chevron Newwave Solutions
Back

ブロックチェーン技術と開発についての完全ガイド

img-blog Newwave Solutions

本ガイドでは、ブロックチェーン技術・開発に関する詳細と、最適なブロックチェーンアウトソーシング開発サービスの選び方についてご紹介します。

ブロックチェーンは分散型の性質を持ち、現代においてアプリケーションを動かす主流の技術となっています。ブブロックチェーン技術に対する人々の信頼は、その人気と潜在的な固有の機能が成長するにつれて増し、その結果、世界中の多くの業界で広く採用されるようになりました。しかし、需要の高まりと実際のブロックチェーンの実装との間には断絶があり、ブロックチェーン開発に対する知識や理解の不足に起因するものです。

この記事では、ブロックチェーン開発の導入について技術の実装の経過状況を把握できるように徹底的にご説明します。

1. ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンは、取引、資産追跡、データおよびファイルの記録を支援するブロックと呼ばれる記録の不変のシーケンスです。ハッシュ値は、すべての情報を含むブロックを連携します。

ブロックチェーンは、暗号化を使用して取引を記録し、固定のデジタル元帳を使用して有形および無形の両方の資産を監視する分散型のピア・ツー・ピアコンピューターネットワークです。ブロックと呼ばれるこれらの取引は、その後、ネットワークに接続された各サーバーまたはノードに記録・複製・保存されます。

Delve into the world of blockchain technology and development
ブロックチェーン技術・開発の世界に踏み込む

ブロックチェーンは、一箇所に記録を保存する従来のデータベースとは異なり、基本的には様々な人が管理する分散型データベースです。つまり、DLT (分散型台帳技術) によって、ネットワーク上の各ノードに台帳のコピーが渡されます(誰でも自分の機器をノードとしてネットワークに接続して参加可能)。ある台帳情報に不一致がある場合には、他の参加者記録のコピー版と比較することで、判断できます。これにより、ブロックチェーン内に記録される情報は、完全に改ざんされなくなる仕組みになっています。ブロックチェーンのリアルタイムの変更により、すべてのユーザーに信頼できる唯一の情報源が作成され、すべての詳細が正確で信頼できるものになります。

ブロックチェーン開発は、金銭や不動産などの有形資産、著作権などの非物質資産を問わず、取引を安全に記録し、ネットワーク内の資産を監視する分散型台帳技術(DLT)を構築するプロセスです。ブロックチェーンアプリケーションをゼロから作成して実装するには、多くの作業と研究が必要です。開発プロセスの第一歩は、ニーズを満たす正しいブロックチェーンプロトコルとプログラミング言語を見つけて選択することとなります。ブロックチェーンアプリケーションを構築する際に考慮すべき最も重要な要素を纏めています。

これは、情報を迅速、正確、安全に共有できるため、多くの企業で役立ちます。

注文、アカウント、決済、製作、またはその他のデータを監視している場合でも、ブロックチェーンネットワークは、許可されたネットワークメンバーに透過的な配信とストレージを提供します。

2. ブロックチェーンプログラミング言語

ブロックチェーンアプリケーションを開発する場合、考慮すべきプログラミング言語がいくつかあります。C ++、Python、Go、Java等のクラシックなプログラミング言語から始めることも、Simplicity(簡潔性)やSolidity(堅牢性)等のより複雑なブロックチェーンに特化した言語へ進むことも可能です。

    • Simplicity(簡潔性):ブロックチェーン上のスマートコントラクトを構築する際に採用されます。静的解析を活用したシンプルな言語であり、Ethereum Virtual Machine(EVM)やBitcoin Scriptなどの暗号通貨の基本言語からのステップアップと考えることができます。
  • Solidity(堅牢性):静的型付けされたブロックチェーンプログラミング言語であり、主にEVMベースのスマートコントラクトを作成するために使用されます。この言語を使うと、自己制御型のビジネスロジックをスマートコントラクトに簡単に実装することができ、否認不可能で権威ある取引記録を残すことができます。

     ブロックチェーンプログラミング言語についてもっと読む 

3. なぜブロックチェーンは「破壊的技術」なのか?

ビットコインを支える画期的な技術であるブロックチェーンは、普及が遅れています。ブロックチェーン技術は、ここ数十年で最も革命的な技術の一つとして評価されて、集中型サーバーベースのインターネットアーキテクチャから暗号透過型ネットワークへの移行の中心に位置するものです。ブロックチェーンは非常に大きな可能性を秘めています。

ブロックチェーン技術によって信頼が醸成される

基本的には、「2つの当事者間の取引を効率的かつ検証可能で恒久的な方法で記録することができるオープンな分散型台帳」です。中央集権型サーバの代わりに、情報のブロックがブロックチェーン上の分散型ピアツーピアネットワークに保存されます。データの各ブロックは誰も利用でき、後続のすべてのブロックに影響を与えず、ネットワークコラボレーションなしで遡及的に変更することはできません。現実には、信頼を生み出すブロックチェーンテクノロジーの最も素晴らしい特徴は、透明性と分散化であり、情報やお金の所有権を確認するためのペーパーレスアプローチを提供します。

第三者の仲介者は暗号技術によって置き換えられます。インターネットで送金するとどうなるか考えたことがありますか?簡単な手順のように見えますが、実は時間がかかるもので、双方の会計士や簿記係が、送金が正しく行われたことを保証するために、様々な書類を保管しています。ユーザーにとっては、長い待ち時間とトランザクションコスト、そしてヒューマンエラーの可能性を意味します。

しかし、ブロックチェーンテクノロジーには、仲介者の必要性を完全に排除することができます。ブロックチェーンテクノロジーが使用されれば、ピアツーピアのコンセンサスアルゴリズムをトランザクションを公開的に記録・検証するので、手作業による銀行の検証が不要になります。これにより、金融取引のコスト、遅延、全体的な複雑さを削減することができます。

別の言い方をすれば、ブロックチェーンは「第三者である仲介者を信頼の管理者として置き換え、すべてのプレーヤーに対して複雑なアルゴリズムを実行してシステムの完全性を検証する」ということです。当事者が互いに直接資産を譲渡し、情報の所有権や著作権を迅速に確認する場合、ブロックチェーンを使用することで諸経費を削減することができます。

グローバルな導入 

ブロックチェーンは、信頼を管理するための新しいアプローチを提供し、組織の透明性、分散化、効率性、安全性を高めるのに役立つ可能性があります。IDCによると、2018年に世界で21億ドルがブロックチェーン技術に費やされました。Netscribeによると、ブロックチェーン領域は2022年まで毎年42.8%成長すると予想されています。

Blockchain offers a new approach to help organizations become more transparent and secure
ブロックチェーンは、組織の透明性と安全性を高めるための新しいアプローチを提供する

バークレイズなどの大手銀行は、ビットコインを支えるテクノロジーであるブロックチェーンを統合し、業務の高速化、効率化、安全性の向上に努めています。このテクノロジーは、トランザクションの透過的で分散化された永続的なドキュメントが可能になるため、特にサプライチェーン管理に役立ちます。

保険契約のデータ認証から、ピアツーピアのライドシェアアプリの分散版構築、内部で相互作用して不具合を解消しソフトウェアを更新できるIoTガジェットの分散型ネットワークなど、このテクノロジーの可能性は無限大です。より大きな規模では、ドバイが政府のセキュリティと効率性を高めるために、2020年までにすべての書類をブロックチェーン上に置くことを計画しています。

ビジネスオペレーションの自動化 

どの企業も業務の効率化に努めて、それが収益の増加につながります。組織のプロセスにブロックチェーンを導入することで、以下のような様々なメリットがあります。

  • クラウドストレージがより使いやすく、透明性が高く、安全であるため、ユーザーが必要な情報に瞬時にアクセスすることが可能になります。
  • ネットワーク上に保存される、迅速で安全な金融トランザクションによって、将来のトランザクションを迅速化することができます。さらに、ネットワーク上に保存されたデータは、確認のためにいつでも正確かつ容易にアクセスすることができます。2つの当事者間の契約の締結と管理を自動化するスマートコントラクトが実装可能になります。
  • 組織のパフォーマンスを向上させるには、ビジネスオペレーションを最適化する必要があります。ブロックチェーンは透明性をもたらし、中央集権の必要性を排除することができるため、企業がプロセスを変更して効率性を高めることができます。

4.ビジネスにおけるブロックチェーン活用の長所と短所

4.1. ブロックチェーンの長所 

ブロックチェーンは、金融サービス、サプライチェーン、政府、ヘルスケア、小売業など、様々な業界でビジネスモデルを変えるために利用されています。ブロックチェーンがビジネス上にもたらす多くのメリットは、以下の通りです。

  • 透明性

ブロックチェーンの利用により、トランザクションの履歴がより可視化されます。ブロックチェーンは分散型台帳であるため、ネットワークの全メンバーが最新版の台帳にアクセスすることができます。台帳はネットワークのコンセンサスによって検証されるため、全員が同意するという意味です。

一つのレコードが変更されると、将来のすべてのレコードが変更されることになります。その結果として、ブロックチェーンに保存されたデータは、より安全で、よりレベルの高い透明性で、アクセスを許可された人だけが見ることができます。

  • 追跡可能性

複雑なサプライチェーンで交換される商品を管理している組織では、商品の出所を追跡することがいかに困難であるかはご存じでしょう。ある場所から別の場所への商品供給をブロックチェーンに記録すると、商品がどこから来たのか、途中の各停留所を追跡できる包括的な監査証跡を得ることができます。

ブロックチェーンの記録は、商品の真正性を確認し、不正行為から保護するために使用することができます。

  • スピードの向上

従来の方法は、「紙ベース」「時間がかかり」「第三者による真正性検証に失敗しやすい」といった問題がありました。業務を自動化・効率化することで、迅速かつ安全にトランザクションを完了することができます。ネットワークメンバーで共有するデジタル台帳で記録管理できるため、複数の台帳を管理する必要がありません。ネットワークに参加している全員が常に同じ情報にアクセスできるため、迅速な解決が可能になります。

  • コスト削減

殆どの企業では、コスト削減を優先しています。ブロックチェーンでは、ネットワークメンバー全員がコンセンサスによってすべてを確認するため、信頼を構築するための仲介者や第三者を必要としません。トランザクションを完了するために、誰もが不変のバージョンにアクセスできるため、文書を評価する必要がなくなります。

4.2ブロックチェーンの短所

ブロックチェーンシステムが成熟し、新しいユースケースが生まれるにつれ、ブロックチェーン開発者は、セキュリティ、スケーラビリティ、分散化という3つの大きな課題に直面することになります。開発者は、トレードオフを損なわずにこれらの難題に対処することを任されて、この状況が「ブロックチェーンのトリレンマ」として知られています。

  • 非中央集権

各業界がブロックチェーンを活用する大きな理由の1つは、分散化です。

例えば、ブロックチェーンテクノロジーにより、企業が銀行に資産の完全管理を委ねることなく、ビットコインを購入・保管することができます。トランザクションは、コンセンサス(1つの個別ノードではなく、ノートのグループ)によって検証されます。これらのトランザクションは、一度検証されると変更することができません。

いくつかの確認がコンセンサスを達成するのにかかる時間は、非中央集権のトレードオフです。ブロックチェーン開発者の課題は、このプロセスを高速化する手段を見つけることです。

  • スケーラビリティ

ブロックチェーンが、需要の増加に応じて増加するトランザクションを処理できるかどうかは、意図したとおりに動作し、かつ不正侵入から自己防衛できるかどうかにかかっています。特にブロックサイズが大きくなると、スピードは再びトレードオフの関係となります。

ビットコインのブロックは当初、サイバー攻撃の危険性を軽減するために1メガバイトに制限されていました。一方、各通貨は無限でトランザクションを記録する可能性があり、トランザクションのたびにブロックサイズが大きくなっていきます。その結果、ブロックのサイズが設定した制限を超え、処理が遅くなる可能性があります。

ブロックサイズの課題はビットコインから始まりましたが、ブロックチェーン開発者はパフォーマンスを損なうことなくブロックサイズを大きくするかどうかを判断するため、他のブロックチェーンアプリケーションに影響を与えることになるでしょう。

  • セキュリティ

ブロックチェーン開発の利点の1つはセキュリティですが、開発者にとって難点でもあります。ブロックチェーンは安全なテクノロジーとして認識されているため、サイバー犯罪者のターゲットとなります。ブロックチェーンのセキュリティを損なうものは、非中央集権とスケーラビリティを脅かし、影響を及ぼすことになります。セキュリティ侵害が発生した場合、規制当局の監督なしに介入できる中央集権的な存在がありません。

ブロックチェーンにおけるセキュリティ侵害は珍しいことですが、そのアーキテクチャに認められた欠陥を悪用した人もいます。開発者は、ビジネス上のメリットと包括的なセキュリティの両方を提供するブロックチェーンネットワークを構築しなければなりません。

ブロックチェーンソリューションの設計にはハードルがありますが、このテクノロジーがまだ初期段階にあることを忘れてはいけません。テクノロジーは常に進化しているため、ブロックチェーン開発は明るい未来が想像できます。

5. ブロックチェーン技術の活用事例

無限の可能性を秘めているブロックチェーンは、以下のような様々な方法で既存のビジネスオペレーションに組み込むことができます。

  • ビジネストランザクションに対して

ビットコインやその他の暗号通貨を支えるブロックチェーン技術は、貿易に革命をもたらす準備ができています。仲介者がいないため、手続きが迅速化されるだけでなく、リーズナブルなコストで安全に送金することが容易になります。実際に企業で活用されている事例を紹介します。ブロックチェーンは、Bitwage、Abra、Coinpipによって、送金や給与処理に利用されています。

  • 分散型クラウドストレージとして

Storj社が行ったように、ブロックチェーンを活用して、より迅速、便利、かつ安全なクラウドストレージをクライアントに提供することも可能です。 この場合、評判の良い「BaaS」というサプライヤーと協力する必要があります。

  • スマートコントラクトとして

スマートコントラクトは、制限を回避し、多数の金融トランザクションのコストを削減するために使用することができます。最も良い点は、これらの契約が安全で不可侵であることです。

ブロックチェーンを活用し、エンドパーティーの双方が適用条件に同意した後、スマートロックを解除することで消費者が何でもレンタルできるイーサリアムベースのIoTプラットフォーム「Slock」は、現在のアプリケーションの1つです。一方、「Synaps」は、ブロックチェーンを利用してマイクロローンを発行しています。

  • ノータリーサービスとして

ブロックチェーンの発展は、公証の形成や認証のために考慮される可能性があります。次は実例を紹介します。スマートフォンのマルチメディアプラットフォームである「Uproov」は、ユーザーがブロックチェーンを通じてアップロードした画像、動画、音声の録音を基にした公証サービスを提供しています。

  • サプライチェーンの管理

サプライチェーンのメカニズムは、様々な実体からのコンポーネントの交換に関連するため、一方の端で障害が発生すると、オペレーション全体に影響を及ぼす可能性があります。この問題に対処するために、ブロックチェーン技術を活用して、すべての関係者がプロセス全体を監視できる安全かつ永続的な監査可能なレコードを作成することができます。実例ですが、SkuChainとProvenanceは、ブロックチェーンを使用してサプライチェーンの効率を向上させる2つの企業です。

One of the most promising applications of blockchain technology is supply chain management
サプライチェーン管理(ブロックチェーン技術の最も有望なアプリケーションの1つ)
  • デジタル識別プロセスにおいて

ブロックチェーンをデジタル識別プロセスで使用し、不変で、反駁できない安全なデジタルIDを提供することができます。その結果、不正行為の懸念が減り、よりスムーズなサインイン体験ができるようになるでしょう。

実際のアプリケーションの一つとして、ブロックチェーンを活用して、モバイルデバイスで個人のIDを検証する「ShoCard」があります。

  • ブロックチェーン暗号化キー

ブロックチェーン暗号化キーは、キーのペア、秘密にされている秘密キー、およびネットワークにブロードキャストされる公開キーに依存する暗号化システムです。

  • ロイヤリティとリワードプログラムにおいて

ブロックチェーンは、仲介者を排除することにより、ギフトカード、インセンティブ、その他のロイヤリティプログラムをコスト効率の高い方法で企業が消費者と結に役立ちます。

似たような企業や事例をお探しですか?ビットコインAPI開発企業のChainとGyftのコラボレーションであるGyftBlockは、パブリックレジャーで取引できる安全なデジタルカードを提供しています。

ブロックチェーン技術の領域に精通している時、自分の組織にブロックチェーン技術のアプリケーションに導入したらどうでしょうか。 ブロックチェーンでお金を稼ぐ方法について、戦略があるのか、それともまだわからないのでしょうか?多くの業界がブロックチェーンの開発により、運用効率や競争優位の面で利益を受けることができます。

    • 不動産:正確な土地と財産の所有権記録
    • 金融:グローバルな決済・税務・グローバル仲介のコスト低減、マネーロンダリング防止
    • サプライチェーン:サプライヤーから顧客までの正確な資産追跡

6.ブロックチェーン開発のコスト

ブロックチェーンベースのプラットフォームやアプリケーションの開発コストを評価する際、以下のケースを考慮しましょう。

  • 内部のチームでブロックチェーンアプリケーションを作成する
  • フリーランサーを利用してブロックチェーンアプリケーションを作成する
  • ブロックチェーン開発企業を利用してブロックチェーンアプリを作成する

内部の開発チームと協力することは費用がかなりかかりますが、ブロックチェーン開発をよりよくコントロールできるようになります。 ソフトウェア開発が本業であれば、この道を進むべきです。 一方、フリーランスのブロックチェーン開発者を雇うことは、より安価ですが、危険性が高いです。 短期のプロジェクトではフリーランサーを使用することが勧められますが、プロジェクトの範囲が拡大するにつれて、リスクへの配慮が高まる可能性があります。

大規模なプロジェクトの場合、サードパーティ企業との連携が現実的な選択となります。ブロックチェーン企業は幅広い知識を持ち、開発プロセス全体を通じて支援することができます。ブロックチェーン企業は、内部の開発チームよりも安価です。

ブロックチェーンアプリ開発のコストに影響する要素は下記の通りです。

  • 必要なブロックチェーンアプリの種類
  • ブロックチェーンプロジェクトの複雑さ
  • アプリ開発者
  • プロジェクト管理ツール
  • サードパーティのソフトウェア登録のコスト

7. ブロックチェーンアウトソーシング開発サービスの選び方は?

7.1. どのタイミングでブロックチェーン技術を開発・導入するか?

ブロックチェーン技術には多くのメリットがありますが、技術はすべての企業やプラットフォームの問題を解決できる万能ではないことを覚えておくことが重要です。ブロックチェーン開発が自社に最適かどうかを判断する前に、以下の質問を考えておきましょう。 

  • データの保管場所が必要なのか? 

もし必要であれば、ブロックチェーン導入に急ぐ必要はないかもしれません。まず、どの程度の容量のデータを保存するかを把握する必要があります。例えば、中小企業であれば、ローカルにデータを保存できるため、コストなどがかからないと考えられます。

一方、多くのデータを保存する大規模データベースが必要で、多くのユーザーを抱えるような大企業であれば、ブロックチェーン技術を導入すると全員が利用できる透明性の高い最新の台帳を提供します。

  • あなたの会社では、取引時に遅延が発生しているか? 

ブロックチェーンは、一部の動作を遅くする障害を取り除くことができますが、アクセラレータを使用せず、高い速度の取引を提供することはできません。取引速度より、アプリのセキュリティを重視する場合は、ブロックチェーンソリューションが適していると考えられます。

  • 第三者による承認は必要か? 

データの管理や認証のために、特定の企業では仲介業者が必要な場合があります。その際にブロックチェーンを利用する意味がありません。一方、ブロックチェーンは、第三者のソリューションを必要としない企業にとっては、完全な透明性で、各企業間の合意による認証を可能にする理想的なソリューションとなります。また、また、仲介業者を介することで発生するコストや遅延も削減できます。 

7.2.ブロックチェーンアウトソーシング会社に依頼する理由について

自社サイトへ訪問してくれたのはソフトウェア開発に興味があるからでしょう。しかし、技術部門は、モバイルやウェブアプリだけでなく、さまざまなものを含んでいます。例えば、ネットショップを立ち上げようとしているスタートアップ企業であれば、財務管理に興味がないかもしれません。

クレジットカード情報を求めるのは簡単ですが、ユーザーの個人情報への不正なアクセスや、最悪の場合、システム全体を乗っ取られることがないようにするには、どうしたらよいでしょうか。ブロックチェーンは、送金や決済処理の要件に対応する実用的なソリューションです。

しかし、ブロックチェーンは単に市場にある他のプログラムと同じではありません。ブロックチェーンはシステムやアプローチであり、ブロックチェーン業界の専門家はそれを理解するためにかなりの時間を費やしてきました。

Dapp(分散型アプリ)の開発者は、ビットコインのような分散型アプリを構築して他の企業にサービスを提供し、うまくいけば市場のトップに立つことができるよう支援できます。また、ブロックチェーンのコア開発者は、あなたの技術が使用するためのブロックチェーンシステムの構築を支援することができます。

7.3.ブロックチェーン開発者の採用方法

ブロックチェーン開発者を雇うときに何を探せばいいのかわからないと、難しいかもしれません。ブロックチェーンは、JavaScriptやPythonのような単なるプログラミング言語ではなく、企業資産を守る方法をより良いものにするために、革命を起こす力があります。

自分で開発者を雇うには、かなりのソフトウェア開発経験が必要であり、高濃度かつ実践的な手順が必要です。

Newwave Solutions Office
企業ごとに適した開発者を慎重に選ぶことが重要!

最後に、技術的な専門知識がない人に採用活動を任せたくないでしょう。もしあなたが技術者ではなく、採用プロセスについてもっと学びたいとお考えなら、当社は素晴らしいリソースを提供しています。そうでない場合は、開発者の手配やアドバイスなどについて、Newwave Solutionsまでお気軽にご連絡ください。

7.4.ブロックチェーン開発会社に求めるべき資質とは?

ブロックチェーンのコア開発者

  • 合意(コンセンサス)及び、ブロックチェーンのプロトコル、セキュリティパターンやネットワークアーキテクチャを構築できる
  • ネットワーク全体を管理することができる
  • Rust、Go、C++、Javaなどのブロックチェーンに適した言語での開発方法に関する知識を持つ

ブロックチェーンソフトウェア開発者

  • インタラクティブなDAppのデザインを行うためのフロントエンドプログラミングの専門知識 を持つ
  • スマートコントラクトやオンラインまたはモバイルアプリにブロックチェーン技術を活用した開発経験を持つ
  • ブロックチェーン運用のためのバックエンドプログラミングの専門知識を持つ

7.5.なぜブロックチェーン開発はベトナムに委託されるのか?

有能なブロックチェーン開発者を雇用しようとしているのであれば、ベトナムの技術市場を評価する際に留意すべき、ベトナムのブロックチェーン開発者に関する3つの事実をこれから紹介します。

まず、ベトナムにはあなたが思っているよりも多くの優秀なブロックチェーン開発者がいます。

ベトナムは、ブロックチェーンの知識を持つソフトウェアエンジニアを採用する潜在的な国であり、市場にはおよそ40万人のIT技術者が存在しています。

ベトナムのソフトウェア開発者の間で最も一般的なプログラミング言語は、Java、Python、C#、C++です。これらは、ブロックチェーンに最も知られているプログラミング言語です。

ベトナムで発展しているブロックチェーンビジネスは、実践的な経験を積んでいる。

ビットコイン分析企業のチェイナリシス(Chainalysis)によると、2020年のビットコイン投資獲得額でベトナムは3億5100万ドルで13位でした。さらに、2021年のドイツの調査会社スタティスタ(Statista)が実施した「グローバル消費者調査」によると、ベトナムはビットコインの普及率、世界74か国中2位でした。 

政府は、ブロックチェーン開発を含むデジタル技術の活用を目標に2017年にブロックチェーンを活用したベトナムの未来型スマートシティ構想を開始しました。

仮想通貨の人気が高まり、スタートアップのエコシステムが展開しているベトナムは、ブロックチェーンエンジニアが実践し、貴重な職務経験を得るのにうってつけの環境です。ベトナムのブロックチェーン開発者(リモート)を雇用すれば、各雇用のコストを30%節約できる可能性があります。

2021年10月のsalaryexplorer.com によると、2年未満の経験を持つブロックチェーンエンジニアにはシンガポールで月額約4,330SGDです。一方、ベトナムで3,000SGD程度でプロのブロックチェーンエンジニア(リモート)を雇うことができます。

ベトナムで盛んでいるブロックチェーンソフトウェア開発者のコミュニティ 

ベトナムには、ブロックチェーンの専門家やファンの活気あるネットワークが存在しています。ベトナムで毎年開催されるブロックチェーンのイベントには、ベトナムブロックチェーン・デー、ベトナムブロックチェーン・ウィーク、ベトナムモバイル・デー、ベトナムWebサミットなど、多くのデジタル大国が参加する世界規模のカンファレンスが含まれています。 

Blockstack VietnamやBlockchain Vietnam Meet-Upなどの現地組織やコミュニティは、ブロックチェーンや仮想通貨の愛好家向けに頻繁に交流会(meetup.comを利用)やワークショップを実施しています。 

このようなイベントに参加することで、技術力、英語力ともにニーズに合った正社員を見つけることができます。

信頼できるソフトウェア開発会社がすぐに見つかる。

LinkedInの検索結果を簡単に確認すると、ベトナムには数百のソフトウェア開発企業があり、1万人以上のソフトウェア開発者がいることがわかりました。また、ベトナムや他のアジア諸国には、評判の高いブロックチェーンソフトウェア開発企業が多数存在しています。

多くの企業が、ベトナムのソフトウェアプロバイダーにソフトウェア開発プロジェクト(ブロックチェーンプロジェクトを含む)をアウトソーシングすることで利益を得ています。ブロックチェーンの能力もさることながら、Newwave Solutionsはゲーム、エンターテイメント、教育、ビジネスインテリジェンス、フィンテックなどの異なる分野でプロジェクトを成功させた実績を持っています。

多機能を備えたブロックチェーンPoCアプリケーション - ブロックチェーン技術
Newwave Solutionsの専門家はブロックチェーン開発プロジェクトに長年の経験がある

8. まとめ

ブロックチェーン開発チュートリアルはお役に立ちましたでしょうか?

上記のような知識や事例を紹介したことで、独自のブロックチェーンアプリ開発コンセプトを始めるでしょうか?何か良いアイデアがあればぜひお聞かせて下さい!

アプリ開発のアイデアをさらに価値あるものにするために、評判が良く信頼できるブロックチェーン開発会社であるNewwave Solutionsにご連絡ください。 

ブロックチェーン開発会社をお探しなら、Newwave Solutionsにお任せください。

「夢みるだけでなく、行動せよ!」

電話番号:+84 98 531 0203

Eメール:[email protected] 

Leave a Reply

Your email address will not be published.