Language IconLanguage Icon
chevron Newwave Solutions
Back

ソフトウェア開発における反復型~あなたのプロジェクトに適したものか?

img-blog Newwave Solutions

SDLC反復型は、ソフトウェア開発プロジェクトにおいて、単純なプロセスと機能から始まり、システムの完成に向けてより複雑で幅広い機能へ段階的に移行していくユニークな実装を指します。「インクリメンタル型開発」という言葉は、しばしば「反復開発」と同じ意味で自由に使われていますが、「反復開発」とは、新しい反復の設計と実装中に行われる漸進的な変更を表す言葉です。

ソフトウェアを開発するための最も簡単な手法の1つで、あらかじめ決められたコアソフトウェア要件に加えて、プロジェクトの実際の期間での機能の変更や強化に対して、一定の柔軟性を与えます。このガイドでは、反復型の特徴、プロジェクトでの適用、およびそのメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

1. 反復型開発とは?

反復型開発は、1950年代から最新のWebアプリケーションや高性能ゲームクライアントから米国国防総省のソフトウェア取得基準に至るまで、幅広いソフトウェアアプリケーションで使用されています。この手法は、過去の伝統的なウォーターフォール開発を大きく進化させたもので、計画→設計→実装→テストの全体プロセスをより小さな「イテレーション」に分割されます。開発段階を一歩一歩厳格に進めるウォーターフォール開発とは異なり、反復型開発は、機能を一つずつ追加し、各反復の終わりに動作できる製品を作成し、各の終わりに全体的な機能を増加させる手法です。 

2. 反復型開発の特徴

  • 計画段階では、プロジェクトオーナーと開発者が協力して、仕様書の作成、ソフトウェアやハードウェアの要件設定、サイクル内の次の段階への準備などを行います。 ¥
  • 計画段階が終了すると同時に、次の段階で必要となる業務ロジックやデータベースモデルなどを総合的に要求分析し、適切なものを選択します。同時に、プロジェクトの要件に合わせて利用するプログラミング言語、データレイヤー、サービスなど、設計面での技術的な要件も作成します。その後、実際の実装・コーディング作業に入ります。 
  • コーディングが完了するとすぐに、一連のテストと評価の手順を経て、バグや問題点を特定します。その後、プロジェクトチーム全体と関連するステークホルダーが、プロジェクトの品質、特に品質をさらに向上させるために何を変更すべきかを検討します。 
  • 次に、反復型開発全体の重要点となるのが、直近で構築された反復と、評価プロセスからのすべてのフィードバックを開発者に送り、開発プロセスを上から順に繰り返し、サイクルが完了するたびにソフトウェアを徐々に改善し反復していくというものです。次の反復では、前回よりも少なくともわずかでも良くなるような機能強化が確認され、実装されます。

Newwave Solutions - Iterative Model in Software Development

ソフトウェア開発における反復型

3. 反復型開発のメリット

反復型には、固有のバージョン、迅速なターンアラウンド、適応性など、多くのメリットがあります。 

  • 反復型は、次の反復が前の反復と比較して段階的に改善されることを保証することによって、ソフトウェアのバージョン管理(リリース段階とも呼ばれる)を容易にします。新しい反復がシステムを破壊した場合、開発者は簡単かつ迅速に前の反復にロールバックでき、損失を最小限に抑えることができます。これは、システムのメンテナンスに特に有利です。
  • 確かに反復型の各段階は、ソフトウェア開発に多大な時間を要するという点でウォーターフォール開発に似ていますが、反復型では、各段階より小さな時間枠に効果的に分割することが可能です。したがって、最初の反復を終わると、次の反復期間が数時間、あるいは数日にまで切り詰められ、その後の反復はより速くなります。
  • 反復型のもう一つの主要なメリットは、プロジェクトオーナーと顧客の両方からの絶えず変化する要件への適応性です。コード構造や設計に対する小さな変更も基本的な変更も、最小限の時間枠と妥当なコストで行うことができます。これは、短い時間内で前の反復に戻すことが容易だからです。

反復型は、小規模でアジャイルなチームやプロジェクトに適しています。特に、時間的制約のある最新技術を含むプロジェクトでは、すべての関係者が参加し、計画・設計から実装・テストまで、完全な「反復プロセス」を即座に実行することが可能です。

4. 反復型開発のデメリット

メリットとともに、デメリットもいくつかあります。

  • 反復型では、コーディングや実装を開始する前の初期計画を作成する必要があるため、設計や基盤となるシステムに予期せぬ問題がプロジェクトの後半に発生する可能性があります。解決することは可能ですが、プロジェクトの期間や費用に影響を与える可能性があります。 
  • すべての関係者が参加することは、プロジェクトの品質を向上させるかもしれませんが、新しい反復が始まるたびに、必要な変更を適切に評価するために、ユーザーからのテストやフィードバックが必要になる可能性が高いため、プレッシャーや不運な義務なども増加します。さらに、多くの関係者がプロジェクトに深く関わることで、望ましくない機能が発生する可能性もあります。この場合、ユーザーは各反復の変更を体験し、次のバージョンに追加すべき機能に対して常に新しい要求を出す傾向があります。

まとめ

反復型開発のプロジェクトは、非常にアジャイルでターンアラウンドが早いため、プロジェクトオーナーは、効果的に監視できる優れた管理ツールを必要とします。このようなプロセスを支援するパートナーを求めているお客様にNewwave Solutionsはいつでもサポートができます。高効率なソフトウェアの構築を始めるために、お気軽にお問い合わせください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.