Language IconLanguage Icon
chevron Newwave Solutions
Back

2022年 「ブロックチェーン開発言語」のトップ5

img-blog Newwave Solutions

ブロックチェーンやコントラクトベースのアプリケーションを開発するには、プログラミング言語の多様なプールを習得することが重要です。 このガイドでは、2022年の最も人気のあるブロックチェーン開発言語についてご説明します。

ブロックチェーン技術の成長は、金融、教育、医療、Eコマース、製造、公共セクター、非営利に至るまで、あらゆる業界で目覚しいものがあります。ブロックチェーン市場は、複数のセクターにわたる事業主および投資家の激しい採用や投資により、2026年末には70百万米ドルに達すると推定されます。ブロックチェーンは、非接触型決済、暗号通貨など、多くの不可能なことを可能にしていました。このような素晴らしい成果の開発に力を与えるために、プログラミング言語の成長が必要であり、この記事でそれぞれのメリットとデメリットを詳しくご説明します。それらは何かさっそく見ていきましょう!

1. 2022年 「ブロックチェーン開発言語」のトップ5

2022年 「ブロックチェーン開発言語」のトップ5
2022年 「ブロックチェーン開発言語」のトップ5

1.1. JavaScript

一般的に最も人気のあるプログラミング言語は、JavaScriptであり、既存のWebサイトの95%以上が何らかの形で適用されています。したがって、開発者が習得すべき最高のブロックチェーン開発言語の1つであることは、驚くことではありません。JavaScriptの人気は、NodeJS、React、Angularなどを含む幅広いプログラミングフレームワークによって、開発者が非同期アクションを簡単に処理できるようになります。ブロックチェーンアプリの開発において、JavaScriptは複数のノート間の通信と連携を制御し、ソリューションのスケーラビリティとアクセシビリティを向上させることが可能です。それに加えて、JavaScriptはプロトタイプベースの言語が統合しやすく、オブジェクト指向であることから、ほとんどのIT企業で使用されています。JavaScriptは学習しやすい言語であり、利用可能なリソースも豊富なため、初心者も簡単にこのプログラミング言語をマスターすることができます。しかし、typescriptを使用して解決できる弱く型付けされたものや、動的レベルが低いなど、いくつかの小さな制限もあります。NEO、NEM、IOTA、Hyperledger、Ethereumは、全てJavaScriptを使用するプラットフォームです。

1.2. C#

C#はマイクロソフト社の製品で、2000年に開発され、毎年更新されています。Visual Studio 2019の16.3バージョンと共に、2019年に最新版がリリースされました。C#は、オープンソースでブロックチェーンに最適なプログラミング言語の一つであり、開発者はAndroid、Mac、Windows、Linuxなどの複数のシステムで動作する移植性の高いコードを容易に開発することができます。C#は、アプリケーションのパフォーマンスを最大化することを目的としたオブジェクト指向プログラミング言語です。さらに、強い型付け、新しい開発者の学習と知識の交換をサポートする言語を使用する強力なコミュニティ、.NETのサポートとMicrosoftによるサポートなど、C#を使用することとしての幅広いメリットがあります。それでも、Windows向けの言語であること、Linuxへのサポートが不十分、JavaScriptと比較して難易度が高い等の制限があることを指摘しておかなければなりません。NEO、IOTA、Stratisは、C#を使用するブロックチェーンプラットフォームです。

1.3. C++

また、ブロックチェーン開発言語として、C++も劣らず人気があります。C++を使用するブロックチェーンプロジェクト数量は、他のどのプログラミング言語よりも多くあります。背後にある理由は、メモリに対するプリミティブな制御、高度なマルチスレッド、ランタイムポリモーフィズム、オーバーローディング等の強力な機能と性能があるためです。それに加えて、開発者はさまざまなオブジェクト指向プログラミングの機能を使って、データと機能を1つのモデルに簡単にまとめることができます。さらに、C++では、データを効率的にコピーするためのセマンティクスの移動、効率的なメモリ制御とCPU管理、並列・非並列スレッドの容易な実行、性能を高めるためのコンパイル時ポリモーフィズム、他のC言語と同様に、異なるデータ構造に適したコード分離が可能です。他のプログラミング言語と同様、C++にはコードの冗長性、デバッグの複雑さ、ガベージコレクションをサポートしていないこと等の制限があります。難易度に関しては、JavaなどのC言語よりもC++の方が、学習リソースがあるにもかかわらず、開発者はより多くの努力を払わなければなりません。現在、Bitcoin、QTUM、Stellar、EOS、Monero、Litecoin、RippleがC++を使用したブロックチェーンです。

1.4. Java

ブロックチェーンアプリ開発の分野では、Javaは高度にインタラクティブなWeb、アプリ、シンプルで不変のブロックチェーンの開発に適したプログラミング言語として上位にランクインしています。ブロックチェーンJavaは、C派生構文に基づいて開発されており、低レベルと高レベルの両方の機能がほぼすべてのブロックチェーン部分にアクセスすることができます。現代の開発者がJavaでブロックチェーンアプリの作成を始めるには、非常に強力でアクセスしやすいプログラミング言語です。ブロックチェーンの主な利点は、ブロックチェーン・ネットワーク上で多数のユーザーを同時に処理できる可搬性とマルチデバイスアーキテクチャです。Javaは、オブジェクト指向プログラミングを強力にサポートし、メモリのクリーニングやメンテナンスが容易で、OSに依存せず、あらゆるデバイスで実行でき、リソースを共有できる大きなコミュニティを可能にします。しかし、Javaの制限は、GolangやC++と比べてパフォーマンスが低く、インストールするにはJava仮想マシン(Java Virtual Machine)が必要です。NEO、NEM、IOTA、およびHyperledger Fabricは、Javaを使用したブロックチェーンです。

1.5. Solidity(堅牢性)

現代のシンプルで効果的なプログラミング言語というSolidityはC++、JavaScript、Powershellをベースに構築されています。この最新のブロックチェーン開発言語は、特にEVM(Ethereum Virtual Machine)上で実行されるスマートコントラクトに対して、世界で最も急速に成長し、採用されているものの一つとして知られています。ブロックチェーン開発専用に開発されたため、開発プロセス中には、Javascriptデバッガ、インフラ、その他のツールへのアクセス性、静的型付けプログラミング、スマートコントラクトの精度向上と継承性など複数の問題を解決できます。この素晴らしい言語は、開発者がブロックチェーンを開発できるようになるために習得しなければならないものだと言われています。しかし、他のプログラミング言語と同様に、標準ライブラリの制限による複雑な使い方、配列や文字列の構造、開発時のバージョンアップの制限などのデメリットもあります。大勢のいる開発者は、学習者がアクセスできるコースやリソースがたくさんあるため、JavaScriptと比較してSolidityを学ぶのは難しくないと述べていました。Tendermint、Counterparty、Ethereum、Ethereum Classicは、Solidityで開発されたブロックチェーンです。

2. まとめ

結論として、それぞれのプログラミング言語にはメリットとデメリットの点があります。したがって、企業は自社のビジネス状況とニーズを慎重に分析し、最適なテクノロジーソリューションを提供するために最適な言語を選択することが重要なのです。「ブロックチェーン開発の始め方」、「社内チームを採用するか、アウトソーシングサービスを選択するか?」、アウトソーシングの場合「何を基準に選べばいいのか?」「ブロックチェーン開発で信頼できるパートナーはどんな会社なのか?」など悩んでいる方は、ブロックチェーン開発に特化した記事一覧をご覧いただくか、Newwave Solutionsコンサルタントチームまでお気軽にお問い合わせください。Newwave Solutionsは、ブロックチェーン開発アウトソーシングのトップ企業であり、熱意ある専門家チームは、様々なコンセンサスアルゴリズムとブロックチェーンを活用した数千のプロジェクトで、何百もの評判のブランドと協力してきました。私たちは、過去に各業界のニーズに合わせたブロックチェーンソリューションの開発に成功し、お客様のビジネス目標を確実に達成するための必須スキルを身につけています。パートナーになっていただいた方には、ビジネスの収益性を高めるために、エコシステムと戦略全体をコンサルティングし、支援します。

それでは、今すぐNewwave Solutionsとコラボレーションしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.