートしており、ハイブリッドモバイル開発(iOSとAndroidの両方)に便利な既存のコードに複数の新機能を統合できます。ウエブページに関して、React.jsは、コンテンツとキーワードを認識するインデックスボット向けの一連のツールを持つことによって、ページ上の複数のキーワードを最適化することができます。ただし、それは完璧ではありません。React.jsは依存関係が多いため、ナビゲーションしにくく、多くの容量を消費してしまいます。そのため、開発では、システムの効率を上げるために、追加のコンポーネントやコードコレクションをインストールする必要があります。 3.2. Angular Angularは、Googleがサポートする最も人気のあるJavaScriptベースのウエブフレームワークの1つです。Angularは、MVCアーキテクチャ、データ処理&管理、およびビルトインモジュールをサポートしています。このオープンソースのフレームワークは無料で利用でき、開発者はツールやプラグインをフレームワークにアップロードすることができます。また、Chrome、Firefox、Edge、Android、iOSなど複数のプラットフォームに対応しています。AngularはHTMLを使用してユーザーインターフェースを向上させ、モジュールでの機能を分割して複雑な機能を管理するのに適しています。また、豊富なインターネットアプリケーションの体験を作り出し、ブラウザでデスクトップ機能を提供します。ただし、HTMLを中心としたAngularの開発では、コントローラーの観点からコードを作成する開発者にとっては困難になります。 また、開発者はAngularを使用したモバイルバージョンのバグを報告しています。 3.3. Vue.js Vue.jsは、ウエブサイトやアプリケーションのスピード、柔軟性、インタラクティブなインターフェースを向上させるために使用されるフロントエンドフレームワークです。Vue.jsのコア機能は、他のプロジェクトのライブラリー、アドオン、およびAPIとの統合によって向上させることができるデータリアクティブツールをベースに開発されています。Vue.jsは、単一ファイルのコンポーネント、直感的なウィザードを備えたCLIプロジェクトジェネレータ、およびコードベースの可読性、機能性、スケーラビリティを高める多くのプラグインを備えています。Vue.jsを使用するもう一つの利点は、よく整理される明確なドキュメントで、他のフレームワークはほとんどこの標準に対応することができません。Vue.jsの人気を低下させる欠点は、学習が困難であることとコミュニティが小さいことです。リソースが少ないことは人気のあるアプリケーションに対する大きな欠点です。 3.4. Node.js Node.jsは、V8エンジンをベースにしたJavaScriptフレームワークで、フロントエンドとバックエンドのに使用することができます。このオープンソースのフレームワークは、Linux、Mac OS、Windowsなどで動作することができます。このフレームワークの主な利点は、システム全体を同じプログラミング言語で開発できるため、パフォーマンスが向上することです。これは、Node.jsの開発が、バイトコードをマシンコードにコンパイルするジャストインタイムコンパイラで進行するためです。ただし、Node.jsには、CPUに負荷をかけるパフォーマンスと長い開発時間という弱点があります。シングルスレッド言語には、CPU負荷の高いタスクに対応できません。また、バックエンドに単一のプログラミング言語を使用し、バックエンドの処理に合わせてプログラミング言語を調整すると、雑多な作業が発生し、コーディングにかかる時間が長くなることが多いです。 3.5. Ruby on Rails Ruby on Railsは、動的なバックエンドタイプのソフトウェア開発フレームワークの1つであり、データベース駆動型アプリケーションの構成に必要なすべてのもので構成されているため、高速アプリケーション、eコマースプロジェクト、およびMVP開発に最適です。Airbnb、Shopify、Huluは、Ruby on Railsフレームワークを使用しているウエブサイトです。このフレームワークの主な利点は時間効率で、巨大で活発なコミュニティによる豊富なツール、ライブラリー、リソースを備えていることです。ただし、柔軟性と進化性が欠けています。 さらに、大規模なプロジェクトを扱うため、フレームワークの起動時間が長く、パフォーマンスに影響を与えます。 3.6. Django Djangoは、ソフトウェア開発フレームワークの最も信頼性の高いバックエンドタイプの1つであり、構成に関する規約と DRY パターンにより、ウエブアプリケーションのセキュリティ、スピード、スケーラビリティ、柔軟性を向上させます。このフレームワークは、厳しい納期や難しい要件が要求されるプロジェクトに最適です。Pinterest、YouTube、Spotify、Instagramは、Djangoを使用している企業です。Djangoを選ぶべき理由は、信じられないほど速くプロジェクトを構築し、規模を広げること、オープンソースのフレームワークの中で最高のドキュメント群を持つこと、コンテンツ管理、機械学習から複雑なデータ分析に至るまで複雑なタスクを処理できること、などです。Django を選ぶかどうか検討する必要がある理由は、小規模なプロジェクトに向かない複雑な機能があること、規約がないため、進行が遅くなる場合があることです。 4. まとめ どのプログラミング言語を使用するかの決定は、開発者の能力、企業のリソース、スピード、セキュリティ、スケーラビリティなどの要件など、さまざまな要因によって異なります。開発プロセスの初期段階では、最終決定を出す前に、プロジェクトのさまざまなフレームワークの長所と短所を検討することが重要です。 各フレームワークの適切性を分析するために、一連の基準と優先順位を書き留めておく必要があります。 どこから始めれば良いか分からず、デジタル変革プロジェクト向けの費用対効果の高いオーダーメイドのソリューションを開発する信頼できるパートナーを探している場合、Newwave Solutionsチームはいつでも最適なアプローチを選択できるように支援しています。 今すぐお問い合わせください!

View more
Read all blogs

パートナー

800以上の信頼できるビジネスパートナー

Partner of Newwave Solutions - Successive Technologies
Partner of Newwave Solutions - Systango
Client of Newwave Solutions - iHouzz
Client of Newwave Solutions - Onkyo
Client of Newwave Solutions - Taketin
icon-balloons-shadow icon-balloons-shadow

問い合わせる

ベストなITソリューションをお探しですか?
contact-mail Newwave Solutions
メールでのお問合せ
[email protected]
contact-phone Newwave Solutions
電話でのお問合せ
+84 98 531 0203
contact-whatsapp Newwave Solutions
Whatsapp/LINEでのお問合せ
+84 98 531 0203
contact-sky Newwave Solutions
OUR SKYPE ID
NewwaveSolutions
contact-mail Newwave Solutions
FOLLOW US

Newsletter

      お話ししましょう!

      7日間で無料トライアル*-NDAによりの確保

      オフィス

      Newwave Solutionsは、世界中の複数のオフィスと開発センターで運営されています。 ソフトウェア開発サービスについては、お住まいの地域のオフィスにお問い合わせください。

      icon-map Newwave Solutions
      本社
      ハノイ
      Mitec Building, Duong Dinh Nghe Street, Cau Giay District, Ha Noi, Viet Nam
      View Map
      icon-map Newwave Solutions
      支社
      東京
      〒113-0034 東京都文京区湯島1丁目11-8
      View Map