Language IconLanguage Icon
chevron Newwave Solutions
Back

伝統的なソフトウェア開発手法とアジャイル開発手法はどちらがプロジェクトの成果を高めるのか?

img-blog Newwave Solutions

伝統的なソフトウェア開発手法とアジャイルソフトウェア開発手法の違いは何でしょうか?また、あなたのプロジェクトにはどちらを選ぶべきでしょうか?この記事では、伝統的なソフトウェア開発手法とアジャイルソフトウェア開発手法の比較に基づいて、ソフトウェア開発プロジェクトに適したアプローチの選択方法を説明します。

この10年間で、アジャイルソフトウェア開発手法が伝統的なソフトウェア開発手法を引き継いできました。いくつかのフェーズを経て着実に下流に流れていく逐次開発である伝統的な手法と比較して、アジャイルプロジェクト管理は非常に効率的で実用的、かつ柔軟なアプローチであることが証明されています。常に変化している市場において、ソフトウェア開発手法の選択は、ビジネスの性質とプロジェクトの目的に基づいて行われるべきです。 

アジャイルソフトウェア開発アプローチがあなたのプロジェクトに適しているかどうか、伝統的なソフトウェア開発とアジャイルソフトウェア開発の違いが何か、疑問がある場合は、Newwave Solutionsはあなたのためにこの特別なガイドを作成しました。では、はじめましょう。

1. 伝統的なソフトウェア開発の概要 

伝統的なソフトウェア開発は、いくつかのフェーズを経て着実に下流に流れていく逐次開発であり、小さなセキュリティや機能が必要なシンプルなソフトウェアを設計・開発する際によく利用されます。伝統的なソフトウェア開発の方法論は、ソフトウェア開発ライフサイクルの事前に整理されたフェーズ・ステージに基づいています。ソフトウェア開発ライフサイクルは分析、設計、実装 、テスト、メンテナンスです。各フェーズでは、徹底的なレビュープロセスを経た特定の成果物や詳細な文書があります。この方法は、プロジェクトオーナーが自分たちの要求を正確に把握しており、プロジェクト開発中にスコープが大きく変更されることがないと自信を持って言えるような、正確な要件を持つプロジェクトに適しています。しかし、継続的な開発と変更が必要なプロジェクトでは、伝統的な開発手法ではプロジェクトの目標を達成できない可能性があります。伝統的なソフトウェア開発手法では、プロジェクトの最終的な成果に影響を与える後期のフェーズで変更することなく、最初のフェーズで要件をすべて指定しなければなりません。この手法の欠点はコスト、チームの努力、時間です。 

2. アジャイルソフトウェア開発の概要 

アジャイルソフトウェア開発とは、柔軟性と安全性を重視した複雑なソフトウェアを設計するために使用される、顧客に対して優しいアプローチです。アジャイルソフトウェア開発では、プロジェクト開始、スプリント計画、デモの3つのフェーズを通して、ユーザーはビジネスの状況や顧客要求の変化に応じて修正を加える機会があります。アジャイルソフトウェア開発では、ビジネスニーズが満たされているかどうかを判断するためにソリューションモジュールを評価することで、開発者とユーザーの相互理解を深め、品質を確保します。 

このアプローチでは、プロジェクトを複数のモジュールに分割し、定期的に提供することができます。アジャイルは、コストと時間の効率を高めるために、開発に漸進的かつ反復的なアプローチを提案します。 

アジャイルソフトウェア開発は、正確で顧客に対して優しいアプローチである

3. なぜアジャイルは伝統的なソフトウェア開発手法より好まれるのか?

開発者やプロジェクトマネージャーは様々な理由でアジャイル手法を好みます。

柔軟性と透明性の向上

アジャイルソフトウェア開発方法論は、プロセス中に変更を加える場合、伝統的な手法よりも柔軟性があります。開発者は実験する余地があり、計画と異なる新しいことを試すことができます。アジャイル開発手法の最も優れている点は、厳格な構造やトップダウンアプローチに従うのではなく、プロジェクトの結果に焦点を当てることです。その結果、プロジェクトのスケジュールを中断することなく、すべての変更に関係なく、プロジェクトが円滑に進められます。

アジャイルソフトウェア開発方法論は、プロジェクトオーナーや意思決定者がプロジェクトの開始、計画、レビューからテストまですべてのフェーズに関わることができるため、より透明性の高い開発手法です。一方、伝統的な開発手法では、開発者がプロジェクトの手綱を握るため、開発者が他の人と異なる理解をする場合、プロジェクトが失敗に終わります。また、アジャイルアプローチでは、最終的な成果を上げるために、チームメンバー全員がプロジェクトの最初から最後まで積極的に貢献する必要があります。 

オーナーシップとアカウンタビリティ

伝統的なプロジェクト管理では、開発者が意思決定者であり、顧客が開発プロセスに参加しません。所有権は顧客に帰属しますが、アカウンタビリティは開発者に帰属します。そのため、所有権とアカウンタビリティの間にギャップが生じ、プロジェクトの成果に影響を与えることになります。具体的には、プロジェクトの初期段階から、すべての工程が明確に定義され、見積もり期間と予算の範囲内で計画されます。したがって、事前に設定された目的に影響を与えるような大きな変更は、スキップされるのです。 

 一方、アジャイルアプローチでは、プロジェクトに関わるすべてのメンバーが所有権を共有し、見積もり期間内にスプリントを完了させるために積極的な役割を果たします。また、プロジェクトの品質を向上させるために、メンバー全員が常にフィードバックをすることが奨励され、最終的な目標は高品質の製品やサービスを提供するために、顧客がイテレーションごとに検証を行い、顧客の要求に応えることです。

4. 正しいアプローチの選び方 

ここで重要なのは、すべてのプロジェクトに「万能」な手法は存在しない、ということです。ある方法を実施するかどうかは、プロジェクトの目的、規模、リソースなど多くの要因に依存します。プロジェクトマネージャーは、適切な手法を選択するために、プロジェクトの関連するステークホルダーと相談する必要があります。プロジェクトの要件、プロジェクトに関わる技術、リスクや脅威、時間や予算などを分析します。

プロジェクトの要件が不明確であったり、変更される傾向がある場合、アジャイル手法が理想的であると言えます。伝統的な手法が最初から明確に定義され、よく理解されているプロジェクト要件に適合します。

新しいテクノロジーやツールが適用されていない場合、コスト削減のためには伝統的なプロジェクトマネジメント手法が適しています。一方、アジャイルソフトウェア開発手法では、最新テクノロジーを試すためのより多くのスペースを確保できます。

プロジェクトが望ましくないリスクや脅威にさらされやすい場合、伝統的な方法論で進めるのは得策ではありません。アジャイルアプローチは、プロジェクトチームがリスクマネジメントと本質的な修正を実施して最終的なプロジェクトの成果の最適化を可能にします。 

伝統的なアプローチは、大規模で複雑なチームや必要な予算が増えるようなプロジェクトに最も適していますが、アジャイルチームはそれほど労力を必要としません。

5. まとめ

ここまでで、なぜ開発者がアジャイルプロジェクト管理手法を好むのか、十分に理解して頂けたと思います。開発者と顧客を本質的なプロセスに巻き込むと、品質、生産性、より良いビジネス価値、低コスト、そして市場投入までの時間の短縮という点で、やりがいがあります。プロジェクト開始の手助けが必要な場合、Newwave Solutionsはアジャイルソフトウェア開発アプローチの熟練したチームを持っています。なぜ待つのでしょうか?今すぐお問い合わせください!

Leave a Reply

Your email address will not be published.