chevron Newwave Solutions
Back

最もシンプルなアジャイルフレームワークへの Newwave Solutions のガイド:カンバンソフトウェア開発モデル

img-blog Newwave Solutions

各フェーズでのソフトウェア開発プロセスや価値創造を可視化することは、かんばんソフトウェア開発モデルの不可欠な要素です。

1940 年代後半に大野耐一という日本人エンジニアによってカンバンが開発されるまでは、スクラム (タイムボックス、ルール、および一連の作業をタイムリーに配るための厳格な役割割り当ての方法) が最も人気のあるアジャイルアプローチでした。その主な理由は、開発を常に前進させながら、市場の変化に対する柔軟性と適応性を高めるワークフロー管理方法を求めたためです。

カンバンは、規律と適応性のバランスを取るソリューションであると考えられており、ボード上でプロジェクト全体を可視化して、プロジェクトの透明性とチームメンバー間のコラボレーションを高めることで、市場の需要に効果的に対応することを可能にしています。 

カンバンは最もシンプルなフレームワークの1つでありながら、開発プロジェクトを効率的に管理&追跡することができると同時に、既存の組織設定との互換性があると開発者は述べています。それでは、カンバン方式をもう少し詳しく見てみましょう。

1.カンバンソフトウェア開発モデルとは?

Kanban Software Development Model - カンバン
カンバン

カンバンの最初のコンセプトは、日本のメーカーであるトヨタ自動車が、不況の中で欧米企業との競争について絶望したことから始まりました。彼らは、少量の在庫を迅速に処理するシステム(後にジャストインタイム生産と呼ばれる)の実験を開始し、競合他社を凌駕し、数十年にわたって持続的な優位性を確立することに成功しました。

この方法の原則は、明確に定義されたプロセスであり、別途ステップ、小さなバッチサイズ、継続的な流れを制限する仕掛品の最適化、世界中の業界で広く適用されている廃棄物の排除で廃棄物を削減し、持続可能性と収益性を向上させています。

ソフトウェア開発用の現代のカンバン方式は、トヨタの物理的な組立ラインとはかなり異なっています。基本的な違いは、物理的な製品や原材料ではなく、開発者の頭の中にある知識で機能することです。しかし、可視化プロセスがカンバンの価値創造であることに変わりはありません。組立ラインでは簡単にできることですが、ソフトウェア開発ではずっと難しいことです。

2.カンバンの基本要素 – いつカンバンを使うか?

規律と柔軟性のバランスは、「可視化」「プロセス内の作業の制限」「フローの重視」「継続的改善の最適化」という4つの基本要素によってもたらされるものです。

  • 可視化

カンバン可視化ボードを作ることは、ソフトウェア開発プロセスの最初のステップです。それは、プロセス全体を通して、すべての作業とワークフローの視覚的なイメージを含むのが一番良いです。プロジェクトチームは、プロジェクトを「未対応」から「完了」に移行するための明確なステップを理解し、視覚化する必要があります。典型的なステップとしては、プロジェクトオーナーの要件収集→設計→実装→品質保証→デプロイ→メンテナンス・アップグレードがあります。また、プロジェクトチームは、プロセスに沿った作業(カンバンカード)、遮断物、ボトルネック、キューを可視化しなければなりません。

このような形のコラボレーションは、チーム全体のコミュニケーション、協力、説明責任、透明性の向上に即座につながります。これは、共通の目標を達成するために強い協調性を必要とするソフトウェア開発チームにとって非常に重要なことです。

  • プロセス内の作業制限

プロジェクトチームは、新機能の開発、バグ修正、保守作業など、長いToDoリストに圧倒されてしまうことがよくあります。重要なのは、規律正しく、計画的な方法で優先順位が高い作業を認識し、完了することです。そこで、カンバン方式ソフトウェア開発モデルが登場し、このような問題を解決してくれます。プロセス内の作業を制限することは、カンバンソフトウェア開発プロセスにおける大切な概念です。具体的には、タスクの切り替えや項目の再優先順位付けによる問題を回避するために、未完成の作業を制限するのです。それに加えて、WIPを制限することで、プロジェクトがより速く進み、エラーが減り、より効果的になります。

  • フローにフォーカス

フローとは、開発タスクがカンバンシステム内を移動する方法のことです。タスクが、わずかな遅れで、あるステップから別のステップへ、かなり直線的に移動できる場合、それは良いフローです。もし、タスクが突然止まったり始まったりして、待ち時間が発生したり、大きな進展がないまま先に進んだりする場合は、悪いフローであると言えます。

フローを最適化するためには、プロセス内の作業制限を使うのが第一歩であり、次にチーム全体で各作業を進めることが必要です。常に考えるべきことはいくつかあります。

・ボード上の既存のカードを減らすために何をすべきか?

・次のカードを引く前に終わらせるべきことはないか?

・一日以上同じ場所にあるものはどれだろう?

・どうすれば動き出すか?

もう 1 つの戦略は、ボトルネックを防ぐための各レーンの WIP 制限、新しいカードがアクティブなレーンに引き込まれる前のブロッカー、基準を処理するためのルールなどを作成することです。ワークフローが最適化されれば、プロジェクトの生産性、効率性を維持し、継続的な改善の道を歩むことができるようになります。 

  • 継続的改善の最適化

カンバンは進化のシステムですが、存在するものすべてを完全に変えることを意味するものではありません。カンバンシステムは現実を反映すべきであり、カンバンの方法論は、現在のプロセスを正確に反映したボードを設計することの重要性を強調します。これに基づいて、プロジェクトチームは慎重に継続的な改善、つまり効率化のためにプロジェクトの成果に貢献する小さな、意味のある変更を行う永続的なプロセスを実践します。カンバンボードには、継続的改善を実践するための機会が現れます。これらの変更を1つずつ実行し、その影響を測定することで、プロジェクト全体への影響を最大化することができます。

3.スクラムとカンバンのソフトウェア開発モデルの比較

Scrum vs Kanban (カンバン)
スクラムとカンバンのソフトウェア開発モデルの比較

ソフトウェア開発においてアジャイルアプローチを選択したら、次のステップはプロセスの方法論を選択することです。スクラムとカンバンは、最も人気のあるアジャイルプロセスです。カンバンのソフトウェア開発モデルは継続的で流動的ですが、スクラムのフレームワークは短く構造化された作業スプリントに基づきます。

多くの場合、プロジェクトは、可視化ボードを基にした説明と実装が比較的容易なカンバンソフトウェア開発モデルでスタートします。カンバンでは、ソフトウェア開発の一部は、プロジェクトチームがインテークボードからユーザーストーリーを引き出し、「完了」と表示されるまでワークフローを通じて移動させるファンイン・ファンアウトのプロセスとして機能します。

また、プロジェクトがスクラムで始まる場合もあります。これは、タスクをスプリントで編成し、1~2週間で実施することを意味します。プロジェクトチームは、すべての要件をユーザーストーリーとして検討し、ビジネス価値に基づいてバックログに優先順位を付け、各スプリントに分類して完了させます。標準的なミーティングは、プロジェクトチームがスプリントの優先順位、各スプリントで完了すべき作業、成功を保証するためのテスト、次のスプリントの計画を特定するのに役立ちます。

詳しく見ていきましょう。

4.まとめ

スクラムとカンバンは、多くの種類のプロジェクトに適した、明確で有用なアジャイルソフトウェア開発モデルです。どのモデルを選んだとしても、それを継続することで、アジャイルの至福への道は順調に進んでいます。

ただし、適切なものを選択するためには、それほどはっきりと区別する必要はないのです。実際に、プロジェクトチームがスクラムとカンバンの両方のソフトウェア開発モデルの影響を受けたハイブリッドモデルを使用しているケースもあります。経験豊富なプロジェクトマネージャは、プロジェクトチームが、それぞれのステージに合ったアジャイル機能(スクラム、カンバン、あるいは両方のミックスなどでも)を選択できるようにします。

Newwave Solutionsは、専門家チームを擁し、いつでもお客様のためにサポートしています。なので、選べない方は今すぐお問い合わせください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.